東京

リッツカールトン東京宿泊記 記憶に刻まれたラグジュアリーな体験 2020

2020年最初の旅行は東京・六本木にあるザ・リッツ・カールトン東京(以下リッツカールトン東京と表記)に行ってきました。

東京住みと言う事で、旅行というよりは趣味の「ホテル巡り」として、かねてから行こう行こうと言いながら先延ばしになっていたリッツカールトン東京を、今年最初の宿泊先に選びました。

初めてということで、まずは一番シンプルなお部屋を予約

「初めてのリッツカールトン東京、感想と満足度」をリポートします。

それではご覧ください。



「スポンサーリンク」




ザ・リッツ・カールトンとは


ザ・リッツ・カールトンはマリオットグループが世界規模で展開しているホテルブランドの一つ。

「世界最高峰のホスピタリティー」「究極のホスピタリティー」など、ホテル業界の中でも世界トップクラスのおもてなしと言われています。

 

日本でのリッツカールトン


日本では1997年に大阪のリッツカールトンが第一号としてスタートしました。

現在日本では大阪、東京、沖縄、京都の4か所で展開

 

リッツカールトン東京とは?

今回訪れたのは【ザ・リッツ・カールトン東京】です。


東京でも有数の観光スポットであり、大人気エリアでもある六本木”東京ミッドタウン”の45階~53階までの高層フロアにあるホテル

 


こちらは東京ミッドタウン全体の画像

 


東京ミッドタウンの最も眺望の美しい上層階9フロアに、リッツカールトン東京があります。

 

今回の予約内容は?

デラックス・キング・ルーム

予約サイトを利用して一番ベーシックな部屋を予約しました。

tabinosuke
tabinosuke
今回かかった料金は?

今回はホテル予約サイトのBooking.comを通して、朝食付き、変更不可のプランを予約、サービス料や税金などすべて込みで72,749円でした。

リッツカールトン東京の宿泊料金はベーシックなお部屋で、平均的にみても10~15万が一般的です。

細かい理由はわかりませんが、2月は一年の中でも比較的お得な料金プランで宿泊できるチャンスの多いシーズンの様です。

2020年9月中旬にザ・リッツカールトン東京のクラブフロアに宿泊してきました。ラウンジの様子など最新情報を詳しくご紹介しています。

リッツカールトン東京クラブフロア&ラウンジ初体験のブログ2020年9月中旬にリッツカールトン東京に宿泊してきました。 今回の宿泊では憧れの「クラブフロア」を予約し、クラブラウンジを堪能し...

 

リッツカールトン東京お勧めの予約方法は?

2021年12月現在のお勧め予約方法はこちらです。

リッツカールトン・ホテルを利用の際には「マリオットボンヴォイ・アメックス・プレミアム・カード」を利用して、マリオットのゴールドエリート特典のサービスを受けるのが特にお勧めです。

マリオットボンヴォイ・アメックス豪華特典とポテンシャル完全ガイド2022年2月24日に新しく登場したマリオットボンヴォイ®・アメリカン・エキスプレス®・カードを徹底検証! と言う事で、豪華特典や...

マリオットボンヴォイ・アメックス・プレミアムカードを保有するだけでマリオットの上級会員「ゴールドエリート」の資格を獲得できて、様々なエリート特典サービスを受ける事ができます。


予約の際にはリッツカールトン東京の公式サイト内の料金カレンダーを参考にしています。

公式サイトで宿泊料金を比較

 

他に、国内ホテルですと一休ドットコムや楽天トラベルが安定して最安値付近の値段をご案内しています。楽天経済圏でポイントを貯めている方、一休ドットコムの会員ステイタスをお持ちの方はこちらから検索してみてください。

◆楽天トラベルでリッツカールトン東京の宿泊料金を見てみる方はこちら

◆一休ドットコムでリッツカールトン東京の宿泊料金を見てみる方はこちら

それでは本編をお楽しみください。

 

到着~チェックイン

それでは宿泊記録を順をおってお届けしていきます。


東京ミッドタウンの裏側に車寄せがあります。

こちらで荷物を預かっていただき45階のフロントに向かいます。

 


普段は表通り沿いから入り、東京ミッドタウンで用足し事が多く、今回は見慣れない景色からの入場で新鮮でした。

 


館内のいたるところにこのパネル案内がありますのでわかりやすかったです。

エレベーターで45階へ

 


こちらが45階のエレベーターホールです。

いよいよ入場

 


高い天井

目の前には左右に大きく広がるロビーラウンジ

解放感があり、ゆったりとしている素敵な空間です

 


いちばん奥がフロントですが、すぐ左のこちらのデスクにも3人ほどスタッフの方がいらっしゃり、宿泊客のサポートをしてくださっていました。

 

チェックイン完了 お部屋へ

チェックインが終わると、今度は女性の着物を着たスタッフの方がお部屋まで案内してくださいました。


エレベーターを降りると、照明がかなり抑えられた静かな廊下を進みます。

 


今回ご案内いただいたお部屋は4826号室です。

 


ルームキーに大きくTOKYOと書かれているのが印象的でした。

 

お部屋からの景観は?

48階からの眺望をご覧ください。


こちらは左手に青山墓地、先に新国立競技場、そしてその向こうに新宿ドコモタワーや東京都庁など高層ビル群を見ることができます。

 


窓際は台の様になっていて、乗り出すと左右にかなり奥のほうまで眺めることができます。

目の前に視界を遮るビルなどもなく、最高の解放感でした。

お部屋の設備は?

続いて部屋の中を見ていきましょう。


シックでとても落ち着いた内装

 


入口を入ると右手にバスルームがあります。

 


通路の脇にこちらの棚が置かれています。

冷蔵庫や食器類はこちらです。

 


大好きなヨックモックが置いてありました。

 


お水のペットボトルは最初に2本入っていますが、お願いすれば追加を持ってきてくださいます。

 


ネスプレッソ、最近は殆どのホテルで見かけるようになりました。

珈琲好きにはとても嬉しいサービスです。

 


ホットドリンクのティーパックも各種

 


一番下の奥には、予備のお水が更に2本おいてありました。

 


冷蔵庫の中はルームサービスが目いっぱい入っています。

料金はいわゆる「ホテル価格」です。

 


ソフトドリンクも充実しています

 


室内はとても広々としていて、ゆったりとくつろげます。

右手にはデスク、窓際には一人掛けのソファーと丸テーブル

 


クローゼットはテレビを挟んで左右に2つ。

 


今回初めてリッツカールトンのパジャマを着てみました。

 


セーフティーボックスは引き出しの中に

 


スリッパ、バスローブ

 


さて、気になる電気周りですがまずはデスクの脇に一通り

 


USBのポートはこちらに一つと、両ベッドサイドに一つずつ

 


デスク周りの他には、片側のベットサイドテーブルの脇の部分にこちらの電源が一つありました。

 


こちらで電源、カーテンの開閉などの操作ができます。

 

浴室、アメニティーは?

浴室を見ていきます。

鏡が多く、自分が写ってしまうので画像少なめです。

 


とても広々としています。

洗面台は2つ。

中心の洗面台を挟んで両脇にシャワールームとお手洗いがあります。

 


バスタブも一人なら余裕のサイズです。

 


シャワールームです。

 


アメニティーはもちろんAsprey

 


お手洗いもゆったり。

快適でした。

お部屋の感想

解放感ある眺望はずっと眺めていられるほどのお気に入りです。

部屋は広々して、とてもゆったりできる空間でした。

ドレッシングルーム全体がとても大きく、またクローゼットも2つ、何事も余裕のある空間がとても居心地良かったです。

電気周りについてはすでに10年以上たっていると言う事で最新ではないものの、二人で利用する部屋としては、必要な設備はすべてそろっていると思います。

ベットも寝心地よく、横になったままベッドの上からも夜景が見えるところも、リッツカールトンならではのポイントではないでしょうか。



「スポンサーリンク」




46階のプールの様子は?

一息ついたところで日が暮れる前に急いで向かったのが46階にある通称「天空のサンクチュアリ」と呼ばれているフィットネスエリアです。

宿泊者はこちらのプールやお隣のフィットネスセンターなど自由に利用することが出来ます。


46階のエレベーターを降りると、すぐ左が受付になります。

 


とても快適なプールです。

46階プールについては、プールだけを詳しくご紹介した記事をアップしましたので、是非ご覧ください。

プールと共にとても人気の「天空に浮かぶジェットバスからの風景」を画像付きで詳しくご紹介しています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

リッツカールトン東京 泊まったら是非行きたい!天空のプールとは?2020年2月、今年初めてのホテル巡りとして東京・六本木にあるザ・リッツ・カールトン東京(以下、リッツカールトン東京と表記します)に宿泊...

 

朝食は45階「タワーズ」でブッフェ

続いてのご紹介は宿泊のプランに含まれてくる朝食。

朝食は45階のレストラン「タワーズ」でブッフェをいただきます。


実はリッツカールトン東京に泊まるきっかけになったのがこちらの朝食でした。

以前何度か電話で朝食の予約を試みたのですが「宿泊者優先で空きがあれば」と言われたのちに「ただいま調べましたが、しばらく先まで空きがありません」と言われたことがありました。

そんなこともありとても楽しみにしていた朝食でした。

モーニングコーヒー・サービス


朝食は6:30から

少し早い6:15くらいにロビーフロアに到着し、写真をとったりくつろいでいました。

上の画像は、エレベーターフロアの脇に用意されていたテーブルです。

嬉しいモーニング・コーヒーのサービスですね。(現在、感染症予防対策としてサービスが停止されている可能性が有ります)

こちらリッツカールトン東京ではフリーのモーニングサービス・コーヒーがネスプレッソでした。

嬉しい!

更に手前の白い包みにはクロワッサンが入っていたんです。

ちょっとお腹が空いたので一ついただきました、美味しい!!

そんな事をしているうちにあっという間に開店です。

 

「TOWERS」開店


6:30になりいよいよ楽しみにしていた朝食ブッフェをいただきます。

TOWERS朝食のメニューや中の風景、最高の景色のお席、など細かく、詳しくリポートした記事をアップしましたので是非ご覧ください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

リッツカールトン東京の朝食「タワーズ」人気の理由は?体験ブログ2020年2月、今年初めてのホテル巡りとして東京・六本木にあるザ・リッツ・カールトン東京(以下、リッツカールトン東京と表記します)に宿泊...

 

53階クラブラウンジの朝食はじめ5回のフードプレゼンテーションの最新情報をご紹介しています(2020年9月18日更新)

リッツカールトン東京クラブラウンジの食事メニューが一新!感想は?全国的にブッフェ形式休止の中、リッツカールトン東京のクラブラウンジでのお食事スタイルも従来に比べ変化があったのでしょうか? 202...

 

ホテル内の様子

リッツカールトン東京は入口を入ったところから、全体が、どこを切り取っても絵になるラグジュアリーでとても雰囲気のある空間でした。

所々で素敵な画像が撮れましたのでご紹介させていただきます。


こちらは下の入口からあがってくるエレベーターを降りたところのエレベーターホールです。

 


こちらが宿泊専用エレベーターのホール

 


部屋から降りてきた時の45階の風景

館内では所々にきれいな花生けが飾られていました。

 


高い天井にシャンデリア

 


こちらはエレベーターホールをでて、フロントと反対側の左側の花生けです。

左の奥には有名な和食レストラン

右の奥には「The Bar」があり、カウンターから夜景を見ることができる素敵な空間です。

 


ロビーラウンジはいつも賑わっていました。

この画像は朝食前の6:20頃に撮影

 

 


ウェイティングのソファ

 


高層フロアーにこれだけ解放感のある空間を初めて見たときは驚きました。

 


こちらは1階の車寄せの所から入ってすぐの所に飾られていたお花です。

1泊2日の東京旅行、とても記憶に残るラグジュアリーな体験ができました。

 

INFORMATION

ザ・リッツ・カールトン東京

〒107-6245
東京都港区赤坂9-7-1
東京ミッドタウン 45階~53階
電話:03-3423-8000

 

 

リッツカールトン東京に初めて泊まった感想

最後に個人的に感じたことをまとめます

【感 想】

お部屋は?
ゆったり広々として落ち着いた空間、素晴らしい眺望、とても満足しました。

プールは?
とても気に入りました。特にジェットバス(ジャグジー)が最高です。

朝食は?
眺望、食事、スタッフの方の対応、どれもとても満足度が高く、気持ちの良い朝をすごすことが出来ました。

あまりに月並みな言葉ばかりですが、シンプルに満足した結果です。

今回は、「タワーズの朝食を体験する事」また、個人的に祝い事があったので「部屋で夜景でも見ながらゆっくり飲んでお祝いする事」、この二つの目的があってリッツに泊まりに行きました。

部屋からの夜景も、タワーズの朝食も、とても楽しむことが出来ました。

tabinosuke
tabinosuke
リッツカールトン東京のおすすめポイント

tabinosuke個人の感じたこと。

初日に車寄せで声をかけてくださったスタッフの方から始まり、チェックアウトして外に出るまでの間、フロントスタッフさんはもちろん、部屋に案内してくださった着物の方、プールでお世話になったスタッフの方々、タワーズのスタッフの方、皆さん本当に自信をもって、生き生きとした目で、親切心をもって対応してくださいました。

海外のホテルやリゾート地のホテルに行く機会が増え、あまり細かいことは気にしないようにしていましたが、久しぶりに「携わってくれた全ての””」に満足して「泊まりに来て本当によかった」と感じる事ができたホテルでした。

なかなか旅行に出れない時は、東京のホテル巡りをしていろんなホテルを体験してみよう!と年初めに目標を立てたのですが、すぐにでもまたリッツカールトン東京に泊まりたくなりました。

次回はもう一つの目的「クラブ・フロアー」に宿泊してみたいと強く思いました。

それでは楽しいご旅行を!

いってらっしゃい。

※2020年9月にリッツカールトン東京のクラブフロアに宿泊してきました。ラウンジの最新情報など詳しくご紹介しています。↓↓

リッツカールトン東京クラブフロア&ラウンジ初体験のブログ2020年9月中旬にリッツカールトン東京に宿泊してきました。 今回の宿泊では憧れの「クラブフロア」を予約し、クラブラウンジを堪能し...

 

※リッツカールトン東京のプール施設の詳しいリポートはこちらでご紹介しています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

リッツカールトン東京 泊まったら是非行きたい!天空のプールとは?2020年2月、今年初めてのホテル巡りとして東京・六本木にあるザ・リッツ・カールトン東京(以下、リッツカールトン東京と表記します)に宿泊...

 

※リッツカールトン東京の朝食「TOWERS」の詳しいリポートはこちらでご紹介しています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

リッツカールトン東京の朝食「タワーズ」人気の理由は?体験ブログ2020年2月、今年初めてのホテル巡りとして東京・六本木にあるザ・リッツ・カールトン東京(以下、リッツカールトン東京と表記します)に宿泊...

 

それでは楽しいご旅行を!



「スポンサーリンク」