ANA / SFC修行

ANAダイヤモンドメンバーの魅力と特典、プラチナとの比較

ANAの最上級ステイタス「ダイヤモンド」メンバーサービス。

同じプレミアムメンバーの中でも、ブロンズ→プラチナ→ダイヤモンドとランクが分かれていて、ステップアップして最高到達地点がダイヤモンドになるわけです。

ダイヤモンド未満のプレミアムメンバーのサービス、特典についてはこちらの記事でたっぷりと解説していますので「まずはプラチナ」と言う方は、こちらの記事からご覧ください↓↓

ANAプラチナメンバーとSFCカードの特典を比較、魅力を徹底検証ANAマイレージクラブの上級会員サービスを徹底検証。まずはブロンズとプラチナの比較。続いてプラチナとSFCカードの相違点、メリット、デメリットを検証。多くの人が目標として挑戦しつづけている「SFC修行」そのプロセスと修行にかりたてるSFCの魅力をひも解いてご紹介していきます。...

 

さて、今回のテーマは「ANAダイヤモンドメンバーサービスの特典と、はたして、修行をしてダイヤモンドを狙う価値がどのくらいあるのか?」についてたっぷりと考察していきたいと思います。

まず大前提としてダイヤモンドを狙う価値は勿論大ありです!

ただ、プラチナ特典の記事で書いた通り、修行の大きな目標であるSFC発行は50000ポイント獲得が完了した時点で目標は達成されるわけです。

そこから先にお金と時間を更に注ぎ込むダイヤモンド修行について色々考えていきます。



「スポンサーリンク」




ダイヤモンド修行が必要か?と言う記事を書こうと思った理由

現在2022年8月1日~同年12月31日まで「プレミアムポイント2倍キャンペーン」が開催されています。

PP2倍と言う事は単純に「費用が通常の半分で済む」と考えてよいでしょう。

ここで、この時点ですでにプラチナメンバーサービスの50000ポイントを獲得し修行を解脱している人の中に「もうひとつ上のダイヤモンドを狙ってみようか?」と言う気持ちを抱いた人も多いのではないでしょうか?

すでに最初の目標「SFC修行」のタイトル通り、SFCを獲得する為の修行は無事完了できたわけで、たとえ半分とはいえ、時間とお金を追加でつぎ込んでまでダイヤモンドを目指す価値があるのか?

それにしても時間もお金も単純に半分で済むと思うと「こんなチャンスはない!」とか「最上級ステイタスを体験してみたい」と、思わず乗り出してしまう自分もいます。

そんな思いから、プラチナとダイヤを比較しながらダイヤモンドメンバーサービスの魅力やサービスを検証して、検証した先に「それでもダイヤモンドを目指そう!」と思えるのか?

自分の最終結論に興味をもったのがこの記事を書くきっかけです。

※尚、この記事は2022年9月現在、まだプラチナで一度もダイヤモンドを体験したことがない私の目線からみたダイヤモンドについて書いていきます。

2023年に実際にダイヤモンドになった際に「理想と現実は違った!」なんてこともあり得ますよね。

その辺は同じ記事の中でどんどんとアップデートしていきます。

 

ダイヤモンド修行が必要か?と感じる不安点

優先搭乗、許容荷物の拡大、荷物受取の優先、プレミアムチェックインカウンターの利用など、およそ飛行機の旅での空港での手続き関連ではプラチナ(SFC)で不満なく満足できるレベルのサービスがいただけます。

これ以上何かいる?

ラウンジの利用。

ダイヤモンドになるとANA SUITE LOUNGE、いわゆる航空会社のファーストクラスラウンジが利用できます。

ただ、ついこの間までの修行中はANA LOUNGEさえも入場できず、それを利用できる事がそもそもの目標であり憧れでした。

ANA SUITE LOUNGEはいつかこの先ファーストクラスに乗れた時で良くない?

まあそんなこと色々考えているのでいったん表にしてしっかりと特典を比較していきたいと思います。

 

ダイヤモンドメンバーになる条件

プレミアムメンバーになる条件の項目の詳細は繰り返しお伝えしていますので、こちらでは簡単にご紹介します。

1.プレミアムポイントだけでクリアーする為の条件:プレミアムポイント100,000PPで達成(プラチナが5万PPですので倍ですね)

2.ライフソリューションでクリアーする為の条件:こちらは2つの組み合わせがある様です。

  1. 50,000PP+ライフソリューション7項目+ANAカード利用500万円以上。
  2. 80,000PP+ライフソリューション7項目+ANAカード利用400万円以上

以上です。

※プレミアムメンバー・サービスについてはANAプラチナメンバーサービスの解説記事で詳しくご紹介していますのでそちらをご覧ください。)

 

ANAダイヤモンドメンバーサービス徹底検証

それではいよいよダイヤモンドサービスの特典をプラチナと比較しながら見ていきましょう。

表の中の赤文字の項目がプラチナよりも更に上位の特典が用意されている項目です。


さて、まずはじめに触れておきたいのが「プレミアムメンバー専用デスク」です。

こちらブロンズ、プラチナ、ダイヤとすべてに同じく「○」がつけてありますが、内容が大違い。

やはり「ダイヤモンド・デスク」だけは別格との声。

まず何と言っても電話の繋がりやすさがダイヤモンドデスクだけは別物だとか!?

直近では国際線飛行機の運休→振替の手続きの電話で2時間待ち、3時間待ちはもはや当たり前の状況となっています。

そんな時でもダイヤモンドメンバーの方に話しを聞くと「そんなに待った記憶がない」と言う話し・・・たまたまかもしれませんが、現実ならこれってすごくありがたいです。

その他、コンシェルジュデスク同様、様々な点で幅広くサポートしてくださる点は「さすが最上級のダイヤモンド・デスク」と評判です。

 

ラウンジサービス

まず大きなポイントがラウンジサービスの違いです。

プラチナ・メンバー(SFCメンバー)はANA LOUNGE。

ダイヤモンド・メンバーはANA LOUNGEと、ANA SUITE LOUNGEのどちらでも利用できます。

まずは双方の解りやすい違いを見ていきます。

 

国内線ラウンジ比較

まずは国内線のラウンジです。

  1. スイートラウンジの方がお酒の種類が豊富
  2. スイートラウンジは国内線でもおにぎりやパンなどの軽食がある。
  3. 快適性がよりよい
  4. スイートラウンジの方が混雑具合が比較的緩やか(とはいえ、満席で入れないケースも多々あるようです)

解りやすい違いとしてはこのくらいでしょうか?

正直な感想としては、おにぎり、パンなどの軽食は魅力的ですが、その他についてはそんなに「ぜひともスイートラウンジでないと」と言う気持ちは湧いてきませんでした。

続いて国際線

 

国際線ラウンジ比較

国際線のラウンジはしっかりと食事がいただけますので、SFC修行の目的の一つとして「ANA LOUNGEが利用できる」事は人気の要因のひとつですね。

それではスイートラウンジと比較するとどうでしょうか?

  1. スイートラウンジの方が食事、お酒ともにメニューが豊富&豪華
  2. 様々な設備で快適性がかなり良い
  3. スイートラウンジの方が余裕はあるが、やはり混雑するときは満席で入れないケースもある様です。

やはり国際線のファーストクラスラウンジであるANA SUITE LOUNGEは憧れですよね~。

食事の内容やお酒について様々なご意見を聞きますが・・・それでもやはり「年間通して一度は自身で体験したい」と言う気持ちがかなり強いです。

やっぱり憧れがあるんですよね~個人的には。

ラウンジ比較と言う点では、国際線ANA SUITE LOUNGEは、ダイヤモンドサービス期間に是非とも利用したいですね!

できれば、翌年に海外渡航予定(見込み)がある年に標準を併せて”ダイヤモンドメンバー”になっておきたいものだと感じます。

 

コンシェルジュ・サービス

こちらは今現在のわたしの視点からのイメージだと、基本は「ビジネスシーンでより活用の範囲が広がるサービス」なのかなと言う印象。

修行でダイヤモンドを目指す人よりも、そもそものビジネスで世界中を飛行機で飛び回っている人によりメリットのある特典と感じました。

 

座席クラスのアップグレード☆☆☆

さて、こちら☆3つにしたのには理由があります。

プレミアムメンバー限定で受け取れる「アップグレードポイント」

※アップグレードポイント=ちょっと長いので以降は「AP」と短縮して表記させてもらう場合があります。

利用方法のひとつとしてはANA SKYコインに交換することで航空券の費用に充当できます。(1ap=1000SKYコイン)

国内線で利用するのはプラチナメンバー同様「プレミアムクラス」へのアップグレードで使える特典です。

今回は国際線のお話し。

プラチナの特典解説でお話ししたのですが、通常アップグレードポイントは「アップグレード可能な座席クラスの予約」を持っていて、初めてアップグレードが可能となります。

アップグレード可能な座席クラスとは?

例えば東京からサンフランシスコ行きのエコノミークラス。

  1. エコノミーSpecial運賃:144,550円
  2. エコノミーBasic運賃:299,650円

①の運賃予約ではそもそもアップグレードができません。

もしアップグレードポイントを利用してアップグレードをする場合には、最初の予約の段階で②の運賃の航空券を予約しておかなければなりません。

この様に国際線で「よりお得な運賃であわよくばアップグレードをしたい!」と言うのがそもそもできないようになっています。

これはどこの路線も似たり寄ったりです。

しかし!!!

なんとダイヤモンドメンバーにだけ凄い特典があります。

元々持っている航空券が「アップグレード可能な座席クラス」の予約ではないエコノミー・スペシャルだったとしても、もし当日空きと食事の準備ができていれば「通常の倍のアップグレードポイントでアップグレードが可能」になります。

これは凄くないですか?

ただこれ、ダイヤモンド会員本人だけなんです。

ご夫婦など複数人での旅行ではひとりだけアップグレードと言うわけにもいかないと思いますので、あくまでもひとり利用時のスペシャル特典ですね。

いきなり盛りだくさんですね~。

つづいて予約関連のサービスを見ていきましょう。

 


※訂正↑↑:下から2項目の「ANA国際線特典航空券、アップグレード特典の優先」で、プラチナに×をつけてしまいっていますがこちら訂正【×→○】です。

こちらの項目で注意する点としては、いろいろ「優先」と書かれて同じ○になっていますが、先行予約も予約の優先も、先行予約のスタートの時間など、基本的にほぼすべてにおいて”まずはダイヤモンドメンバーが最優先”になります。

  1. 国内線座席指定の優先:普通席の最前列や、非常口座席の足元の広い席などはまずはダイヤモンドに解放されているかと思います。
  2. 国内線特典航空券、いっしょにマイル割の先行予約もダイヤモンドだけ数時間早く解放されます。
  3. 国内線特典航空券の空席待ちは「ダイヤモンドサービスデスク」預かりとしてお任せする様です。
  4. 「ダイヤモンドサービス」デスクにて、国際線航空券の予約や変更を依頼する場合、新規発券手数料・交換発行手数料が免除されます(通常オペレーター対応は有料)

②の様に誰よりも早く予約をスタートできる特権は強いですね。

①の最前列の解放や、④の発券手数料の免除などは勿論あれば嬉しいですが、なければ無いなりに対処、対応できるサービスです。

ただ・・・

この辺は「何事もよりスムーズに」と言う、ワンランク上の空の旅を実現していくうえでのより良いサービスと考えると、一度体験すると便利で、快適で、心地よくて、ステイタスを落とせなくなってしまいそうです。

国内線の普通席で5列目とか座ると、足元が広く、搭乗してすぐ座席につける~サービスのスピード、降りるのも早い・・・

時間を大切に考える人にとって何事もスムーズ&スピーディーで快適です。

 


続いては主に空港でのサービス。

こちらは羽田空港のANA SUITE CHECK-INの入口↑↑

全ての空港ではありませんが、ANAの本拠地である日本国内限定のスペシャルな空間チェックインサービスです。

参考までにダイヤモンド未満はこちらのプレミアムチェックイン↓↓

 

先ほどと同様に基本的に何事も優先順位はダイヤ→プラチナの順になりますので、その辺の優位性については特に触れていきません。

ここでよく聞かれるのが「空港での空席待ちの優先取扱い」です。

正直プラチナメンバーでも「なかなか空席が落ちてこない」と言うのは修行の時にもよく耳にした話しです。

そう、一番上にダイヤモンドメンバーがいるからです。

空席の数にもよりますが、国内線のプレミアムクラスの空席待ちなど1、2席しかないとどうしてもダイヤモンドメンバーに振り分けられるのは当然ですよね。

そんなわけで「空港での空席待ちがけっこう実現しやすくなる」。

と言うのもダイヤモンドメンバーのメリットとして付け加えておきたいと思います。

 


続いてはダイヤモンドメンバーならではの特典を見ていきます。

フライトボーナスマイル

こちらは所有するANAカードの種類と、プレミアムメンバー継続年数によって変わってきます。ここではメンバーになった初年度の話しをしていますので「1年目」。

所有するクレジットカードはAMAゴールド、ANAプレミアムカードが手元に届いた後の搭乗分から+5%アップと言う事で。

  1. ダイヤモンド1年目:ボーナスマイル115%
  2. ダイヤモンド1年目:ANAゴールド、ANAプレミアム所有、ボーナスマイル120%

ゴールドカードを発行している方も多いかと思いますので、ボーナスマイル120%はかなり魅力的ですね。ただ、プラチナでも95%のボーナスマイルです。

仮にフライトマイル100マイルの路線ですと。

  • プラチナ=100+95=195マイル獲得。
  • ダイヤモンド=100+120=220マイル獲得。

それぞれお得ですので、よっぽど1年間にたくさん飛行機で移動する場合はけっこう差が付きそうですが、プラチナの95%もかなり嬉しい!ダイヤの120%ならより嬉しい!といったところで、こちらもあれば尚嬉しい・・と言った特典ですね。

 

マイル有効期限の延長

これは、現在のマイルの保有量、マイル有効期限によってはすご~くありがたく感じる方も多くいらっしゃるかもしれませんね。

簡単に言うと「ダイヤモンドサービス期間」が終了した時点で、手持ちのマイルにすべて3年の有効期限をつけて渡してくれます(返す?戻す?)

ここ数年色々ありましたからね~。

マイルが使い切らないまま期限を迎えてしまいそうな人もたくさんいらっしゃるとお聞きします。そんな人にはかなり嬉しい特典ですね。

 


最後がANAからの「贈り物」系。

オリジナルネームタグにつきましては、もらえるのは嬉しいですが、このために何か行動を起こしたいと言うものではないですね。

ダイヤモンドメンバー限定選択式特典

さて、ダイヤモンドメンバーになった際に一番のお楽しみがこちらかもしれません。

ダイヤモンドメンバーには毎年9つの特典の中から1つを選択できる「選択式特典」があります。

ANAのサイトには現在2021年と2022年度の選択式特典が掲載されていますが、毎年、多少の違いはあれど、大筋の特典内容は似通っている様です。

それでは2022年度の選択式特典のメニューを見ていきましょう。

2022年度ダイヤモンドメンバー限定選択式特典

  1. ANA SKYコインコース/60000SKYコインプレゼント。
  2. アップグレードコース/アップグレードポイント12ポイントプレゼント。
  3. IHG・ANA・ホテルズグループ宿泊・お食事コース/上記ホテルズグループで使える40,000円分のクーポン券プレゼント。)
  4. 上質なレストランコース/国内、海外の厳選レストランの中から1店舗にペアで招待。
  5. 5.ギフトセレクションコース/ビジネス、トラベル、グルメなど厳選アイテムの中から一つプレゼント。
  6. ANA SUITE LOUNGE利用券コース/ANA SUITE LOUNGE利用券6枚プレゼント。
  7. 機内・空港お買い物コース/ANA STORE@SKY,ANA FESTA, ANA DUTY FREE SHOPなど機内や空港で利用できるクーポン40,000円分プレゼント。
  8. A-styleお買い物+ANA SKYコインコース/ANAショッピングA-Styleで利用できる40,000円分の電子クーポン+ANA SKYコイン20,000コイン(2万円分)プレゼント。
  9. 自然再生コース/本人に代わって沖縄恩納村の海にサンゴ20本の植え付けをし、証明書は本人に送られてきます。

それぞれの特典解説前に補足が1点。

上記①~⑦を選択した場合、プレゼント特典とは別に、更にスペシャルプレゼント「20,000SKYコインか、4アップグレードポイント」がプレゼントされます。

それでは気になる特典をピックアップして見ていきましょう。

ANA SKYコインコース

ANA SKYコインは何度もお伝えしている通り、ANAの航空券や旅行商品に利用できる電子クーポンです。

60,000コインと言う事は単純に60,000円分!!

更にスペシャルプレゼントで20,000SKYコインを選択すれば合計で80,000SKYコインがプレゼントされます。

単純に8万円分の飛行機代のキャッシュバックと同じです!

これは凄い!!

 

アップグレードコース

12アップグレードポイントをプレゼント!

ダイヤモンドメンバーになる為に必要な10万PP獲得するとそれだけで40ap、さらにプレミアムメンバー特典として+4apで合計44アップグレードポイントがもらえます。

更に選択特典で12apを選び、更にスペシャル特典で4apを選択した場合は、合計で44+12+4=60アップグレードポイントを手にすることができます

これを上に挙げた国際線での特別座席アップグレード優待につかったり、国内線のプレミアムクラスへのアップグレードに利用したりと、1年間とても有意義な空の旅になりそうですね!

 

ANA SUITE LOUNGE利用券コース

こちらはその名の通り、通常ファーストクラスやダイヤモンドメンバーが利用するANAのいわゆるファーストクラスラウンジ「ANA SUITE LOUNGE」の利用券。

こちらの利用券は2種類あります。

まずは途中プラチナメンバーで80000PP獲得者限定でいただけるANA SUITE LOUNGE利用券。

こちらは、会員本人+同行者でないと利用することができません。

なので他人にプレゼント・・・と言うよりは、ご夫婦や仲間と一緒の旅行の際に利用できる券です。

 

しかし、ダイヤモンドの選択式特典でもらえるANA SUITE LOUNGE利用券は本人が一緒でなくても利用できるそうです。

大切な人へのプレゼントなどに利用していただけます。

日頃の感謝をこめて恩師の旅行の際にこちらの券をプレゼントする・・・など、とても喜ばれるのではないでしょうか?

私が個人的に気になったのはこの3つですかね~。

皆さんは何か気になる特典はありましたか?

 

海外でのプラチナとダイヤモンドの違い

前の記事「プラチナメンバー特典」の記事でご紹介しました通り、通常のマイレージクラブの会員からANAプラチナ(SFCカード)以上のプレミアム会員になる事で、海外旅行に行った時に、これまでの旅行スタイルがガラッと変わるほどたくさんの恩恵を受ける事ができる様になる、と言うお話しをしました。

プラチナ(SFC)になることによって、同時に「スターアライアンス・ゴールドメンバー」の資格を有することになります。

それによって、海外でもスターアライアンスグループの飛行機を利用の際には、プレミアムチェックイン、優先搭乗、航空会社指定ラウンジの利用など様々なベネフィットを享受することができるようになります。

ダイヤモンドメンバーだけが受けられる、海外での特別なメリットは?

ではここで、ダイヤモンドメンバーだけの特別のメリットはあるのか見てみましょう。

まずはじめに!

ダイヤモンドメンバーになって得られる海外での資格は「スターアライアンス・ゴールドメンバー」です。

つまり、ANAプラチナメンバー(SFC)と海外では同ランクのステイタス・ホルダーとなります。

つまり優先搭乗ひとつをとってもどっちが優先と言うのはなく、海外に行けばプラチナもダイヤも一緒の扱いとなります

 

海外でのラウンジサービスは?

プレミアムメンバーとして特に人気の高い「スターアライアンス航空会社の海外ラウンジ利用」について。

日本ではANAラウンジとANA SUITE LOUNGEと言う2つのラウンジが用意され、スイートラウンジではより上質な特別なサービスを受ける事ができました。

これはダイヤモンドならではの特権ですね(エコノミークラスでも利用可)

しかし海外では・・・

スターアライアンス・ゴールドメンバーは航空会社指定ラウンジは利用できますが、ANAで最上級のダイヤモンドメンバーだからと言って、他社航空会社のいわゆる「ファーストクラスラウンジ(ANAでいうスイートラウンジ)」には基本的に入場できません。

過去にはシンガポール航空など一部航空会社では、ANAダイヤモンドホルダーはシンガポール航空の上級ラウンジが利用できたと言う話しも聞きますが、今は具体的に「ここならファーストラウンジに入れる」と言う情報は持ち合わせていません。

ただし、大人気のハワイ路線

ダニエル・K・イノウエ国際空港には海外で唯一のANAラウンジがあります

そして2022年7月時点では閉鎖中でしたが、こちらにはANA SUITE LOUNGEの用意があり、閉鎖中でもラウンジ内に「SUITE LOUNGE利用者限定エリア」を設け、シャンパンなどをふるまっていました。

この辺がダイヤモンドを目指そうか?

悩みどころのひとつかもしれませんね。

結論

海外の空港サービス、ラウンジサービスについては、ホノルルの空港以外では「ダイヤモンドメンバーもプラチナ(SFC)メンバーも受けられるサービスは同じ。」

同じスターアライアンス・ゴールドメンバーとして、アライアンス全体の上級会員サービスを受ける事になります。

プラチナ(SFC)メンバーとダイヤモンドメンバーの比較は以上になります。

ANAプレミアムメンバーサービスについてより詳しくお知りになりたい方はANA公式サイトをご覧ください。



「スポンサーリンク」




ANAダイヤモンドメンバー特典について、いろいろまとめ

ここまで「プラチナメンバーとの比較」と言う目線でひととおりダイヤモンドメンバー特典を一緒に見てきました。

具体的に数字として目に見えてもらえる特典としては

  1. スカイコインは実質キャッシュバックの様なもので大きな還元がありました。
  2. ANAマイルは通常の倍のボーナスマイルが貰える、しかもスカイコインで買った航空券でもしっかりとマイルは付いてきますので、本当にたくさん飛行機に乗れば乗るほどお得なサービスですね。
  3. アップグレードポイントもたくさんもらえるし、活用の選択肢もダイヤモンドメンバーだけは別格に使い勝手が広がります。

しかも、ANAマイルもアップグレードポイントもANA SKYコインに交換できますので、最終的に使い様によっては全てANA SKYコインに替えればかなり大きな金額のキャッシュバック(コイン還元)にも繋がります。

空港サービスや優先サービスなど、ANAを利用する上で、予約から空港サービス、搭乗サービスと様々なシーンですべてのメンバーの中で、常に最上級の優待、サービスを受ける事ができるステイタス特典。

さすがダイヤモンド!

しかし、プラチナメンバーサービスもコスパ的にかなりお得な条件でお得で上質なステイタスを獲得できます。

と言う事で・・・

ANAプラチナサービス(SFCメンバー)

国内ANAサービス、また、世界ではANAをはじめ世界中でスターアライアンスグループ関連で上級メンバーとして様々な優先サービスを受ける事ができます。

今後海外に行くときの、とても強い味方となってくれます。

旅行の楽しさが何倍にも広がり、航空会社ラウンジを楽しんだり、優先レーンからの搭乗、プレミアムチェックインと至れりつくせり。

まずは今ある旅行スタイルをアップグレードして、ワンランク上の旅行を楽しみたいとお考えの方にはANAプラチナメンバーサービス(SFC)をおすすめします。

やっぱりまずはココが基本ですよね。

このステイタスで旅行スタイルが激変して、飛行機にのるのが本当に楽しくなりました!!

それでも更に上を目指す場合は↓↓

 

ANAダイヤモンドメンバー・サービス

ANAの飛行機を利用する上で、全てにおいてグループ内最上のサービスを受ける事ができます。

スマート&スピーディー。

そしてANA利用者の中でもひとにぎりの人しか利用することができない「ANA SUITE LOUNGE」

特に国際線のANA SUITE LOUNGEは海外旅行、海外出張に出かける前に最高の寛ぎを提供してくれるスペシャルな空間。

世界にでればANAプラチナメンバー、SFCメンバーと同様に世界中でスターアライアンスグループ上級メンバーとして様々な優先サービスを受ける事ができます。

今後海外に行くときの、とても強い味方となってくれます。

世界最高峰のサービスに触れるチャンスは以外にも身近に存在しました。

まずは一度体験してみたい!

それが私の結論でした。

ダイヤモンドサービスにチャレンジをされる際には、翌年度「ダイヤモンドメンバー期間」により多くのフライト、旅行、出張を見込める年にチャレンジすることがおすすめです

予約の優先、空港での各種優先サービス、スイートラウンジ、アップグレードポイント、たくさんのスカイコインのプレゼント、マイルが倍になるなど、とにかく飛行機を利用する回数が多ければ多いほど「ダイヤモンドメンバー・サービス」を体感、実感できると感じました。


基本、殆ど海外旅行メインで行く方については「ANA SUITE LOUNGE」の利用、一人での利用でダブルポイント・アップグレードを利用する・・・この2点をどうしたいか?が一つの判断の目安となりそうです。

もしスイートラウンジもダブルポイントアップグレードも「特になくても」と言う方にはプラチナのままで確実にSFCカードをゲットして、ダイヤモンドチャレンジする分、旅行費用の足しにして存分に海外を楽しむのが楽しめるのかな?と考えます。


国内線にはプレミアムクラスへのアップグレードをはじめ、特典航空券・いっしょにマイル割の優先販売、国内線のSUITE LOUNGE、ANA SUITE CHECKINなどなどかなりたくさんのメリットがあり、航空券もとりやすくなり、座席もいい席がとりやすいとか、とにかく楽しい事がたくさんありそうです。


通常のダイヤモンド修行となると予算的にはプラチナ+プラス30万、プラス50万、プラス70万とけっこうお金もかかると思いますが、もし、本当にストイックに「とにかく楽しみはダイヤになってから」と割り切って目指すようでしたら、2022年の様なPP2倍キャンペーンを利用したり、「予算が厳しい」と言う方は何も今すぐ、今年すぐにやらなくても良いかもしれませんね。

1,2年ポイ活を頑張って、ポイント~ANAマイル~ANA SKYコインのラインで予算を徹底的に抑えて「次の年には旅行にたくさんいくぞ!」っていう年の前年に一気にダイヤモンドまでチャレンジしてみるのもよいのではないでしょうか?


最後までご覧いただきましてありがとうございます。

ANAダイヤモンドメンバーを1年経験するとどんな気持ちになるんでしょうね?

私はこれからダイヤモンドメンバー10万PPを目指し、2023年にはダイヤモンドサービスを受けたいと考えています。

とにかく1年間色々と最高峰のサービスを楽しみ、堪能してみたいですね。

その頃にまた感想を綴った記事もあげていきたいと思いますので、もし覚えていましたらたまにのぞきに来ていただければ幸いです。