タイ

はじめてのサムイ島旅行のブログ 「サムイ島ってどんな島?」

tabinosuke~世界百周~のブログを本格的に稼働したのが1年2か月ほど前になります。

今回は2020年最初の記事となりますので、番外編として、ブログをを始める少し前の2018年春に訪れたタイのリゾート・サムイ島の旅行記をお届けしていこうと思います。

ブログを始めることなど考えもしていなかった時の旅行のため、細かい情報や、画像、お役立ち情報のメモや資料があまりありませんので、備忘録に綴るような内容ですが画像を中心にお届けします。

ご興味ありましたらお付き合いください。

※第一話ではサムイ島の簡単なご案内とサムイ島までの行き方をご案内していきます。

 

※第二話ではサムイ島での「宿泊記」を詳しくお届けしています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コンラッドコサムイ旅行記 岩壁の絶景、究極のお籠り旅行を満喫こんにちは、旅行大好きtabinosukeです。 2020年最初のブログと言うことで、ブログを始める前に訪れたサムイ島の旅行記をご...

 

それでは「サムイ島ってどんな島?」さっそく見ていきましょう。



「スポンサーリンク」




サムイ島ってどんな所?

タイのリゾートアイランド「サムイ島」とは?

サムイ島ってどこにあるの?

まずは簡単な地図から見ていきましょう。


出典:Google map

タイの南東部に浮かぶ小さな常夏のリゾート島です。

別名「ココナッツ(ヤシの木)アイランド」と呼ばれるほど、いたるところにヤシの木を見ることができます。


空港はとてもローカル。

 

サムイ島にはどんなホテルがあるの?

タイの楽園リゾートと言えば真っ先に名前があがってくるのがプーケット島。

プーケットに続くリゾートアイランドとして注目を集めているサムイ島にはどんなホテルがあるのでしょう


バンヤンツリー、トンサイベイ、コンラッド、リッツカールトン、シックスセンシズ、アナンタラ、フォーシーズンズ、SALA Samui Chaweng,インターコンチネンタル、ルネッサンス、W・・・これだけ聞いただけでも、そうそうたる人気ホテルが集結していることがお分かりいただけると思います。

ほかにも大、小、数えきれないほどのホテルがあります。


出典:タイ政府観光庁HP

サムイ島の数あるホテルの中でも圧倒的な人気を誇るバンヤンツリー・サムイ

 


出典:シックスセンシズ・サムイ公式

ラグジュアリーでスタイリッシュ。

世界中のリゾートで注目を集めるシックスセンシズ。

 


出典:ザ・リッツカールトン・コサムイ

2017年にはワールドブランド”リッツカールトン”が開業

名前を聞いただけでも泊まりたくなるようなホテルがずらり

ワクワクしてきます。

 

サムイ島のビーチは?

海に囲まれた島ですので、島の各方面にビーチが点在しています。


チャウエンビーチは約7キロにわたって続く、サムイ島で最もにぎわう人気ビーチ。

観光客と地元の人たちがごちゃ混ぜで楽しんでいます。

 


海の色がきれいですね。

Lamaiビーチは白砂のビーチにきれいな海で人気のビーチです。

 

サムイ島には素敵なホテルがたくさんあります!

ホテル予約サイトでサムイ島のホテル、宿泊料金、口コミなどを見てみる↓↓



ブッキングドットコム

掲載ホテル数は世界No.1。たくさんの選択肢の中から選びたい人にお薦め!「料金は現地払い」の取り扱い数が多いのも特徴です。サポートがとても良かったです。

 

エクスペディア

世界最大のオンライン旅行会社。旅行に必要な様々な要望をまとめて解決!「航空券+ホテルをセットで予約するとホテル代が最大全額off」は今やエクスペディアの代名詞。サポートがとても良かったです。

エクスペディアでサムイ島のホテル情報を見てみる。

ホテルズドットコム

エクスペディアグループ。ホテル予約に特化した予約サイトです。テレビCMですっかりお馴染み「10泊泊まると1泊無料」。旅行、出張と年間でのホテル宿泊が多い人には特におすすめです。

ホテルズドットコムでサムイ島のホテル情報を見てみる

 

アゴダ

取扱い数が多く、数百円の違いではあるが多くのホテルで「最安値はアゴダ」であることが多い。特にアジア圏には独自のルートを持ち驚くほど一社だけダントツに安いケースがある。要チェック!サポートはとても丁寧でした。

アゴダでサムイ島のホテル情報を見てみる

 

サムイ島を選んだ理由は?

サムイ島はプーケット島、ピピ島などと共に、タイの人気リゾートとして、ヨーロッパやアジア圏を中心に、世界中のリゾート好きなトラベラーが集まる人気スポットとして有名です。

私がサムイ島を初めてみたのは2012年でした。

 

私がサムイ島を選んだ理由は?

ネットで世界の秘境、一度は行ってみたい楽園・・そんな特集を目にした時にどうしても行ってみたいホテルを発見!

 


そこを色々調べた結果、サムイ島であることがわかり、いつか必ず行ってみようと思い続けていました。

すごく単純な理由でした。



「スポンサーリンク」




サムイ島の気候は?


一年を通して暖かく、年間通して半袖ですごせる温暖な陽気です。

タイのリゾートの中でも天候が比較的安定している点がサムイ島の人気の要因の一つです。

季節は?

年間通して乾季と雨季に分類されます。

乾季:12月~5月

11月~12月 本雨季と言われるくらいは激しい雨が降りやすく、旅行に行くには適さない時期と言われています。

12月後半くらい~2月 本雨季がすぎ2月くらいまでは、雨が少なく気温も30度前後と非常にすごしやすいと言われる時期でサムイ島の繁忙期と言われています。

2月後半から5月の雨季の入りくらいまでは一年で最も暑く、殆ど雨の降らない「夏」となり海遊びのシーズン到来!日差しが強く「海が最も美しく見えるシーズン」と言われています。

雨季:5月中旬~11月末


雨季の入りに激しい雨が降りやすく一時的に不安定な天候になりますが、雨季と言っても6月~10月は穏やかで雨が少ない天候が続きやすくなります。

 

****************

私たちがサムイ島に行った時期は?

5月の末~6月にかけて2泊3日で行ってきました。

暦では雨季の入りをすぎて過ごしやすい、雨の少ない安定したシーズンと言われていましたが、あいにく2泊3日でほとんどの時間、どんよりと厚い雲に覆われていました。

****************

 

5月末~6月前半はtabinosukeにとっての旅行ベストシーズン?

私は盆、暮れ、正月、GWなどは混雑も激しく、各種旅行にかかる費用も跳ね上がって高くなるため、毎年少しシーズンをずらして休みを取るようにしています。

tabinosuke
tabinosuke
GW空け~6月はちょうどGWと夏休みシーズンの谷間にあたりますので、比較的どこのリゾートも混雑が緩和され、予約もとりやすく、料金もグッとお安くリーズナブルに利用できるケースが多いです。

 

サムイ島までの行き方は?

ここからは、私が乗り継いだ飛行機のご紹介とともに、日本からサムイ島への行き方をご案内していきます。


日本からはタイのバンコク経由で、国内線に乗り継いでサムイ島まで行くのが一般的です。

tabinosuke
tabinosuke
私が利用した飛行機は?

ANAの羽田発バンコク行きの飛行機に乗りました。

0:05羽田発~4:35バンコク着

バンコクのスワンナプーム国際空港に降り立ったのは初めてでした。

とにかく広い!

きょろきょろと迷いながら歩く事20分くらいでようやく国内線の入口に到着


いったん場所を確認したら、乗り継ぎまで2時間以上あったので空港のフードコートで腹ごしらえ。

 


大好きなグリーンカレーを注文。

タイ料理屋さんでは何度も食べてきましたが本場で食べるのは初めて!

やっぱり美味しかったです。

ただし!!!

ご飯の上にのせている玉子焼きが強烈に塩しょっぱいんです。

この後も何度もグリーンカレーを食べたのですが、やはり玉子焼きが強烈にしょっぱかったんです。

お国柄なんですね。

 

次回は「塩を少なくしてください」「塩を入れないでください」という現地の言葉を覚えていこうと思いました。

 


いよいよ出発です。

 


ほんの1時間ほどのフライトでしたが軽食とお水がでてきて嬉しかったです。

 


色々な国の皆さんが続々と乗ってきました。

 

tabinosuke
tabinosuke
バンコクからサムイ島まではタイ国際航空を利用しました。

この時はANAの特典航空券を利用し、スターアライアンスの乗り継ぎでサムイ島までチケットをとることができました。

38,000マイルでした。

現在はタイ国際航空がバンコク~サムイの便を減らす(なくす?)方向のため、ANAでは特典航空券ではバンコクまでしかチケットは獲れないそうです。

一般の航空券ですとANAもJALも、バンコクからはバンコクエアウェイズを利用する航空券を案内しています。

シーズンにもよりますが羽田空港~サムイ島の往復でだいたい8万円前後でした。

※バンコク~サムイ往復のチケットを単独で購入すると非常に割高です。

【日本→バンコク→サムイ行き】の往復チケットを購入すると割安になります。

 

サムイ島はまだまだ発展途上のリゾートなので旅行会社によって扱い規模がだいぶ異なりますね。

サムイ島のツアー、宿泊プランを比較してみる↓↓

 

楽天トラベル

楽天グループの旅行サイト。もちろん楽天ポイントがたまりますので利用価値は無限ですね。オリジナリティー溢れる数々のツアーが大人気です。

サムイ島の宿泊プランを見てみる

H.I.S

世界中に張り巡らされた自社のネットワークにより、業界屈指の取扱量、情報量を誇り、さらに旅行先でもH.I.Sのスタッフによるフォローで旅のお手伝い。

サムイ島ツアー、宿泊プランを見てみる

近畿日本ツーリスト

国内では圧倒的な実績と信頼を積み上げてきた近ツリブランド。海外ツアーでも魅力的なプランが多数用意されています。

サムイ島のツアーを見てみる

 



JTB

経験豊富なスタッフ、長年の実績と信頼、世界中に広がるネットワーク。海外ツアー旅行の際には必ず目を通しておきたいですね。

サムイ島ツアー、ホテル情報を見てみる

こちらはとても分かりやすく見やすいページ構成です。



エアトリ

ホテル予約からツアーまで幅広く取り扱うエアトリ。「海外航空券+ホテル」のセット予約でMAX12万円OFFのキャンペーン中。最安値にとことんフォーカス。

エアトリでサムイ島のホテル情報、ツアー情報を見てみる

あなたの目的に合ったプランを探して見てください!

 

サムイ島に到着~ホテルへ

ようやくサムイの空港に到着しました。

 


小さなローカルの空港でした。

 


飛行機を降りると、むわっとした蒸し暑い陽気でした。

 


バスに乗って到着ロビーへ

空港はとにかくローカルな雰囲気と、屋根だけの空間に扇風機だけの蒸し暑い空間でした。

空港からはホテルの送迎車をお願いしていました。

ワンボックス車にのってホテルに直行しました。

 

第一話はこれで終了します。

今回泊まったホテルは6年越しで憧れ続けた岸壁の絶景ホテル「コンラッド・コサムイ」。

※第二話では「コンラッド・コサムイ」での宿泊記をたっぷりご紹介していきます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コンラッドコサムイ旅行記 岩壁の絶景、究極のお籠り旅行を満喫こんにちは、旅行大好きtabinosukeです。 2020年最初のブログと言うことで、ブログを始める前に訪れたサムイ島の旅行記をご...

 



「スポンサーリンク」