ANA / SFC修行

ANAダイヤモンドメンバー体験日記|最上級会員のフライト事情

2022年11月末、遂に憧れの”ANAダイヤモンドメンバー”の達成条件である100,000ppを獲得、プラチナメンバーからダイヤモンドメンバーに切り替わりました。

スケジュールとしましては、本日から2023年3月31日までは”ダイヤモンドメンバーの事前サービス期間”として、基本的なダイヤモンドサービスを受けることができるようになります。

ダイヤモンドメンバーの正式な期間は2023年4月1日から2024年3月31日まで。

ダイヤモンドメンバー期間中は可能な限り、フライト計画をANA(スターアライアンスグループの航空会社)を中心に利用し、様々なダイヤモンドメンバー特典、サービスを体感していきたいと思います。

私のブログではダイヤモンド修行をはじめる前の段階として「ANAダイヤモンドメンバー・サービス」の特典や魅力について細かく検証する記事を作成しました。これからダイヤモンドメンバーを目指すか予定の方に参考にしていただけたら幸いです。↓↓

ANAダイヤモンドメンバーの魅力と特典、プラチナとの比較ANAの最高峰「ダイヤモンドメンバー」。際立った個別特典と言うよりも、飛行機を利用する為に必要なすべてのサービスにおいて、より上質で洗練された最高峰のサービスを受ける事ができる最上級のステイタス。その特典、サービス内容、プレゼントなど徹底的に検証していきます。...

 

晴れてダイヤモンドメンバーになることができましたので、こちらの記事では、上の記事で色々と検証した内容の答えあわせをしていきたいと思います。

事前サービス期間を経て、ANAダイヤモンドメンバーとして過ごす1年間で体験する様々な特典やサービスを、よりリアルにピックアップしてリポートしていきます。

主な内容としましては

  1. ANAスイートラウンジレビュー(目標全制覇)
  2. 空港ごとの施設の違い(ANA SUITE CHECK-INなど)
  3. グループ1での搭乗の感想
  4. 特典の使い道
  5. その他届いた郵便から付与された特典、サービスの詳細などなど

とにかくできる限り細かくリポートしていく予定です。

かなり小さな気付きから、王道のラウンジレビューまで項目がどんどん増えていきますので、ご興味ある項目だけ、目次からピックアップしてご覧になってください。

これからダイヤモンドサービスを目指そうとお考えの方に、少しでも参考にしていただければ幸いです。

・更新情報:「ANA2023年度夏季ダイヤの先行販売が1月24日からスタート」の項目を追加公開しました。

・更新情報:2023年度選択式特典の申し込みきました。詳細公開しました。

・更新情報:那覇空港のスイートラウンジ・レビューを追加公開しました。

・更新情報:国内線で初めて預け荷物のタグを付けてもらった際の気付きを公開しました。

・更新情報:「ダイヤモンドメンバーになると電話が繋がりやすくなるって本当?」の項目を追加公開しました

それでは本文をお楽しみください。



「スポンサーリンク」




条件達成!プラチナから「ANAダイヤモンドメンバー」に切り替わる瞬間

まずはANAプラチナメンバーから、ANAダイヤモンドメンバーに切り替わった際の様子からお話しします。


まずは規定のフライトを終えプレミアムポイントが付与されます。

この段階ではプレミアムポイントは100,000ppを超えていますが、システム上はまだ切り替わっておらず、表示はブルーカラーを基調とした「プラチナ・メンバー」画面のままです。

↓ ↓

この2日後にメールが来ました。

私もポイントが反映された瞬間の時間を計っていたわけではないので、だいたい1日半~2日後くらいと思ってください。

内容はこちら

↓ ↓

いきなりタイトルから嬉しいですよね↑↑

↓ ↓

このメールを確認後に色々ネット上を確認すると、すべてがプラチナからダイヤモンドメンバーの画面に切り替わっていました。

↓ ↓

まずダイヤモンドに切り替わって最初にアプリを開いた時にこちらが表示されます↑↑

多分プラチナの時にも皆様ご覧になっているかと思います。

紙吹雪が画面上に舞うやつです。

↓ ↓

そしていつものページが青色系から赤色系の配色にかわり「Diamond」が表示されます↑↑

 

個人的にブルーが好きなのでプラチナになった時は「最も好きな色がブルーなのでプラチナのイメージカラーが最も好き!プラチナ最高」と思っていました。

それが今となっては「やっぱり赤(ワインレッド)が高級感があっていいな~」と、調子のいいことを思い始めています。

まぁそんなもんですよね(^^;

↓ ↓

画面左上をタップしてデジタル会員証をひらくと、こちらももちろんダイヤモンド仕様に表示が替わりました↑↑

いや~嬉しい(^^)

ただただそれだけです。

これで2023年3月31日までは事前サービス、そして2023年4月1日~2024年3月31日まで「ANAダイヤモンドメンバー」の本会員としてすべてのサービス、特典を受ける事が可能となります。


さて、ここからは1年間かけて様々なダイヤモンドサービスを実際に経験しながら「体験記」を綴っていく予定です。

ご興味あるタイトルを目次からピックアップしてご覧ください。

 

ANA SUITE CHECK-INからの入場

まずはフライトのスタートである”空港”で体感する、ダイヤモンドメンバーとし最初に受けたサービスからリポートしていきます。

ANAの上級会員(SFC、プラチナ、ダイヤ)は一般の乗客と違う優先チェックインカウンターから入場し、優先保安検査レーンで手荷物の検査を受ける事ができます。

これが「ANA PREMIUM CHECK-IN」です。

シンプルにメリットは「混雑からの回避」ですね。

上の画像は沖縄那覇空港のプレミアム・チェックイン・カウンター↑↑

一般の搭乗客の方が利用するチェックインカウンターは画面よりも左側となります。

全国旅行支援の後押しもあり、2022年の夏以降は徐々に、チェックインカウンターや保安検査レーンは長蛇の列になってきましたね。

その大行列を横目に、有資格者だけがこちらのチェックインカウンターに来て手続きする事が可能になるわけです(ちょっといやらしい表現ですが特別待遇、VIPレーン・・・そんな感じです)

例えばこちらの那覇空港の場合、まずはプレミアムチェックインカウンターでチェックイン手続きと荷物預けをします。

その後、今度は一般の保安検査に行かず「優先保安検査レーン」に移動して手荷物検査を受ける事ができます↓↓

もし荷物預けはなく、オンラインチェックインを完了している方は、デジタル会員証を提示する準備をして、こちらから直接入場できます↑↑

もし入場後に紙のチケットが欲しい方は、保安検査レーンを通過した先に受付がありますので、そちらにご相談ください。


空港によってチェックインカウンターや保安検査レーンの配置は変わってきますので都度ご確認ください。

参考までに↓↓

福岡空港国内線ターミナルの場合

福岡空港はプレミアムチェックインカウンターと優先保安検査レーンがくっついています。

その為、荷物預けがある人もない人も、有資格者全員が空港についたらこちらを目指して集まってきます。


ここで本題です!

ご存知の通り、プレミアムチェックインはプラチナメンバー、SFCメンバー、スターアライアンスゴールドメンバー、プレミアムクラスの搭乗者も利用できますが、ダイヤモンドメンバーにはもう一つ上の”ANA SUITE CHECK IN”と言うスペースが用意されています。

私は東京羽田空港ベースですので、国内旅行の際には必ず羽田空港を利用します。

そして羽田空港国内線第二ターミナルにはANAダイヤモンドメンバーだけが利用できる「ANA SUITE CHECK-IN」があります。

ダイヤモンドメンバーだけに用意された特別な空間。

しかも全ての国内空港にあるわけではありません。

よくよく調べてみると、国内線のSUITE CHECK INは何と、全国にこちらの羽田空港1ヶ所のみしかないんだそうです。

なんだか特別感があっていい感じです(^^)

いざ利用してみたことろ・・・

中はプレミアムチェックインよりもコンパクトでカウンターは3か所をあけて受け付けています。

より丁寧にゆったりと対応していただいた印象です。

ただ中の雰囲気と言うか、カウンター周りはプレミアムチェックインとあまり変わらない印象でした。

そしてたまたまかもしれませんが、私が行った時はスイートチェックインの保安検査レーンが外まで結構な行列ができていました。

実際はプレミアムチェックインから入場した友人の方が早く保安検査を通過して、エスカレーターを上がったところでしばらく待ってもらっていました。

全ては自己満足の世界です(笑)

 

参考までに羽田空港にある通常のANA PREMIUM CHECK-INはこちら↑↑

こちらでも十分満足できます。

 

羽田空港国内線第二ターミナルにはプレミアムチェックインが2か所、スイートチェックインが1か所あります。

ここで注意したいのは「スイートチェックインは1か所しかない」と言う事です。

上の見取り図ではすぐ近く感じますが、実際の空港ではC保安検査場横のプレミアムチェックインと、AとB保安検査場の中間にあるプレミアムチェックインは100m以上離れています。

だいぶ遠いです。

ダイヤモンドメンバーはどこからでも入場することができますが、せっかくですので、ダイヤモンドメンバーで羽田空港国内線を利用する際には、是非一度はスイートチェックインまで足を運んでみてはいかがでしょうか。


2022年秋の全国旅行支援の後押しもあり、国内の空港はどこも連日大行列、土日祝日などは完全にパンデミック前を超えるほどの混雑で、チェックイン&保安検査に30~1時間近く時間を要するのも当たり前となっています。

そんな時にANA PREMIUM CHECK-INはとても重宝します。

そしてANA SUITE CHECK-INはダイヤモンドメンバーで羽田空港を利用した人だけのご褒美の様な空間でした。

最後にプレミアムチェックイン、スイートチェックイン利用の注意点を確認しておきます↓↓

優先チェックインカウンターの注意点

◆ANAダイヤモンドメンバーの場合、スイートチェックインは本人+同行者1名が利用できます。

◆ANA PREMIUM CHECK-INを利用の際、ANAダイヤモンドメンバー(+同行者1名)、ANAプラチナメンバー、SFCメンバー、SFC家族会員、スターアライアンスゴールドメンバー、プレミアムクラス搭乗者、が利用できます。

ダイヤモンドメンバー以外は基本的に本人限定のサービスとなります。

ご結婚されている方でしたらSFCを獲得した段階で家族カードを作ってしまえば、奥様とのご旅行の際には2人ともSFC会員としてプレミアムチェックインを利用できます。

空港での注意点として、ダイヤモンドメンバー以外の全ての有資格者さんは、彼女さん、親友さん、母娘旅、女子旅などの2人以上の旅行の際「ラウンジは同行者1名まで利用できますが、チェックインは対象者本人しかプレミアムチェックインを利用できません」のでご注意ください。

※カウンターの混雑状況などによっては柔軟な対応がされたとの話もよく耳にしますので、もしもの際には、近くにいるANAのスタッフの方に相談してみてください。



「スポンサーリンク」




ANA SUITE LOUNGEの体験記

ANA SUITE LOUNGEは国内線、国際線それぞれに複数個所あります。

自分が今後「体験したラウンジ」から順次更新していきます。

不定期な更新となりますのでたまにのぞきに来ていただければ嬉しいです。

 

ANA SUITE LOUNGE マップ

まずは簡単に、ANA SUITE LOUNGEがどこにあるのかピックアップしておきます。

  1. 国内線・羽田空港
  2. 国内線・新千歳空港
  3. 国内線・伊丹空港
  4. 国内線・福岡空港
  5. 国内線・那覇空港
  6. 国際線・羽田空港
  7. 国際線・成田空港
  8. 海外・ホノルル空港

以上、国内線5か所、国際線2か所、海外1か所の合計8か所確認できています。

ここでANA SUITE LOUNGEの最新ニュースをお届けしておきます↓↓

◆海外で唯一のANA SUITE LOUNGEであるダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル空港)のANA SUITE LOUNGEが2022年10月30日から営業再開しました。

↑↑私が7月にハワイに行った時にはまだ閉鎖していて、一般ラウンジ内にロープを張り「ここから先はSUITE LOUNGEのゲスト専用のスペースです」と仕切っていました。

上の赤い線の所にロープがはられていました↑↑

いよいよ再開は嬉しいです。

私がハワイに行ったのが2022年7月、この時はダイヤモンドメンバーを目指すつもりもなく他人事だったのですが・・・

なんとか自分がダイヤモンドメンバーののうちに一度は体験したいと思っています。

 

それではここからは私が実際に体験したラウンジ情報をリポートしていきます。

未公開のANAラウンジ情報についてはANA公式サイトをご覧ください。

 

ANA SUITE LOUNGE 羽田空港第二ターミナル(国内線)

ついにこの日がやってきました。

羽田空港国内線のラウンジは、ANA LOUNGEは3階、スイートラウンジは4階と言う事で、わざわざ4階まで見学にでも行かない限りは入口の雰囲気さえも分からない「未開の地」でした。

ちょっと恥ずかしくてこれまでは覗きに行く事さえできていませんでした。

 

いよいよ、このレッドカーペットの先に進んでいく日が来ました。

このカラーリング、初めての人間にとってはなかなかテンションの上がる素敵な演出・・・・こういうの嫌いじゃないです(笑)

 

エスカレーターを上がるとまずは受付のカウンター・・・クリスマスツリーに気をとられてカウンターの画像を撮影するのを忘れました。

 

受付を済ませエントランスはこんな感じ。

以前他社のファーストクラスラウンジを利用した際もそうでしたが、ステイタスのより高いスペースの入口やエントランスには、だいたい大きくて立派な鉢植えや、名前のよくわからない立派な花生けが飾られてますね。

 

まずは入ってすぐ右手にコンシェルジュデスク。

飛行機関連全般の事から、こちらにはシャワールームもありますのでそちらの予約、手配などなど、様々な相談に対応してくださいます。

通常のANAラウンジにも受付の方が数人いらっしゃって相談すれば色々と対応してくださいます。

SUITE LOUNGEでは利用者に対して対応するスタッフの人数も多く「より早く、よりきめの細かい対応が期待できるサービス体制」・・・とでもお伝えしておけば良いかな?と。

いよいよ入室します。

最初に感じたことは通常のANAラウンジよりもウッディ―で「より上質な空間コーディネート」といった印象。

全体的にモノトーンでより落ち着いた雰囲気で照明も心なしか照度を落としているような気がしたのですが・・・

 

高級ホテルのクラブラウンジやサロンと言った感じでしょうか?

 

ボキャブラリー不足で申し訳ないのですが、モダンでカッコいい空間・・・でした。

尚、リクライニングチェアーがあるのですが現在使用中止となっていました。

12月に利用した際には、いつもより少し遅い7時30分の飛行機でしたので、外も朝日が昇り始めANAの飛行機がたくさん見れました。

窓に向かって右手から朝日が昇ってきました。

羽田空港のANAラウンジは最高の立地ですね。

サンライズ好きにはたまりませんでした。

続いて、ドリンク、フードを見ていきます。

ソフトドリンク類については殆どANAラウンジと同じですので、ここではお酒の種類を見ていきます。

まずはビールでプレミアムモルツ。

そしてエビスビールもありました。

他に、ウイスキー、焼酎、ワイン

お馴染みのスナック。

更に日本酒と白ワインが冷蔵庫に入っています。

お酒好きの方もこれだけ自由に飲めるのであればかなりご満足ではないでしょうか?

私お酒が弱い方なので、これだけのお酒があると「酒が強かったら楽しかったろうな~」といつも思います。

 

そして「国内線のラウンジにも軽食がある」噂の真相。

ようやくお目にかかれました。

こちらのおにぎり、普通のおにぎりよりも一回り小さな「ひと口おにぎり」と言った感じ。

こちらには「ひじきご飯」と、「梅入りおにぎり」、中央を挟んで向こう側のカウンターには梅の代わりに「ツナマヨおにぎり」がおかれていました。

常時1日2種類が展開されているそうです。

更においなりさん。

しっかり味しみの美味しいおいなりさんでした。

パン類も3種類ほど

心なしかおにぎりの方が圧倒的に回転している印象でした。

こちらはメロンパンだったかな?

と言う事で私は梅のおにぎりとおいなりさんをいただきました。

これ美味しかったです(^^)

そしてこの小ぶりなサイズがとても良いです。

足りない人は量をたべれば腹具合は解決できます。

ここのおにぎりとおいなりさんはまた食べたいです!

 

そして上のお味噌汁はこちらの機械からお椀に入れます。

このシリーズけっこう好きです。

 

羽田空港国内線SUITE LOUNGEのを利用した感想

思っていたよりも軽食がしっかりしていた印象。

国内線はプレミアムクラス以外は機内の食事もありませんので、特に朝早い便だと、現地に到着するまで何も食べるチャンスが無かったりしますのでこのラウンジは凄く重宝しました。

そして室内の雰囲気もとても落ち着いていい感じでした。

ダイヤモンドメンバーの方・・・・たくさんいました。

 

ANA SUITE LOUNGE 羽田空港第二ターミナル インフォメーション

営業時間/5:15~最終便出発まで(基本的にANAの専用ラウンジですので、運行状況に連動して、必要な時間には営業していると言う認識で良いかと思います)

場所は羽田空港第二ターミナル本館南側4階

 

ANA SUITE LOUNGE 福岡空港2階

続いてのご紹介は九州の玄関口、福岡空港のANA SUITE LOUNGEです。

こちらプレミアムメンバーの入口がちょっと変わった風景。

2階の一画に、かたや重厚感ある木調で「いかにも」と言った高級感を漂わせる間口はJALの上級会員さん向けのチェックインカウンター。

 

木に金色のフレーム!高級感が前面にでていますね。

 

そしてそのお隣にご注目。

横並びで白を基調にモダンでシンプルな間口を構えるのがANA の入口。

 

プレミアムチェックインカウンターと優先保安検査レーンがくっついているタイプの「ANA PREMIUM CHECK-IN」。

私もまだまだ経験不足ですが、ここまで隣通しで大手2社のイメージカラーがはっきりとわかりやすく並んでいるのは初めて見ました。

 

そして保安レーンを抜けた先にあるANA SUITE LOUNGEへ!

ほんと、はじめてのおつかい状態できょろきょろしながら写真をたくさん撮りまくってました(汗)入場します。

羽田空港スイートラウンジでもそうなんですが、画像とっている方が一人もいなかったのでちょっと恥ずかしかったです(汗)・・・初心者なんでお許しください。

福岡空港のラウンジはコンパクトな印象。

これは単純に場所柄や空港の形状の問題かもしれないですね。

入口を入るとまず最初に目に入る正面の机とモニュメントは、ANAラウンジではすっかりお馴染みの風景ですね。

この右手に一人掛けソファ席が広がります。

殆ど席が埋まっていたので画像は撮れませんでした。

とにかく福岡空港は空港サイズと人の量のバランスが悪すぎるほど、もの凄い人人人・・・。

それではドリンクチェックに行きます。

まずはこちらのラウンジで目についたのがビールの種類。

1台目はプレミアムモルツと一番搾りプレミアム。

2台目はエビスビールとアサヒの熟撰。

どちらの機械も2種類ずつのビールで合計4種類のビールが楽しめます。

さらにハイボールの機械。

そしてその他のお酒たち。

左から2番目はなんだったろう?

忘れました。

そして冷蔵庫にはトマトジュースや牛乳とまじってお酒(笑)

つづいてお食事。

パン類は3種。

レーズンパン食べている人が多かった印象。

おにぎりはたらことカシワの2種。

羽田空港と違いサイズは小ぶりながら普通サイズ。

2個食べるとけっこうしっかりお腹にたまる感じです。

お味は淡泊な印象。

 

福岡空港国内線スイートラウンジを利用した感想

コンパクトで空間の雰囲気としてはあまりANAラウンジとの大きな違いは感じ取れませんでした。

お酒についてはANAラウンジを見ていないので比較ができずすみませんが、ビールが種類豊富でハイボールも他お酒類も揃って、お酒の好きな方にはかなり満足いくのではないでしょうか?

軽食についてはお好みかと。

空港内にはたくさんの飲食店やフードコートが密集していますのでお腹が空いているようでしたらそちらもご一考かと。

 

さっきの入口に続きここでもちょっと変わった風景を目にしました。

室内の窓の目の前には飛行機が最高のポジションで最高の眺めで見ることができます。

航空会社ラウンジの特権ともいえる「自社の飛行機が最もよく見える大きな窓」ここまではいつも通りなんですが・・・・見えたのはJALの飛行機でした・・・汗

ラウンジから出る時に解ったのですが、ラウンジを出てからANAの搭乗ゲートまでは左に少し歩きました。

空港の作り、歴史、場所柄からちょっと無理矢理この場所に作ったのかな?と言う印象でした。細かい大人の事情はわかりません。

ANA、JAL問わず飛行機好きにはたまらない、とても嬉しいくらい間近にど迫力で飛行機が見れる点は嬉しい限りです。

 

ANA SUITE LOUNGE 福岡・インフォメーション

営業時間/6:00~最終便出発まで(ANA専用ラウンジですので、運行状況に殉ずる)

場所/福岡空港2階出発ロビー階

地下鉄空港線から空港入りする場合には、改札でて一番右の2階直通エスカレーターをあがってすぐ目の前。

 

ANA SUITE LAUNGE 那覇空港

那覇空港スイートラウンジをリポートします(2022年12月25日更新)

沖縄は日本屈指のリゾート地であるとともに、SFC修行のメッカともいえる場所として、修行する人が最も多くお世話になる空港と言えるでしょう。

そして、こちらの那覇空港のラウンジは到着~すぐに折り返し出発する”タッチ修行”の際、いったん空港の外にでなくてもANAラウンジを利用できるので、プラチナ~ダイヤモンド修行をされる方も多数利用されているかと思います。

那覇空港のANAラウンジについてこちらの記事で詳しくご紹介しています。プレミアムチェックインからANAラウンジまでの大筋はこちらを参考にしていただければよくわかります↓↓

ANAプレミアムクラス初体験!食事に料金、全サービス完全ガイド「ANAプレミアムクラス」は旅行をアップグレードして楽しむことのできる一つの方法となりますので、旅行好き、旅行計画中の方には、ぜひ参考に...

 

さて、こちらではチェックインが終わって優先保安検査の入口からご案内していきます。

オンラインチェックインがすでにお済で、特に荷物預けのない方は、3階のプレミアムチェックインカウンターを通らずに、こちら2階の優先保安検査所に直接お進みいただけます。

中に入ると最初に保安検査を通過して進んでいきます。↑↑

こちらが保安検査レーンを抜けた先にあるANAラウンジの入口です↑↑

ここからカウンター向かって左側がANAラウンジ、右側がANA SUITEラウンジです。

カウンターはひとつながりなので、向かって右側のQRコードの読み取りにチケットをかざしてスイートラウンジの入場手続きをします。

この時、同行者がいる場合にはカウンターの人にお声をかけると同行者ありの手続き方法を教えてくれます。

手続きが終わったら右手側スイートラウンジへ!

いつも同じ画像の様ですが毎回その場その場で撮ってきています。

スイートラウンジを入るとまずはコンシェルジュデスクがあります。

スイートラウンジならではのサービスですね。

けっこう混んでまして、この一角しか空席の目立つエリアがありませんでした。

ラウンジ内ひろさはANAラウンジより少し小さいかな?

と言うくらいの印象。

色の感じが全体的にトーンダウンされてアダルトな雰囲気とでもいいましょうか(汗)

クッションがANAラウンジのものよりもちょっとカッコいい感じ?(少し光沢がある)

あとは何だろ・・・ソファのパーソナルスペースがより確保されている・・あってるかな?

細かくお知りになりたい方は、ANAの公式サイトで2つのラウンジの画像を比較してみてください。

 

続いて気になる飲食類を見ていきます。

まず一際目についたのがブルーシール・アイスクリームです!

紅イモ、チョコ、バニラ・・・だったかな

これは嬉しいですね!特に求めていませんでしたが食べちゃいました。

おにぎりは沖縄名物のじゅーしーと青菜と書かれていました。

青菜・・・・・

じゅーしーおにぎりが美味しかったです。

こちらが個人的なおすすめトリオです。

お酒もANAラウンジの定番に泡盛が仲間入り。

良くわかりませんが金色のラベルの泡盛・・・ご立派なものなのでしょうか?

恒例のビールを見ていきます。

アサヒプレミアム、プレミアムエビス、一番搾りプレミアム・・・プレミアムシリーズってこんなにあるんですね。

他に沖縄代表オリオンビール、そしてハイボール。

こちらが嬉しい沖縄3兄弟!

さんぴん茶、グアバジュース、シークアサージュース、どれも大好きな面々。

このラウンジは国内のスイートラウンジで一番好きな飲食ラインナップかと感じました。

 

那覇空港国内線スイートラウンジを利用した感想

正直ラウンジ内の雰囲気と言う点では小さな違いだけかな?と言う印象。

ここでもおなじみの「より良い」、「少し良い」と言う感じ。

ただ飲食品が強かったです。

正直、食べるものは那覇空港はおすすめがたくさんありますので外で済ませるのもお勧めですがアイス、ジュース、ビールに泡盛・・・この辺のラインナップが無料で楽しめるのはかなり強力だと感じました。

※那覇空港内のお食事はこちらも参考にしていただければ幸いです↓↓

那覇空港グルメ特集!空港マニアおすすめのレストラン最新版那覇空港にはたくさんの飲食店がひしめいています。今や大行列が当たり前の大人気店「ポーたま」を筆頭に、沖縄旅行の締めくくりで飛び立つ直前まで、沖縄の風を感じる郷土料理を食せるお店がたくさんあります。こちらの記事では私が2022年以降に訪れた「那覇空港グルメの最新おすすめ情報」をお届けします。...

 

個人的にはたっぷり時間が有ったら、空港内でお食事して、デザートや飲み物はスイートラウンジでゆっくりいただく・・・そんな時間が過ごせたら贅沢な空港時間かなと思いました。

 

ANA SUITE LOUNGE 那覇空港・インフォメーション

営業時間:6:05~最終便まで

ラウンジの場所:国内線ターミナル 2F出発口C横

那覇空港のチェックインカウンター(プレミアムも一緒)は3階にあります。荷物預けのある方は3階プレミアムチェックインカウンターで手続きを済ませ、更に国際線よりのエスカレーターを2階に降りてラウンジに向かいます。

詳しくはこちらを参考にしていただければわかりやすいかと↓↓

ANAプレミアムクラス初体験!食事に料金、全サービス完全ガイド「ANAプレミアムクラス」は旅行をアップグレードして楽しむことのできる一つの方法となりますので、旅行好き、旅行計画中の方には、ぜひ参考に...

今後も新しく行ったこののないラウンジを利用したら更新していきます。


それでは最後に、ラウンジ利用の確認事項を再チェックしておきます。

気になる方は、頭の片隅にでも記憶しておいていただければ宜しいかと思います。

ANA SUITE LOUNGEを利用できる条件

◆国内線

ANAグループ運航便に搭乗、コードシェア便にANA便名で搭乗のANAダイヤモンドメンバーと同一便に搭乗の同行者1名。

◆国際線

ANAまたは他スターアライアンス加盟航空会社運航便を利用の、ANA「ダイヤモンドサービス」メンバー、および同一便でご出発のご同行者様1名様

ANAまたは他スターアライアンス加盟航空会社運航便をファーストクラスで利用のゲスト、およびANAまたは他スターアライアンス加盟航空会社運航便に搭乗の同行者1名

ANA SUITE LOUNGEのいいなと思える点として、スターアライアンス加盟航空会社運行便のファーストクラス搭乗でも利用できる点です。

逆の立場として、例えば、ANAのファーストクラスに搭乗して他国に行っても、現地の指定ラウンジは利用できますが、現地指定ラウンジの上位互換である「ファーストクラス・ラウンジ」は利用できないことがほとんどです。

早く国際線のANAスイートラウンジに行ってみたいです!!!

 

ダイヤモンドメンバー「2023年選択式特典」申込みしました。

ダイヤモンドメンバーになったら一番といっていいほど楽しみにしていたのが「選択式特典」です。

こちらは郵便と、スマホのメールの方に同様の内容が送られてきました。

こんなメールです。

2023年度ANAダイヤモンドメンバー「選択式特典」内容

2023年度の内容はこちら

  1. ANAスカイコイン:60,000コイン
  2. アップグレードポイント:12ポイント
  3. IHG,ANAホテルズグループ宿泊、お食事コース4万円分(5000円クーポン×8枚)
  4. 上質なレストランコース:厳選レストランから1店舗ペアご招待
  5. ギフトセレクション:WEBカタログからお好きなアイテム1品進呈
  6. ANA SUITE LOUNGE利用券6枚(本人同伴じゃなくても使える券です)
  7. ANA機内販売、その他指定販売店でのクーポン4万円分
  8. A-styleお買い物用電子クーポン4万円分+ANA SKYコイン2万円分
  9. 自然再生:沖縄恩納村の海にサンゴ20本植え付け

①~⑦の選択の場合には、それとは別にANA SJYコイン20,000コインか、4アップグレードポイントがもらえます。

※訂正↑↑7つじゃなくて「9つの項目の解説」ですね。

この豪華な選択がしたくてダイヤ目指して頑張ったといっても過言ではありません!

③、⑦、⑧などみると、だいたい金額の価値観としては4万円位がひとつの基準値になっている様ですね。

④とか⑤とかどんなレストランがあるのか?とか、WEBカタログの内容とかきになったのですが、ちょっと私は観ることができませんでした。

どうやったら見れるんだろう??

わからない事ばかりですが、迷ったり探したりしている時間がとても楽しいです。

私は①のSKYコイン60,000コインを申込み、+プレゼントもSKYコイン20,000コインを申し込みました。

定番すぎて発表するまでもないんですが・・・(汗)

だって両方合わせて80,000スカイコインですよ!?

その他の注目ポイント

選択式特典の他にもいくつか記載がありましたのでご紹介します。

各ステイタス限定のネームタグ

まずはこちら↓

ダイヤモンドメンバー限定のネームタグです。

私は何度もダイヤモンドを防衛することはできないと思いますので、今回の記念に是非1つは欲しかったので応募しました。

あと気になったのはライフタイムマイルのネームタグがいっぱいある事です。たまにANAラウンジで見かけていましたがしっかり条件まで見たのは初めてでした。

将来この中の一つくらいは手にすることがあるんですかね~・・しみじみ

 

カレンダー&ダイアリー

ちょっと私が勉強不足だったのがこちらです。

私の今のステイタスは「ダイヤモンドサービス・事前サービス」中なんです。

と言う事で、ダイヤモンドメンバーの本会員になる2023年4月1日~7月くらいまでに通知がきて、そこで申込みをすると2024年度版の卓上カレンダーとダイアリーをもらえる事になります。

と言う事で、今回きたメールの内容は今の時点では私には関係のないものでした。

これは是非欲しいんです。

 

男を磨く券

私が勝手に名づけただけなのですが、これは全プレミアムメンバー向けのANAセレクトなのでご覧になった事のある方が多いと思います。

ステイタスを手に入れたら身だしなみも上級になるべし!

と言ういい教訓になりました。

いつかスーツの仕立てに15万マイルをポン!とだせる器になりたいですね。

それぞれ価値観は違えど、こういうご褒美があると「ダイヤモンドを目指して良かったな~」と実感します。

 

2023年ANA夏季ダイヤの先行販売がいよいよ発表

すでに皆様チェックされているかと思いますが、いよいよ夏季ダイヤの先行販売が1月24日からスタートしますね。

修行中にはスーパーバリュープレミアム28に注目していましたが、今回はいっしょにマイル割、国内線特典航空券に注目しています。

このダイヤとその他メンバーさんの90分の差。

ダイヤモンドメンバー同士の争奪戦みたいになるとのんびり屋の私は分が悪いですが、それでも、ダイヤ以外のメンバーさん達よりは90分も先にスタートできるのでなんとか良い航空券をゲットしたいですね。

だいたい人気路線、人気時期ってどうしても皆さん集中してしまいがちですので、この先行販売はダイヤモンドサービスの中でも特に、とても楽しみにしているイベントです。

 

預け荷物の優先タグ。国際線と国内線の違い

とても小さな気づきですが・・・私はここ数年、国内線のフライトで荷物を預けたことがありませんでした。

と言う事で今更気づいた事です。

国際線の場合ですと荷物を預けると「Priority」と書かれたオレンジ色のタグがつけられ、現地に到着してターンテーブルから流れてくる荷物が優先して最初の方に流れてきます。

で、この前、ANAのプレミアム会員になって初めて国内線で荷物を預けたところ、プライオリティーのタグではなく「FIRST」と書かれたタグが巻かれました。

もちろん扱いは「Priority」の時と変わらず優先的に荷物が流れてきますが、なんとも初めての事なので「FIRST」と書かれているタグがとても嬉しく感じました。

思わずその場で写メ撮っちゃいました!笑

上に書いた通りこれまで国内線で荷物を預けていないので、プラチナメンバーだとどんなタグがつくのかわかりません。

国際線ではプラチナもダイヤも「Priority」で荷物の出てくる優先順位は変わりませんが、国内線ではどうなんでしょうか?・・・

ちょっと嬉しかったご報告でした。

 

優先搭乗Group1

ついにこの日がやってきました。

いろんな所をよく見るとGroup1の文字が目に入ってきます。

まあここはただの自己満足です(笑)

いよいよグループ1からの入場です。

まずダイヤになる少し前から感じていたのですが、グループ2もかなり行列になる、と言う事です。

あとちょっと面白かったのは、グループ2の方では早々に10人くらい列を作っていたのですが、グループ1にはひとりも並ばず、なんとなく入口近くに人がまばらに集まっていました。

そして「グループ1」の放送があると、なんとなくぱらぱらと集まってきて最優先に搭乗して行かれていました。

何も知らずに、あやうくグループ1の一番先頭に張り切って並んでしまいそうでした(^^)

まあ初心者ですから・・・慣れるまでは色々あります。

それもまた楽しいんですよね!

 

電話が繋がりやすくなるって本当?電話対応で感じた事

まずは結論から「Yes」です。

来年の海外渡航についての諸々ご相談、問い合わせで何度かお電話する機会がありましたがすべて10分以内に繋がりました。

1度は電話の段取りを間違えていたらしくプラチナデスクとして40分以上待つことがありましたが、そのあとすぐにダイヤモンドデスクに所定の操作でかけ直したところ、ものの5分で通じました。

ダイヤモンド専用デスクにかかっている、とか、ダイヤモンド専門のオペレーターさんにかかっている、とか細かい内部的なシステムの事は知りませんが、会員番号と電話用暗証番号を入力することで「電話口本人がダイヤモンドメンバーである」と認識された時点で電話の優先順位が最上位まで上がってくる・・・と言った形の様です。

そこで「待たされた」と言う事があれば、それはダイヤモンドメンバーさんの中でも順番待ちが発生している状況です。

 

ダイヤモンドデスクらしさを感じた出来事

席の空き状況をきくと「申し訳ありません、あいにく現在エコノミークラスしか空席を探すことができません」と言われます。

そう、基本的にお客様のニーズが「ファーストクラスやビジネスクラスからの紹介ありき」となっているのですね。

私はこれまで座席クラスにあまりこだわりがなく、とにかく海外にたくさんいきたい!が先行しており、行った先の国でのホテルや食事などにウェイトを置きたいと考える派でした。

今回ダイヤモンドメンバーになった事をいい機会に、これからは飛行機の座席に対する意識も少しアップグレードしていきたいと感じました。

・・・と、意識をアップグレードしたからと言って、じゃんじゃんビジネスクラスやファーストクラスにのれてしまうほど豊かである・・・と言うわけでは決してありません(汗)

 

ANAから封筒が送られてきました

ポストに封筒が到着したのがアプリの画面がダイヤに切り替わってから9日後でした。

一度プラチナの時に体験していましたのでだいたい想像がついてはいましたが、やっぱり顔は笑ってました。

 

はい!こちらです。

遂にダイヤモンドのカードが届きました。

何の不満もないのですが、実は個人的にはプラチナのカードのキラキラ感がちょっと気に入っています・・・・余談です。

 

裏面にはずらっとダイヤモンドサービスの一覧、特典が日本語と英語で書きだされています。

とまあ、こんな感じで無事にダイヤモンドメンバーの事前サービスが形となって実感できました!と言うご報告でした。

 

今回はここまで。最終更新日と次回予告

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

最終更新日は2022年12月28日。

今日の所はここまでです。

直近で来年度の選択式特典についてのメールが送られてきましたので、その解説も近日中に公開していきます。

この先2024年3月までに様々な経験を積んで、体験ごとに新しい情報を公開していきますのでよろしければ1年越しでお楽しみいただければ嬉しいです。

次回は12月後半に国内旅行が1本、また、ダイヤモンドのメンバーカードもプラチナの時の様に届くんですかね??

また進展がありしだいアップデートしていきます。

それでは楽しいご旅行を!

※今回はANAダイヤモンドサービスについてのお話し。ANAプラチナサービスについてはこちらの記事にたっぷりまとめてありますので是非参考になさってください↓↓

ANAプラチナメンバーとSFCカードの特典を比較、魅力を徹底検証ANAマイレージクラブの上級会員サービスを徹底検証。まずはブロンズとプラチナの比較。続いてプラチナとSFCカードの相違点、メリット、デメリットを検証。多くの人が目標として挑戦しつづけている「SFC修行」そのプロセスと修行にかりたてるSFCの魅力をひも解いてご紹介していきます。...