フランス

フランス行き航空券の安い時期と、おすすめの航空会社は?検証の結果

2019年9月からシリーズでお届けしているヨーロッパ旅行ナビ。

ヨーロッパナビ最初のご紹介はフランス。

フランス編ではフランス・パリ旅行の魅力や、出発前に必要な準備、覚えておくべき事を連載でお届けしていきます。

フランス編第一弾ではフランス・パリ旅行の基本情報をご紹介しています。

出発前の準備に必要なもの、はじめてのヨーロッパ旅行に役立つポイントをご紹介中です。

ヨーロッパ旅行ナビ《フランス編》基本情報/時差、電源、通貨、言語など2019年9月からシリーズでお届けしていくヨーロッパシリーズ。 第一弾はフランス編として、大人気のパリを中心にその魅力や旅行前にお...

 

今回、フランス編第二弾では「フランス行き航空券の安い時期と、おすすめの航空会社は?」をご紹介していきます。

日本からフランスまで運行している飛行機会社や、その航空機の運賃相場などを把握して、自分の予算にあった「フランス旅行計画」を組み立ててみてください。

それではご覧ください。



「スポンサーリンク」




フランスまでの飛行時間は?


日本からフランスまでは直行便、乗り継ぎ便とたくさんの飛行機が飛んでいますが、まずは、基本的な「直行便でかかる飛行時間から見ていきましょう。

日本からフランスまでの飛行時間は?

12時間~13時間弱くらいです。

アジア圏のフライトに比べると格段に飛行時間が長くなりますね。

 

航空会社選びのポイントは?

ヨーロッパ旅行は飛行機に乗っている時間が長いと言うことがわかりましたので、航空会社選びは旅行の大きなポイントになってきます。

  • 乗り心地
  • 機内サービス
  • 機内食
  • 価格
  • 直行便か?乗り継ぎ便か?

飛行機を選ぶうえで何を重要視するか、優先するかで旅行の満足感も変わってきます。

 

フランス行きの航空会社・直行便と、乗り継ぎ便の経路

日本~フランス行きの飛行機をまとめてみましょう。

今回は東京羽田空港を中心に、一部、成田空港、関西国際空港発着フライトもご紹介します。

直行便


まず直行便のフライト状況を見てみます。

  • 羽田空港:エールフランス、ANA、JAL
  • 成田空港:エールフランス航空
  • 関西国際空港:エールフランス航空

エールフランス航空だけが主要3空港から直行便を飛ばしています。

日本の顔であるJAL、ANAの直行便は羽田空港からのみとなっています(これはちょっと驚きました。)

 

乗り継ぎ便


乗り継ぎ便はかなり飛んでいます。
主に自社の主要な空港を経由して日本とフランスを結んでいきます。

KLM(オランダ航空)


アムステルダム経由

所要時間:15時間

関西国際空港

FINAIR


フィンランド経由

所要時間:約14時間

関西国際空港

ルフトハンザ


ミュンヘン経由

所要時間:15時間

関西国際空港、羽田空港

シンガポール航空


シンガポール経由

所要時間:20時間

関西国際空港

エミレーツ航空


ドバイ経由

所要時間:27時間

関西国際空港、羽田空港

AIR CHAINA


中国浦東経由

所要時間:18時間

羽田、成田、関空

QATAR航空


DOH経由

所要時間:22時間

羽田空港、成田空港

THAI航空


バンコク経由

所要時間:40時間

羽田空港、関西国際空港

EVAR AIR


台北経由

所要時間:24時間

羽田空港、成田空港

ベトナム航空


ハノイ経由

所要時間:22時間

羽田空港

キャセイ・パシフィック航空


香港経由

所要時間:28時間

羽田空港、関西国際空港

出典:ロゴマークは各航空会社の公式HPより引用しています

  • 経由地の横の時間は飛行時間ではありません。日本発~パリ着便で、経由地での滞在時間も含んだ、全行程の所要時間の一例です。
  • ここに書いた航空会社がすべてではありません
  • 所要時間は数ある便の中から1つを抜粋した一例です。

青太字の飛行機はヨーロッパの航空会社の乗り継ぎ便です。

特徴としては、同じヨーロッパ圏内の乗り継ぎのため、比較的所要時間、乗り継ぎ時間が短いです。

それに比べ、アジア、中東方面を経由する乗り継ぎ便は20時間以上~中には30、40時間なんて言うのもあり、なかなか現実的には「旅行プラン」としては考えずらい便が多数見つかりました

 

フランス行き航空券の年間を通した運賃相場

こちらでは気になるフランス行きの航空運賃を1年間通してみていきましょう。

↓↓表の見方と簡単な注釈はこちら↓↓

  • 赤い棒グラフ=エールフランス航空の往復運賃
  • 青い棒グラフ=ANAの往復運賃
  • 運賃を調べた日:2019年9月1日
  • 運賃は何を見た?:各社公式HPの予約ページより
  • 対象フライト:往復ともに直行便のみ

↓↓参考にした料金の検索条件↓↓
①羽田発便=毎月第一月曜日の最安値を対象
②パリ発便=毎月第一金曜日の最安値を対象」

運賃の計算は上記①+②の合計金額(往復運賃)

※尚、お盆、GW、年末年始は当然高額ですので特に表記はしていません。

 

グラフからみてわかりやすいのが、エールフランス航空に比べANAはシーズンによってかなり大きく運賃が変動していますね。

tabinosuke
tabinosuke
航空券手配のワンポイント

ANAやJALなど日本の航空会社ですので、日本の行楽シーズンと言われる月はしっかりとお値段が高くなります。 

 

上のグラフを数字にして書き出したものが下の表です。

エールフランス ANA
9月 ¥145,000 ¥276,000
10月 ¥143,000 ¥276,000
11月 ¥115,000 ¥276,000
12月 ¥105,000 ¥110,000
1月 ¥105,000 ¥120,000
2月 ¥110,000 ¥110,000
3月 ¥105,000 ¥110,000
4月 ¥115,000 ¥110,000
5月 ¥115,000 ¥188,000
6月 ¥145,000 ¥149,000
7月 ¥145,000 ¥149,000
8月 ¥186,500 ¥166,000

※東京~フランス(直行便)の往復航空運賃です。
※上記航空運賃には諸税が別途加算されます。
※諸税の一例
エールフランス航空:プラス38,500円
ANA:プラス38,000円

エールフランス航空では6月~10月くらいまでの期間が料金高め設定ですね。

この季節、フランスではだんだんと温かくなり、湿気の少ない過ごしやすい最高の観光シーズンとなります。



「スポンサーリンク」




フランス行きの航空券 安い時期は?

上の項目でお伝えした通り、フランス行きの航空券が安い時期はずばり12月~3月です。

ただ、12月は年末にかけて高くなり、1月は月初は年はじめで高くなり、と月内でも大きく運賃相場が変動する月です。

冬真っただ中の2月~3月がひと月を通して平均的に安い航空券が用意されている月となります。

とにかく少しでも安く!でも直行便がいい!と思っている方には2月~3月をおすすめします。

tabinosuke
tabinosuke
3月の旅行事情

3月と言うとピンとくるのが「学生の卒業旅行」ですね。

最近では卒業じゃなくても普通に旅行でヨーロッパ方面に行く学生さんが増えているそうです。

あまり混雑が得意でない方は3月より2月の方が少し落ち着いて旅行ができるかもしれませんね。

 

機内サービス(機内食、エンタメ)は?


ANA、JALはサービス、機内食、エンターテインメント(モニターサービス)とどれも充実しており、日本人旅行客からは圧倒的に支持されています。

ではエールフランス航空は?

エールフランス航空はその名の通り、フランスの航空会社です。

その為、ヨーロッパに行ったことのない日本人には、殆どなじみのない航空会社です。

こちらではツイッター中心にSNSの評判を探ってみましょう。


好みもあると思いますが、全体的に「美味しかった」の声が多数でした。

また、機内のエンターテインメント(映画、映像、音楽など)については結構充実していたという声を多く耳にしました。

日本からフランスまでは12時間以上と長いフライトになります。

もちろんANA,JALの日本の航空会社であればより一層の安心感があると思いますが、エールフランスもお薦めです!

tabinosuke
tabinosuke
飛行機からフランスを感じる旅

エールフランスはフランスの航空会社ですので、フランスが考えるおもてなしが詰まっています。

JAL,ANAでは味わえない海外の会社独特の雰囲気や食事を味わうことのできるエールフランス航空は「飛行機に乗った瞬間からフランスを感じたい」そんな思いで旅行をする方に特におすすめです。

 

フランス旅行・目的別、おすすめの航空会社は?

それぞれの航空会社でメリット、デメリットがあります。

「フランス旅行」目的別のおすすめの航空会社は?

値段で選ぶなら


エールフランス航空です。

直行便3社のなかでは、年間通して安定してリーズナブルな価格設定のエールフランス航空がおすすめです。

安心感で選ぶなら


ANA、または、JALです。

機内食や映像サービスなど様々な点で日本人向けの環境ですので安心感、満足度が高いです。

時間は問わない、とにかく1円でも安くなら


乗り継ぎ便のAIR CHAINAが圧倒的に安いです。

私自身が乗っていませんので特におすすめはいたしません。

但し、値段設定が断トツで安いのでご紹介しておきます。

こちらはおすすめではなく「手段の一つ」としてご覧ください。

飛行時間がとにかく長いため、おすすめは「直行便」です。

乗り継ぎ便は飛行時間が更に長いうえに、途中、乗り継ぎ時間の待機、も含めると到着時にはクタクタになってしまうでしょう。

その為、乗り継ぎ便はあまりおすすめできません。

 

「フランス行き航空券の安い時期と、おすすめの航空会社は?検証の結果」まとめ

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

もう一度かんたんにまとめてみます。

  1. 直行便は羽田、成田、関空の3か所から飛んでいます。
  2. 直行便を飛ばしているのはANA,JAL、エールフランス航空の3社です。
  3. 乗り継ぎ便はたくさんの会社が就航しています。
  4. 飛行時間は直行便で12~13時間くらいです。
  5. フランス行き航空券・最も安い時期は2月でした。
  6. そのほかにも12月~3月は全体からみて航空運賃はお安めの設定です。
  7. フランス行きの飛行機は直行便のエールフランスが特におすすめでした。

オペラに美術館、美食グルメなど冬でも存分に楽しめるフランス旅行。

ご予算と目的(やりたいこと)を明確にして、上手に旅の準備を進めていきましょう。

それでは楽しいご旅行を!

パリ旅行の一番最初に見ていただく「基本情報」はこちらで詳しくご紹介しています。これから旅行の準備をする方、初めてフランス旅行に行く方に特におすすめの内容です

フランス行き航空券の安い時期と、おすすめの航空会社は?検証の結果2019年9月からシリーズでお届けしているヨーロッパ旅行ナビ。 ヨーロッパナビ最初のご紹介はフランス。 フランス編ではフラン...

 



「スポンサーリンク」