北海道

JALファーストクラスに料金1万円台から乗れるってホント?

突然ですが「ファーストクラスに乗ってみたい」と思ったことはありませんか?

皆様の中でファーストクラスってどんなイメージでしょうか?

  • 料金がとにかく高い!
  • 食事のメニューが豪華!
  • VIPゲストや著名人だけのスペース!

皆さんのご意見をみていると「特別感」が強く、自分たちには縁がない!と思っている方が多い様でした。

こちらの記事では1万円台から乗れる「JALファーストクラスで行く空の旅」をご紹介します。

これを見ればきっとあなたも「ファーストクラスに乗ってみたい!」と思いますよ!

それではご覧ください。

※サムネイルの画像はJAL公式HPより引用しています



「スポンサーリンク」




JALファーストクラス・ 料金1万円台から乗れる、おすすめの路線は?


出典:JALインスタグラムより

早速ですが1万円台の「JALファーストクラス」から、5万円以内で乗れるおすすめ路線をご紹介します。

  1. 羽田空港-新千歳空港
  2. 羽田空港ー伊丹空港
  3. 羽田空港ー福岡空港
  4. 羽田空港ー那覇空港

国内線で上記4区間のみファーストクラスのシートが用意されています。

国内線は飛行時間、距離も短いため、ファーストクラスの料金設定もかなりお安くなっているんです!

JAL公式ページを見てみる

 

ここからはファーストクラスの魅力や、実際の料金、フライト時間などご紹介していきます。

JALファーストクラス おすすめ路線の料金は?

やはり最も気になるのは料金ですね!

早速見ていきましょう。

 

この画像は、JAL公式ホームページ「国内線予約フォーム」の一部を切り取ったものです。

ファーストクラスの予約といっても特に特別なものはありません。

普通席・classJ・F(ファーストクラス)に分けて、一つの画面に表示されています。

 

ファーストクラスのない路線では、上の図の様にclassJと普通席の項目しかありません。

それでは実際の金額を見ていきましょう。

①羽田空港ー新千歳空港
普通席 15,660円
ファーストクラス 33,860円~

飛行時間90分

普通席との差額=18,200円

今回はこちらに搭乗しました↑↑

②羽田空港ー伊丹空港
普通席 9,650円
ファーストクラス 17,950円~

飛行時間65分

普通席との差額=8,300円

➂羽田空港ー福岡空港
普通席 11,390円
ファーストクラス 29,890円~

飛行時間115分

普通席との差額=18,500円

④羽田空港ー那覇空港
普通席 19,710円
ファーストクラス 35,310円~

飛行時間160分

普通席との差額=15,600円

※料金はシーズンや曜日、時間によって異なります。

また、細かく見ているとそれぞれの路線で、日によってもっと安い席もあります。

なんと!羽田~伊丹路線は17,950円でファーストクラスに乗ることが出来ます。

他の区間も驚きの安さですね!

 

JAL公式ページを見てみる

 

いかがですか?

ファーストクラスの料金のイメージは?と言う質問に大多数の方から30万、50万、100万と言うお答えが帰ってきました。

JALの国内線では、短い時間ですが「ファーストクラス体験」をするにはうれしい値段設定になっていることがわかりますね。

 

JALファーストクラスでは、どんなサービスが受けられますか?

ファーストクラスに乗ると何か良いことがあるのでしょうか?

料金が普通席、classJ席よりも高い理由を探っていきましょう。

まずは数あるファーストクラスのメリットの中から特に特徴のある点をいくつか挙げていきます

  1. ファーストクラス専用のチェックインカウンターがあります
  2. ファーストクラス専用のラウンジが利用できます
  3. 預けられる荷物の容量が大きい
  4. 優先搭乗、優先的に降りる事ができます。
  5. 預けた荷物が最優先で流れてきます。
  6. ファーストクラス専用の食事
  7. ファーストクラス専用のシート&スペース
  8. その他、機内サービスの一つ一つの品質が高い

サッと思いつくだけでもこれだけあります。

ちょっと細かく見ていきましょう。



「スポンサーリンク」




 

ファーストクラス専用チェックインカウンター

チェックインカウンターで荷物を預けて、保安検査の列にならんで・・・この流れが一般的だと思います。

ところが、ファーストクラスの場合はちょっと違います


一般のチェックインカウンターの並びに上の画像の様な入口を見たことありませんか?

 


実はファーストクラスの場合、特別な専用チェックインカウンターの入口があるんです。

しかも、この中は専用の保安検査スペースがあり、一気にラウンジまでいけてしまう「近道」となっているんです。

tabinosuke
tabinosuke

ファーストクラスのおすすめポイント その①

チェックインカウンターもシーズンによってはかなり並びますが、特に保安検査場の行列にはため息が出るほど時間がかった経験がある方も多いのではないでしょうか?

ファーストクラスでは殆ど並ぶことなくチェックイン&保安検査を受けることが出来るスペシャルなスペースが用意されていました。

 

JALファーストクラス ラウンジサービス

JALには一般の「サクララウンジ」と、ファーストクラス搭乗者および、限られた会員ステータスを持つ人限定の「ダイヤモンド・プレミア・ラウンジ」と言うラウンジが用意されています。

保安検査場を上がっていくとラウンジの受付があり右がサクララウンジ、左がプレミアラウンジと入口が変わってきます。

この時点で特別感を感じることが出来ますね。


落ち着いた入口からの入場、調度品、インテリアの材質、食事内容など様々な点で「ワンランク上のグレード」のものが用意されています。

 


出典:https://www.jal.co.jp/

プライバシーの問題もありますので、ラウンジ内の画像はJAL公式のものを使わせていたいております。

tabinosuke
tabinosuke
ファーストクラスおすすめポイント その②

ダイヤモンド・プレミア・ラウンジはJALの乗客の中でもほんの一部の限られた人だけが利用できる特別なスペースです。

出発までの時間をこのラウンジで過ごすことが出来る点も「ファーストクラスおすすめポイント」の一つです。

航空会社系のファースト・ラウンジは、空港ラウンジ(いわゆる「カードラウンジ」と言われるゴールドカードを提示すれば利用できるラウンジ)とはひとあじもふたあじも違います。

これを体験できるという点だけでもかなりおすすめ!

 

JALファーストクラス 優先搭乗、荷物の優遇など

普段の搭乗の際によく見る光景ですが、まずお手伝いの必要な方を優先搭乗し、次に必ずファーストクラスから搭乗することができますね。

勿論、降りるときも最優先です。


また、ファーストクラスの人の預けた荷物には上の画像の様なタグが付きますので、荷物のレーンで待っていると一番最初に荷物が流れてきます。

これも嬉しい特権ですね!

 

JALファーストクラス ゆったり空間と特別なシート

ここではファーストクラスだけの機内の特別な空間をご紹介します。

※他のゲストの方がいらっしゃいましたので、画像はJAL公式ページから引用させていただきました。


機体によって異なりますが、私がのった羽田ー千歳間の機体では、最前方に7組14席だけのかなりゆったりしたスペースでした。

 


こちらがシートです。

上質なソファーの様な重厚感を感じさせる座り心地抜群のシートです。

 


もちろん足をいっぱいに伸ばすことが出来ます。

今はやりの半個室の様にはなっていませんが、1席ごとにしっかりとプライバシーが保たれている空間です。

tabinosuke
tabinosuke
ファーストクラスおすすめポイント その➂

ゆったりとしたシート間隔、そして座り心地抜群のシートもファーストクラスだけの特別な喜びですね

 


他にも特別性のスピーカー、ファーストクラス専用のブラケットなど、様々なところに「ファーストクラス専用」が用意されています

 

 

JALファーストクラス 専用の機内食

機内では一部のキャビンアテンダントの方が何かと面倒を見てくださいます。

ベテランの「スペシャリスト」といった印象の方でした。

それでは人気の機内食を見ていきましょう。

 


勿論、ファーストクラス専用メニューが用意されています。

 


飲み物もファーストクラス専用メニューがあり、シャンパンから日本酒までこだわりのラインナップが揃っています。


私がのった時はこのメニュー。

 


朝食でこのメニューです!十分すぎますね。

個人的にも和食が好きなので嬉しい朝食でした。

tabinosuke
tabinosuke
ファーストクラスおすすめポイント その④

ファーストクラス専用の食事メニュー&ドリンク

まさに空の上のレストランといった印象でした。

初めて機内でシャンパンをいただきました。

 

移動の手段である飛行機が、旅行の楽しみの一つとなって有意義な時間を過ごすことが出来ました。

 

JALファーストクラスに初めて乗った感想

まず、私は専用のチェックインカウンターがあることを知らずに一般のカウンターでチェックインをしてしまいました。

これも恥ずかしながらの良い経験でした。

恰好をつけてもしょうがないので、わからない点などは「初めてなのですが」と正直に言ってお尋ねするようにしました。

piyoko
piyoko
ラウンジの方、また、機内でお世話になったキャビンアテンダントの方、皆様本当に親切に色々教えてくださいました。

ありがとうございました。

羽田ー新千歳便の普通席との料金の差額は、90分のフライトで18,200円でした。

料金を追加で18,200円を払うだけの価値のある経験となりました。

 

旅の楽しみ方は人それぞれですが、旅の楽しみ方の一つとして「JALファーストクラスで行く空の旅」はおすすめでした!

毎回とはいきませんが、私も是非また乗りたい!と思いました。

 

[JALファーストクラスに料金1万円台で乗れるってホント?」まとめ

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

今一度、ファーストクラスのメリットをまとめます

  1. ファーストクラス専用のチェックインカウンターがあります
  2. ファーストクラス専用のラウンジが利用できます
  3. 預けられる荷物の容量が大きい
  4. 優先搭乗、優先的に降りる事ができます。
  5. 預けた荷物が最優先で流れてきます。
  6. ファーストクラス専用の食事
  7. ファーストクラス専用のシート&スペース
  8. その他、機内サービスの一つ一つの品質が高い

機内のシートや食事の豪華さ、特別な専用ラウンジの利用、など華やかな喜びがありました。

専用チェックインカウンター、保安検査所、を並ばず通過できたり、優先搭乗や荷物が最初に流れてくる点など、実用的にもかなり嬉しいサービスが盛沢山でした。

いつもの旅行にちょっとだけ刺激的な時間を!

新しい価値観を見出すことができる、そんなファーストクラスの旅をおすすめします。



「スポンサーリンク」