ハワイのホテル

ハワイ旅行♪初めての人にこそおすすめしたいホテル13選!

ハワイ旅行が初めての方でも、初ハワイを満喫できる「素敵なホテルが簡単に探せる4つのポイント」とおすすめホテル13選を厳選してご紹介します。

こんにちは、旅行大好きtabinosukeです。

「初めてのハワイ旅行ナビ」シリーズ、第一弾では「ハワイの行き方」をご案内してきました。

初めてのハワイ旅行ナビ①ハワイの行き方、飛行機情報を簡単解説。初めてのハワイ旅行ナビ!始めました。 第一弾では「ハワイの行き方、飛行機情報を簡単解説」 こんにちは 旅行大好きtab...

 

第二弾では「ホテル選び編」をお届けしていきます。

初めていく国では土地勘もないので、「どこのホテルがいいの?」ってなりがちではないでしょうか?

こちらのブログでは初めてのハワイ旅行でも素敵なホテルが簡単に探せる4つの大事なポイントをご紹介しています。

また、最後にはtabinosuke厳選のおすすめホテルをご紹介します。



「スポンサーリンク」




ハワイ旅行 人気のオアフ島ってどんな所?

今回はハワイ旅行で最も人気のある「オアフ島」のホテルのご紹介です。

まずはオアフ島について簡単に見ていきましょう。

「初めてのハワイ旅行で訪れる場所」と言うと大半の人が「オアフ島」に行くと言っても過言ではありません。

 

オアフ島の人気スポット、イベント

「ハワイに行こう!」と言うと馴染みがあると思いますが「オアフ島に行こう!」ってあんまり聞きませんよね。

そこでまずはオアフ島で有名なスポットを見てみます。

皆さんきっと一度は耳にしたことのある言葉があると思います。


①ワイキキ(ワイキキ・ビーチ)

ワイキキ、ワイキキ・ビーチは皆さま一度はテレビなどで耳にしたことがあるのではないでしょうか?

オアフ島にはいくつものビーチや観光地(市街地)がありますが、最も観光客でにぎわうのがワイキキであり、海沿いに続くワイキキ・ビーチです。

 

 


出典:ホノルルマラソン日本事務局

②ホノルル(ホノルル・マラソン)

アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島にある、オアフ島最大の都市名です。

オアフ島の玄関口であるダニエル・K・イノウエ国際空港、先にあげたハワイで最もにぎわう街ワイキキ、巨大ショッピングモールで世界中から買い物客が訪れるアラモアナ・センターなどを有し、ホテル、コンドミニアムが立ち並ぶハワイで最もにぎわう観光都市です。

ホノルル・マラソンは世界中からランナーが集まる有名なスポーツ・イベントとしてですね。

 

 


➂ダイヤモンドヘッド

こちらも世界的に有名な観光スポットです。

登って良し、ホテルから眺めるも良し。

特に頂上からの絶景は忘れられない思い出になるでしょう。

tabinosuke
tabinosuke
ダイヤモンドヘッドはオアフ島のシンボル


ホテルのお部屋選びの際に「ダイヤモンドヘッドが見えるお部屋」は、少しお値段も高めに設定されています。

 

 


④アラモアナ・ショッピング・センター

ファストファッションからハイブランドショップまで、世界中の有名ブランドが集まっている巨大ショッピングセンター。

敷地内には複数のデパートも隣接し、大きなフードコート、スーパーマーケットもある。

ハワイ旅行に行くときには是非一度は遊びに行きたい人気スポットです。

 

 


出典:エッグスンシングス・ハワイ公式

➄エッグスンシングス

ハワイアンフードはたくさん有名なものがありますので、ここではその一例。

日本で、特に女性の皆さんに圧倒的な人気で行列のできる山盛りクリームで有名なパンケーキのお店「エッグスンシングス」こちらはハワイ発祥のお店。

オアフ島には3軒もあり、ワイキキのサラトガ通り沿いに本店があります。

どこもいつも混雑していますが、お好きな方は是非!

 

いかがでしたか?

一つ、二つは聞いたことのある場所があったのではないでしょうか?

 

いよいよホテル探し!まずは何する?


それではいよいよ、ホテル選びを始めていきましょう。

オアフ島の中でも、主に観光、旅行向けの宿泊施設が密集しているのが、下の地図の「ココ」と青文字で書かれているエリアです。

ココがワイキキビーチ周辺エリアになります。

 


旅行の目的は様々あるかと思いますが、初めて、2回目とハワイにまだまだ不慣れな時には、まずはこの青い〇のエリア内でホテルを探すのがお薦めです。

赤い線より矢印の方向には動物園、水族館、カピオラニ公園、ダイヤモンドヘッドなど人気観光スポットが続きます。

 

ホテル選び4つのポイント

こちらの項目では「ホテル選びのポイント」を以下の4つに絞ってお届けしていきます。

  1. 場所選び
  2. 部屋のロケーション
  3. ホテルでかかる費用
  4. その他のこだわり

それでは順番にご覧ください。

 

場所選びのポイント

選ぶというよりも、ホテル予約サイトや観光ガイドブックを見て「行ってみたい!」と思ったホテルがどのあたりになるのかわかると決めやすいですね。

場所調べにはグーグルマップがお薦めです。

手順1

まずはホテル予約サイトで「ワイキキ」と検索するとたくさんのホテルが出てきますので一通り見て、気になるホテルをピックアップして見てください。

ホテル選びの目安は?

  • 一覧を見て片っ端からページを開いてみる。
  • ★の数、口コミのいいホテルなどを先行して見る。
  • ご予算から候補を探してみる

↓↓ホテル予約サイトを見てみる↓↓

私は口コミ重視派です。

評価の良い悪いよりも、書かれている内容をかなりじっくり読んで吟味します。

手順2

グーグルマップに先ほどピックアップしたホテル名や住所を入力して、ワイキキのどの辺にあるのか調べてみます。

 

 

ワイキキ周辺は海に添って横に長いので大雑把に3つのエリアに分けてみました。

自分の選んだホテルがどの辺なのか調べて見てください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ここからは各エリアごとの特色をご案内していきます

* * * * * * * * * * * * * * * * 

 

①ヒルトン・ハワイアンビレッジ近郊エリア


出典:google map

アラモアナセンターにほど近い、海側から見ると横長ワイキキの左側に位置するエリアです。

ワイキキ近郊エリアにたくさんのグループホテルを運営するヒルトンの拠点ともいえる「ヒルトンハワイアンビレッジ」近郊エリア


出典:ブッキングドットコム

ヒルトンハワイアンビレッジ内には七つのヒルトン系列のホテル、六つのプール、他にビーチ、ショップ、レストランがあり、周辺ホテルに宿泊の人たちも多数訪れ「ヒルトン村」と呼ばれるほど観光スポットの一つになっています。


出典:ブッキングドットコム

アラモアナショッピングセンターにも近く、常に混雑し賑わっている大人気エリアの一つです。

「ヒルトン・ハワイアンビレッジ近郊エリア」はこんな人にお薦め♪

勿論だれでも年齢問わず楽しめますが、とにかくファミリー層が特に多い印象。元気な子供たちがくたくたになって遊びつくせるプールにビーチにイベントが盛りだくさん。

こちらのエリアは「ファミリー旅行」の方には特におすすめです。

 

* * * * * * * * * * * * * * * * 

 

②ワイキキビーチ中心エリア


出典:google map

 


出典:google map

  • ロイヤルハワイアンセンター
  • インターナショナルマーケットプレイス
  • Tギャラリア

他、人気のショッピングモールにフードコート、レストラン、カフェ、たくさんのお店.

世界中の観光客が街を散歩しているので活気に満ち溢れています。


出典:ブッキングドットコム

このエリアの最大の特徴は海沿いにはホテルが立ち並び、通りからは海がみえないようになっています。

ホテルの裏側にはワイキキビーチが広がっています。

 


上のホテルをもう少し行くと海岸への入口があり、その向こうは心地よい緑と海岸線が広がっています。

年齢、性別関係なく、幅広い層の観光客が世界中から集まっている、オアフ島で最もにぎわっている観光エリアです。

ワイキキビーチ中心エリアはこんな人にお薦め♪

ハワイの「おすすめ」が凝縮されています。

とにかく賑やか!

ハワイで何をしていいかわからない、どこに行っていいかわからない、そんな方はとにかくこのエリア内でホテルを探してみてください。

ホテルで一息ついたら、とにかく一度街にでて歩いてみてください。

周りを見渡しているだけでなんだかワクワクしてきます!

何をするかはそれから考えてもいいのではないでしょうか。

 

* * * * * * * * * * * * * * * * 

 

③クヒオビーチ方面エリア


出典:google map

同じ砂浜沿いに進んでいき、デュークカハナモク像より先に一つエリアをくくってみました。こちらにはクヒオビーチが広がります。

 


出典:google map

こちらがデュークカハナモク像です。
観光名所としても有名で、この像の前で皆さん像と同じポーズで写真を撮っています。

 

中心エリアと比べると、海岸沿いの通りから海が見える「海をより身近に感じられるエリア」です。


海岸通りから内側には、コンドミニアムやホテルがたくさん並び、海の見えるレストランやカフェが立ち並びます。

クヒオビーチ方面はこんな人にお薦め♪

中心街の喧騒から少しそれた所に広がるのがこちらのエリアです。

ビーチ以外にも公園、広場、と空間が多く、風通しよく、より身近に自然を感じる事のできるエリアです。

ホテル周辺は比較的静かで、海をより身近に感じられる自然の多い場所。それでいて中心エリアまでも程よい距離にある場所。

そんな場所がお好みの方にはこちらのエリアがお薦めです。

 

泊まってみたいエリアが見つかりましたか?

最後にワンポイント♪


出典:google map

上の地図の赤い線が「クヒオ通り」と言います。

バス通りでアクセスもよく、通り沿いも賑やか、海までも程よい距離。

この通りを挟んで海よりは賑やか、反対側はグッと静かな通りとなっています。

最初はクヒオ通り沿いか、それよりも海側のホテルがよりお薦めです。どこに行くにも程よい距離でアクセスも良く、何かと便利です。



「スポンサーリンク」




ロケーション選び(海側、街側?)

続いてはロケーションからみたホテル選びを考えていきます。

①ビーチに直接アクセスできるホテル


出典:エクスペディア

ハワイで最も人気のあるホテルと言えるでしょう。

ホテルから直接砂浜にアクセスできる”ビーチに隣接したホテル”。

裏に出ればワイキキビーチ、表から出ればにぎやかなワイキキの街、最高のロケーションですね。

出典:エクスペディア

ワイキキビーチ沿いには6つのホテルが連なっています。

同じビーチ添いでも、それぞれに個性的で大変人気です。

  • アウトリガー・リーフ
  • ハレクラニ
  • シェラトン
  • ロイヤルハワイアン
  • アウトリガー・ワイキキビーチ
  • モアナサーフライダー

ポイント♪
海岸リゾートではよくある話ですが、ビーチに直接アクセスできるホテルだけは、街中のホテルよりもお値段が高めです。

 

②海の見える部屋に泊まりたい

海岸に面したホテルと言えば、目の前に海が広がるオーシャンフロント、オーシャンビュールームが特に人気ですね。

お値段もググっと上がりますが、最もハワイに来たことを実感できるロケーションと言っても良いでしょう。


波の音が聞こえてきてとても快適です。

 

それでは街中のホテルはどうでしょうか?

 

ワイキキでは街中のホテルでも「オーシャンビュー」と書かれている部屋のあるホテルがたくさんあります。

高層階のごく一部の部屋だけ、ホテルとホテルの合間から海を見ることが出来るお部屋です。

 

注意点
街中のホテルはそれぞれ海の見え方にかなり差があります。必ず口コミや、予約サイトの「宿泊者の投稿画像」をチェックして見てください。

 

③部屋からの景色はあまり気にしない

ワイキキの街にはビーチ以外にもたくさんの楽しみが詰まっています。

また、「クヒオ通り」沿いくらいからは3~5分も歩けばビーチにアクセスできます。


出典:google map

またすぐ目の前がショッピングモール、バス停など街中のホテルにはアクセスが物凄くいいホテルがたくさんあります。

そこで、オーシャンビュー、オーシャンフロントに強いこだわりがなければ街中のホテルもおすすめです。

ハワイ旅行は比較的長く滞在する方が多いので、2、3泊ずつでホテルを替える「ホテル巡り」を楽しみにしている方もたくさんいらっしゃいます。

海沿いホテルに2泊、街中ホテルに3泊・・・など、ホテル巡りをしてみるのも一つの楽しみではないでしょうか。

 

tabinosuke
tabinosuke
初めてハワイに行かれる方は是非ご覧ください

ビーチに面したホテルの「シティービューってどう?」

これは人によって本当に意見が分かれるところですね。

メリット

  • 宿泊者しか利用できない砂浜に隣接したプールが利用できる事。
  • ビーチまで部屋から水着で直行できること(何かあれば部屋に戻れるので身軽)
  • オーシャンビュー、オーシャンフロントの部屋に比べて料金がかなり割安になります。

 

朝食レストランやカフェは外部からでも利用できます。

このブログのテーマは「初めてのハワイ旅行」のホテル選びです。

ハワイ旅行がはじめのうちは

ビーチ沿いのホテルに宿泊の際には、オーシャンビュー、オーシャンフロントのお部屋を強くおすすめします。

部屋から海を眺めるだけで「ハワイにきて本当に良かった!」ときっと感じることができます。

逆に

  • 部屋には寝に帰るだけだからこだわりはない
  • どうしてもここのホテルのプールを使いたい
  • ビーチと部屋を頻繁に行き来したい
  • ビーチは直接行ってたくさん楽しむから、部屋からの景色は関係ない。

 

そんな方にはシティービューがお勧めです

 

こちらは私が海外旅行の時によく利用しているホテル予約サイトです。



ブッキングドットコム

掲載ホテル数は世界No.1。たくさんの選択肢の中から選びたい人にお薦め!私も海外旅行の際には何度もお世話になっています。「料金は現地払い」の取り扱い数が多いのも特徴です。サポートがとても良かったです。

ブッキングドットコムでハワイのホテル情報を見てみる。

エクスペディア

世界最大のオンライン旅行会社。旅行に必要な様々な要望をまとめて解決!「航空券+ホテルをセットで予約するとホテル代が最大全額off」は今やエクスペディアの代名詞。サポートがとても良かったです。

エクスペディアでハワイのホテル情報を見てみる。

ホテルズドットコム

エクスペディアグループ。ホテル予約に特化した予約サイトです。テレビCMですっかりお馴染み「10泊泊まると1泊無料」。旅行、出張と年間でのホテル宿泊が多い人には特におすすめです。

ホテルズドットコムでハワイのホテル情報を見てみる。

 

アゴダ

取扱い数が多く、数百円の違いではあるが多くのホテルで「最安値はアゴダ」であることが多い。特にアジア圏には独自のルートを持ち驚くほど一社だけダントツに安いケースがある。要チェック!サポートはとても丁寧でした。

アゴダでハワイのホテル情報を見てみる。

 

 

ホテルでかかる費用は総額でチェック

これは大変重要ですね。

ここではホテル選びの際の料金の注意点を書いていきます。

ホテル代の内訳

部屋代金+下記の税、手数料がかかります。

  • ハワイの消費税4.712%
  • ホテル税10.25%
  • リゾート・フィー$30前後/泊

尚、リゾート・フィーについてはホテルにより金額も名目も様々です。

リゾート・フィーではなくホスピタリティー・フィーやアメニティー・フィーなど様々な名目で表現されています。

注意点
ホテル予約の際に最初に表示されているお部屋代は室料のみです。

 

例えば一泊5万円のホテルに5泊する場合

  1. 部屋代5万円×5=25万円
  2. 消費税+ホテル税=7481円/泊×5=37,405円
  3. リゾートフィー3200/泊×5=16,000円
  4. 最終的に払う総額:合計303,405円

税金、リゾートフィーの他にも飲食などチップも必要になってきます。

一般的にホテル代に税金やサービス料がかかることは十分承知していても、為替手数料なども含め「後で見てみたら思った以上に支払っていた」という話を結構よく耳にします。

ご予定を組む際には少し余裕をもって計画されることをお薦めします。

 

ハワイならではのこだわりポイント

ここではtabinosukeが個人的にこだわっているポイントを一つ。

ハワイではホテルのプールを必ずチェックします。

ハワイのホテルは屋外プール付きのホテルが非常に多いです。

シェラトンやヒルトンハワイアンビレッジの様に、元気に遊びまわれるような大型ホテルのプールからラグジュアリーなプールまで様々です。


出典:ブッキングドットコム

ハワイはとにかく気持ちいい陽気ですので、ちょっとした時間の合間にホテルのプールを愉しむ人が本当に多いです。

ホテル予約サイトやトリップアドバイザーなどの「宿泊者の投稿写真」を参考にしてお気に入りのホテルプールを見つけてみてください。

 


出典:ブッキングドットコム

 


出典: google map

こんな道路の脇の町中のホテルにもちゃんとプールがついてるんです。

 


出典:エクスペディア

目の前にはヨットハーバーが広がるプールで極上のサンセットを愉しむことができます。

 


出典:google map / ザ・リッツカールトン・レジデンスのプール

海から少し離れたこちらのホテル。

ラグジュアリーな雰囲気のプールでのんびりすごす贅沢な時間が愉しめます。

 


出典:google map / エンバシースイーツバイヒルトンのプール

tabinosuke
tabinosuke
プール探しのポイント

ホテルの公式ページの画像や宣伝用の画像はとてもきれいに、上手に写されています。

実際に行ってみると・・

  • 思った以上に小さかった
  • 周りが壁に囲まれて閉鎖的だった
  • こどもNGのプールだった

 

等など、行ってみて驚くことも多々あります。

プールを楽しみにして行かれる方は、個人の方の投稿を参考に、また、プールのサイズや子供対応など、公式ページの内容を事前にチェックしてみることをお薦めします。

ハワイの人気ホテルのプール利用の多くは宿泊者限定です。

お気に入りのプールがあれば泊まってみるしかありません。

悩ましいところですね(^^)

 

こちらの記事ではホノルルのホテルのプールを大特集しています。↓↓↓

楽園ハワイはプールの宝庫!最新ホテルプール特集①ワイキキ編楽園ハワイはホテルプールの大激戦区! こんにちは、旅行大好きtabinosukeです。 ハワイ旅行のお楽しみと言えば...

 

「初めてのハワイ旅行」目的別おすすめホテル13選

こちらではtabinosukeが個人的にお薦めするホテルです。

※当初14軒のご紹介予定でしたが、1軒除外させていただきまして13軒のご案内になっています。

テーマは「初めてのハワイ」と言う事で、よりハワイを感じられるホテル、わかりやすいホテルを厳選しました。

※(少人数)は比較的少人数旅行の人に特にお薦めのホテル

やっぱりオンザビーチのホテルが一番のおすすめ

海水浴だけではありません。

朝のビーチ

夕暮れのビーチ

ビーチが目の前だと細かい準備は必要なしに砂浜に出れる事が最高におすすめです。

 

ハワイアン・ラグジュアリー。大人カップルに特にお薦めなホテル


出典:ブッキングドットコム

ワイキキを代表するホテルの一つです。

モアナサーフライダー(少人数)

 

特に海外からのゲストに圧倒的人気を誇るアウトリガー。こちらはファミリーにもお勧めのホテルです。

アウトリガーリーフワイキキビーチ

 

ファミリー、元気に遊びまわりたい人、グループ旅行などには特にお薦めなホテル


出典:エクスペディア

ワイキキのど真ん中!超大型ホテル 

シェラトンワイキキ

 

ワイキキだけでも多くのホテルを運営するヒルトングループの超大型施設

ヒルトンハワイアンビレッジ・ワイキキビーチリゾート

 

女性に大人気、女子旅にお薦めなホテル

出典:google map

「ピンクパレス」と呼ばれ、特に女性の方に大人気のホテルです。

ロイヤルハワイアンホテル

 

大人世代の女子旅、シニア世代、大人カップル、ご夫婦、記念旅行など絶対的にお薦めのホテル


出典:ハレクラニ

ワイキキきってのラグジュアリー・ホテル

ハレクラニ(少人数)

 

ハレクラニの事をもっと詳しく!宿泊記はこちら↓↓↓

ハレクラニ|ダイヤモンドヘッドオーシャンフロントプライム宿泊記ワイキキの名門”ハレクラニ”でダイヤモンドヘッドの見える部屋 その中でも”プライム”と呼ばれる限定15部屋だけの特別なお部屋をご存...

 

静かで洗練された街中のラグジュアリー・ホテル

街中の喧騒から少しだけ離れた場所。

静けさに包まれたラグジュアリーな空間。

 

静かで、ラグジュアリー、世界ブランドの安心感のあるホテル


出典:エクスペディア

少し静かな街中の高層階から優雅に太平洋を臨みます。

ザ・リッツカールトン レジデンス

 

五つ星ホテルの手掛ける最高の贅沢を堪能してください。

トランプインターナショナル

 

静かで目の前にヨットハーバーが広がる最上の大人空間


出典:エクスペディア

最高の夕暮れがお勧めです。

プリンスワイキキ

繁華街であるワイキキの街とアラモアナセンターの中間(少しアラモアナより)。

どちらに行くのも基本はバスが主流です。

ビーチや繁華街へのアクセスよりも、静かでゆったりとしたハワイの時間を愉しみたい方、大人カップルやシニア世代のご夫婦旅行などに特にお薦めです。

 

海に近く、街も近く、アクセス抜群のエリアのおすすめホテル


出典:google map

海に近く、街中にもすぐいけて、お値段も海岸沿いに比べてリーズナブル、行動派に人気のホテルです。

ハレプナワイキキ

(とにかく綺麗2019年10月オープン/少人数)

 

こちらも海のすぐ近く。こちらも行動派に大人気のホテルです。

エンバシースイーツ・バイ・ヒルトン・ワイキキビーチウォーク

 

2019年4月に大改装。改装後の評判がとても良い注目度上昇中のホテルです。

ワイキキビーチコマーバイアウトリガー

 

 

クヒオビーチ方面のお薦め


出典:ブッキングドットコム

ワイキキの喧騒から少し外れたこちらのホテル。目の前に広がる海と波の音が最高に心地よいホテルです。

アストンワイキキビーチタワー

これでもかなり絞ったつもりです。

素敵なホテルがたくさんあります。

ワイキキには歴史の長いホテルが多く、どうしても老朽化の部分に対しては一長一短、感想も大きく分かれます。

今回おすすめしたホテルはどこも私が実際に泊まったり、ハワイ旅行に行った際に直接訪れてみて「ここいいな~」と感じられたホテルの中から、更に「初めてのハワイ旅行」向きなホテルだけをピックアップしました。

参考になさってみてください。

こちらは私もよく利用しているホテル予約サイトです。



ブッキングドットコム

掲載ホテル数は世界No.1。たくさんの選択肢の中から選びたい人にお薦め!私も海外旅行の際には何度もお世話になっています。「料金は現地払い」の取り扱い数が多いのも特徴です。サポートがとても良かったです。

ブッキングドットコムでハワイのホテル情報を見てみる。

エクスペディア

世界最大のオンライン旅行会社。旅行に必要な様々な要望をまとめて解決!「航空券+ホテルをセットで予約するとホテル代が最大全額off」は今やエクスペディアの代名詞。サポートがとても良かったです。

エクスペディアでハワイのホテル情報を見てみる。

ホテルズドットコム

エクスペディアグループ。ホテル予約に特化した予約サイトです。テレビCMですっかりお馴染み「10泊泊まると1泊無料」。旅行、出張と年間でのホテル宿泊が多い人には特におすすめです。

ホテルズドットコムでハワイのホテル情報を見てみる。

 

アゴダ

取扱い数が多く、数百円の違いではあるが多くのホテルで「最安値はアゴダ」であることが多い。特にアジア圏には独自のルートを持ち驚くほど一社だけダントツに安いケースがある。要チェック!サポートはとても丁寧でした。

アゴダでハワイのホテル情報を見てみる。

 

tabinosuke
tabinosuke
追加!コスパ重視の方にお勧めのホテル

ヒルトン・ガーデンイン・ワイキキビーチ

こちらは少人数でのご旅行にお薦めしたいホテルです。

  • お値段は上に挙げたどこよりも安いです。
  • 部屋はシンプルで普通。
  • 眺望は特におすすめ点なし。
  • とにかくエレベーターがきませんので予約の際は低層階を希望して階段で移動がおすすめ
  • プールフロアがなかなか快適。
  • アクセスが抜群にいいです。
  • バス停もすぐ目の前。
  • レンタカーもすぐ目の前
  • 1階にコンビニ的なショップがあって便利。
  • ゲストは海外の人が圧倒的に多い。
  • ホテルは寝るだけで十分な行動派には最適!

 

私が初めてハワイに行ったときに泊まったホテルです。

ここを拠点にいろんなところを見て歩きました。

海水浴に毎朝ビーチまで散歩しました。

ショッピング、グルメにドライブ。

結局いまでもホテル巡りの合間にお世話になっています。

ハワイ旅行は特にどこのツアー会社もとても充実したプランを紹介しています。

ハワイ旅行を扱う人気のツアー会社はこちら↓↓

 

楽天トラベル

楽天グループの旅行サイト。もちろん楽天ポイントがたまりますので利用価値は無限ですね。オリジナリティー溢れる数々のツアーが大人気です。

楽天で海外ツアーを見てみる。

楽天トラベル

H.I.S

世界中に張り巡らされた自社のネットワークにより、業界屈指の取扱量、情報量を誇り、さらに旅行先でもH.I.Sのスタッフによるフォローで旅のお手伝い。

H.I.Sで海外ツアーを見てみる

H.I.S

近畿日本ツーリスト

国内では圧倒的な実績と信頼を積み上げてきた近ツリブランド。海外ツアーも魅力的なプランを多数用意しています。

近畿日本ツーリストでツアーを見てみる。

近畿日本ツーリスト 海外ツアー

 



JTB

経験豊富なスタッフ、長年の実績と信頼、世界中に広がるネットワーク。海外ツアー旅行の際には必ず目を通しておきたいですね。

JTBで海外ツアーを見てみる。

JTB



エアトリ

ホテル予約からツアーまで幅広く取り扱うエアトリ。「海外航空券+ホテル」のセット予約でMAX12万円OFFのキャンペーン中。最安値にとことんフォーカス。ホームページ内は常にキャンペーンでいっぱい。情報量がとても多い。

エアトリで海外ツアーを見てみる

エアトリ

 

「ハワイ旅行♪はじめての人にこそおすすめのホテル13選」まとめ

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

簡単にまとめます

  1. ヒルトンハワイアンビレッジ周辺はファミリー旅行の方には特にお薦めです。
  2. ワイキキ中心エリアはとにかく賑やか!迷ったらまずはこのエリアがお薦めです。
  3. クヒオビーチ方面は海に近く自然の多い静かなエリアです。
  4. 街中ホテルの「海の見える部屋」は口コミやユーザー投稿画像をチェック!
  5. お気に入りプール目当ての宿泊の際は、プールの大きさや規約、口コミをチェック!

ワイキキには魅力的なホテルがたくさんあります。

どれだけたくさんの情報誌、情報サイトがあっても、現地に行ってしか味わうことのできない感動や驚きがハワイにはたくさんあります。

私はハワイに行くと、とにかくよく散歩をします。

新しいお店の発見や、事前情報ではわからなかった素敵なホテルやお店に数多く出会うことが出来ています。

皆さまもお気に入りのホテルを見つけてみてください。

楽園ハワイはプールの宝庫!最新ホテルプール特集①ワイキキ編楽園ハワイはホテルプールの大激戦区! こんにちは、旅行大好きtabinosukeです。 ハワイ旅行のお楽しみと言えば...

 



「スポンサーリンク」