トラベルニュース

新体制ピーチ航空がスタート!予約、料金、路線、サービス内容は?

「2019年10月26日、バニラエアの就航が終了、そして、今後はPeachとひとつとなりアジアを代表するリーディングLCCを目指します」

かねてから準備が行われてきたPeachとバニラエアの合併の最終メールが送られてきたのが10月28日の事でした。

バニラの就航が終了するとともに、いよいよ新体制のピーチ航空がスタートしました。

こちらの記事では新しくスタートする新制Peachのサービス内容、航空券、路線、予約などをまとめてガイドしていきます。

合併しての新体制!普通に考えても色々と新しいサービスを期待してしまいますよね。

それではご覧ください。

出典:サムネ画像はウィキペディア「Peach」より



「スポンサーリンク」




ピーチ航空とは?


出典:画像はウィキペディア「Perch」より

ピンクと紫を基調とした機体は乗ったことのない人にもすっかり有名ですね。

では、今回とりあげるPeachとはどんな会社か簡単にご紹介します。

  1. 正式名称はPeach Abiation株式会社
  2. 関西国際空港を拠点とする日本の格安航空会社。
  3. ブランド名 Peach(ピーチ)
  4. ANAホールディングス株式会社の連結子会社。
  5. 2019年10月に同じく日本の格安航空会社「バニラエア」と経営統合し、10月27日より新制Peachとして就航をスタートしました。
  6. 親会社がANAではありますがコードシェア、マイレージサービスの連携はありません。
  7. イメージカラーは桃色と紫色の中間のフーシア色

 

新体制ピーチ航空のサービス内容をチェック

それでは新体制のピーチ航空を色々な角度から覗いていきましょう。

どこを飛んでいるの?


やはり一番気になるのは就航路線ですね。

関西国際空港出発便の行き先

釧路、札幌、仙台、新潟、東京成田、松山、福岡、長崎、宮崎、鹿児島、奄美、那覇、石垣、ソウル、釜山、桃園、高雄、香港、上海

おひざ元の関西国際空港発の便はかなり充実していますね。

特に注目したいのは新潟、仙台、石垣、奄美への路線。

LCCでは圧倒的なシェアを誇るジェットスターにない路線ですので、ピーチの特色の一つとして今後大きな需要が見込めるのではないでしょうか。

成田空港出発便の行き先

大阪、札幌、福岡、奄美、那覇、石垣、桃園、高雄

成田空港からの出発便はまだまだ少ないですが、主要な地域をしっかりとおさえているので嬉しいですね。

 

羽田空港出発便の行き先

ソウル、桃園、上海

羽田空港からは国際線3路線だけですが、いずれも大人気の地域を抑えていますのでこの路線も大注目ですね(私も近々、羽田空港からピーチを使って桃園にいってみようと思っています。)

 

現在国内のLCCでは圧倒的な路線を網羅し、更に最安値保証までしているジェットスターが頭一つ抜きんでている状況ですが、バニラと一つになって繰り出す新制ピーチ航空、特に国内線の就航は国内LCCトップレベルですね。

 

料金体制、予約方法など


LCCと言えばなんといっても「航空券の安さ」は大きなポイントですね。

ここではランダムに選んだ1日の成田空港~札幌新千歳空港までの標準航空券運賃をジェットスターとピーチで比較してみました。



出典:Peach公式ページより

↑ ↑ ↑ ↑

こちらはピーチ航空の航空運賃の一例です。
※1月18日成田発~新千歳空港着の航空運賃


 


出典:ジェットスター公式ページより

↑ ↑ ↑ ↑

こちらはジェットスターの航空運賃の一例です。
※日にち、航路は上のピーチ航空と同じ条件です。

ジェットスターの青紫色の料金は年会費を払っている会員特別価格ですので、今回の比較ではオレンジ色の料金を見ていきます。


 

LCC他社の料金と比較してみた結果

一般的にホームページで売りに出している価格は「他社と比較すると特別に安い」と言うわけではなさそうです。

但し、その差は片道で210円~1000円くらいと、時間や便によっては殆ど差がないといっても良いくらいの金額の違いでした。

※全く同じ時間での比較はできませんので、だいたい同じ時間帯周辺の便同士を比較しています。

上の金額はあくまでも一般価格、モノ売りでたとえるならば「定価」の様なものです。

値段が勝負のLCCにとって、定価は一般的な目安でしかありませんね。

 

tabinosuke
tabinosuke
LCCの料金比較について

LCC各社ではホームページ掲載のレギュラー価格の他に、ジェットスターの有料会員の特別価格だけでなく、ピーチ航空でも先日の”24時間限定タイムセール”、また、春秋航空でも期間限定セール・・・などなど様々な形で割引セールが行われています。

とにかく少しでも安く金額にこだわりたい!とお考えの方は1社に絞らずに、LCC各社のメルマガ登録をして「限定セール」「特別セール」で上手に安い航空券をゲットしていくのがおすすめです。

「定価」でももちろん安いですが、セールを注意深く見ているとびっくりするようなディスカウント価格がボンボン飛び出してくるので要チェックですよ!

 

路線の多さ、一日の就航本数、料金、など総合的に考えると、ピーチ航空の現在の料金体系でも十分安く、お得で楽しい旅行ができると考えます。

 

予約方法はオーソドックスな公式ホームページからの予約がお勧めです。

格安航空券はその「安い料金」こそが最大の魅力ですので、間を通して手数料を支払っていたらもったいないと考えるのがtabinosuke流です。

ピーチ航空の公式ページを見てみる

 



「スポンサーリンク」




航空券以外の様々なサービス

ここからはピーチ航空のホームページから見る事ができる、航空券以外の様々なサービスやポイントをご紹介していきます。

 

ホテル予約

ご覧の様に「PEACH ROOMS」として、ピーチのホームページからホテルの予約をすることができます。

これはエクスペディアやエアトリの様に「航空券とホテルをセットで予約すると割引がお得になる」と言うものではなく、外部のホテル予約サイト「Hotel’s.com」のデータベースを利用して、ピーチのホームページから直接予約ができると言うものです。

 

レンタカー予約

レンタカーの比較サイトへのアクセスや、ピーチ限定の割引券、割引サービスも用意されています。

 

ホームページが見やすい

ホームページもきれいに作りこまれている印象でした。

あまりに情報がごちゃごちゃとしすぎていないところも好感がもてたポイントの一つでした。


色つかいもピンクと淡い色を基調とし、女性やファミリーユーザーをかなり意識したつくりでした。

 

空港までの交通手配も

飛行機に乗るまでのアクセスに対してもしっかりサポート。

 

旅のスタイルに合わせたサービスを提案

周りの女性にも色々意見を聞いてみましたが、とにかく皆「見やすい」「なんだか楽しそう」と

特に楽しい部分にフォーカスし「あとのwi-fiの準備、空港までのアクセス、レンタカー、ホテル予約などなど、細かい事は全てこちらのページからポチっと押せば手配できますよ」と言った感じのホームページです。

 

最初は航空券の料金や時間を見に来た人が、ポチっポチっとページを進めていくうちに、なんとなく「新潟でも行ってみようかな?」と、そんな気軽な思い付きで旅行に行きたくなるような楽しいサイトに仕上がっています。

tabinosuke
tabinosuke
ピーチ航空のホームページを見た印象

格安航空券に対するユーザーからの大きな料金への期待があるのは当然だと思います。

ただ、こちらのホームページを見ると「新たな旅行先の発見」また「まだ旅慣れていない人、行こう行こうと思いながらもなかなか踏み出せなかった人」の不安や疑問を解決してあげながら旅行のスタイルを提案していくサイト作り。

といった印象を強く受けました。

 

旅行をまるまるコーディネートするってすごく大変だと思っている方も多いのではないでしょうか?

そんな人には一度、ピーチ航空のホームページを覗いてみることをお薦めします。

きっと旅行に行きたくなりますよ!

ピーチ航空の公式ページを見てみる

 

 

まとめ

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

他にも細かいサービスや注意点は色々ありますが「覚えておくとこの先役に立つことがあるかも!?、実用性があるな!?」と思えたことを中心にご紹介してきました。

  • 料金は他のLCCの会社と比べると平均的でした。
  • 就航している路線は、特に国内線はトップクラスの充実ぶりでした。
  • 関西からは日本全国幅広く、そしてピーチ航空でいけるすべての就航先を網羅、成田からは国内主要都市へ、羽田からは海外人気都市へ、旅行の幅が広がりました。
  • 航空券の販売だけにとらわれず、旅行をトータルコーディネートしていく新しいスタンス。ピーチのホームページからすべての旅の準備、手配ができてしまうような総合的なサービスを提供しています。

圧倒的な人気とサービスを提供しつづけ、LCC業界をけん引しているともいえるジェットスター、限られた路線ながら人気を拡大しているスプリングジャパン、そしてバニラとピーチの最強タッグで結成された新制ピーチ航空、羽田を主戦場として根強いファンを抱えているスカイマーク。

今後のサービス向上は必至、LCC業界はますます目が離せませんね!

更に国内線では「ANA,JALが300日以上前から航空券の予約ができるようになる」と言うとんでもないウルトラCが飛び出し、航空券の「おトク」を前面に打ち出してきました。

ANA、JALの国内線航空券が300日以上前から予約可能に!2019年秋よりANA、JALの国内線航空券が「300日以上前から予約可能」になりました。 こんにちは、旅行大好きtabinosu...

私も早速旅行の準備をすすめていきたいと思います。

それでは楽しいご旅行を!



「スポンサーリンク」