シンガポール

シンガポール旅行記 2018 持ち物リスト、必需品 まとめ

旅行の準備。持ち物や服装に迷い、ついつい「念のため」と言ってはどんどん荷物が増えていってしまいがちではありませんか?

必ず必要になってくる「パスポートの残存期限」はもうチェックしましたか?

女性のあなたは旅の思い出写真に素敵な洋服で写りたい、人気のレストランにおしゃれして出かけたい、その辺は絶対外せないですよね。

そこでこちらの記事では、最低限必要な荷物、また、出発前に確認するべきことなど、旅立つ前に必要なことを最終チェックしていきます。

これを見ていただければ、あとは荷物を詰め込むだけで準備OK!!

それでは「シンガポール旅行記 2018 持ち物リスト、必需品 まとめ」ご覧ください。

 




シンガポール旅行記 2018 旅の準備|持ち物リスト、必需品

その① おすすめの手荷物、必需品は?

それでは早速、順をおってみていきましょう!

パスポート|残存期限ってなに?

重要|パスポート残存有効期限を必ずチェック

パスポートの有効期限内であっても、それぞれの国ごとに必要な「残存有効期限」というものが定められています。

海外旅行の出発前には必ずチェックする習慣をつけましょう!

シンガポールへ入国の際にはパスポートの有効期限が6か月以上残っていないと入国できませんのでご注意ください。

 

クレジットカード(デビットカード)はお持ちですか?

シンガポールではクレジットカード支払いが日常化。


屋台やバスなどを除き、ほとんどの場所でクレジットカードが利用できます。

観光客が特にお世話になる「タクシー」利用の際のカード払いについては、タクシー会社によって使えるカードの種類が限られてくることが多いようです。

乗車前にクレジットカードを見せて「AMEX OK?」など、必ず確認したほうがよさそうです。

カード払いのワンポイント

ショップ、レストランなど利用の際、ちょっとした注意が必要です。

明細を必ずもらい内容を確認する」あと「必ずレジ回りの自分の見える範囲内で常にカードを確認する」

当たり前のことですが、海外では特に重要ですので習慣づける様にしてくださいね!

注意|買い物の際などPINコード(暗証番号)を求められる場合があります。

キャッシュカードと違い、クレジットカードの場合暗証番号の設定をしていない方がたくさんいらっしゃいます。出発前に日本でカード会社に連絡をして暗証番号を設定しておくとことをお勧めします。

 

宿泊先の住所や連絡先をすぐ見れるところに保管しておきましょう


メモ帳に書いたり、スマホのメモ帳や画像保管して常に手荷物の中に持ち歩く習慣をつけると便利です。

機内で入出国カードを書くときや、言葉の通じない国でのコミュニケーションにペンと紙(メモ帳)があると便利です。

スマホの充電はどうするの?日本の家電製品は使えるの?

スマホはUSBポートで充電

最近は空港、ホテル、カフェ、飛行機の中などUSBポートがいたるところに用意されていることが多いですのでUSBケーブルを手荷物に入れておくと何かと便利ですね。

USBポートがないホテルの場合には、コンセントの差し込み口の形が違うので変換プラグが必要になります。

電源プラグの形状が違うって聞くけど何か必要?

ホテルによっては変換プラグをフロントで貸してもらえる場合もありますが、この点はホテルによってまちまちなので、長い目で見てご自身で一つは持っておくと便利だと思います。

ネット検索で「変換プラグ」といれるとたくさん出てきますので大手通販サイトや家電量販店さんのサイトで2000円~3000円で売っている縦長形をしているものが使いやすいです。

家電製品を海外で使いたい方へ

※注意1|シンガポールの電圧は220~240V,50Hzなので、変換プラグを使っても海外対応タイプの電化製品でないと壊れてしまいますから気をつけましょう(箱の裏にかかれていたり、店舗やネットショップで購入の際には、購入前に確認するとよいでしょう)

※注意2|一般的にスマホ、デジカメ、パソコンなどを購入の際、付属でついてくる充電セットは世界対応のものが主流ですので100v~240vまで対応しています。

それに比べ、別売りで購入した充電プラグやUSB充電機器は100v(日本国内用)しか対応していないものがありますので、購入の際に「ユニバーサル(100~240v)対応」である事を確認していただくか、スマホなど購入の際に付属でついてくるオリジナルの充電一式をお持ちになることをお勧めします。

 

Wi-Fiのつながる場所は?

空港、ホテル、ショッピングモール、MRTなど、無料でフリーWi-Fiに接続できるところが町中に点在します。常にWi-Fiに接続して「お店の情報を調べたり、道順を調べたり」「SNSやメールなど、リアルタイムで情報の送受信が必要な場合」は日本でレンタルできる「ポケットWi-Fi」を活用している方が多いです。

受け取り、返品とどちらも空港でできるのですごく便利です。

・海外旅行ポケットWi-Fiレンタル会社 /グローバルWi-FiいもとのWi-Fi

 

両替はどこでするの?いくらくらい必要?

  • 日本では空港のチェックインカウンターの付近に銀行、両替所があります。
  • 現地では空港、街中の両替所、ホテルなど至るところに点在しています。

場所によってそれぞれレートが違ってきますので、予算を少しでも節約したい方、また、大きな金額を現金で使う予定の人はあらかじめネットなどの情報で少しでもレートの良い両替所を探していくのも良いと思います。

tabinosukeの体験談

私の場合はシンガポールに到着してから両替します。

チャンギ国際空港の最後のゲートを出ると観光案内のカウンター、レンタカーの案内、キャッシュディスペンサー、両替所などたくさん見渡せますので、そこで「Currency Exchange」Travelexと言うところを見つけ両替をしています。

初めての国や海外旅行経験が浅い方には空港での両替をお勧めします。

まずはタクシー代やちょっとした費用として日本円で1万円分くらいを両替し、あとはデビットカードを主に利用、現金が足りなくなったらキャッシュディスペンサーやショッピングモールなどにある両替所で追加両替します。

注意|街中で現金を使う場合、SGD50札(日本円約4126円)、SDG100札(日本円約8253円)は「お釣りがない」と断られたり嫌がられることがよくありますのでSDG10札を中心に両替してもらうと便利です。



「スポンサーリンク」

その② あると助かる便利グッズは?

旅をより快適に!tabinosukeおすすめグッズをご紹介。こちらのサイトに詳しくまとめましたので準備の際に役立ててください。

海外旅行|持ち物チェック おすすめの便利グッズ&お役立ち情報 旅行中に「あっ!〇〇がない」「△△があればよかった」とふと思いつくことはありませんか? こちらのいページでは、なくても何とかなるけ...

飛行機内をより快適にしてくれるおすすめグッズ

耳栓、アイマスク、折り畳みスリッパ、マスク

荷物をコンパクトにしてたくさん詰め込みたい(圧縮袋)

100円ショップやニトリなどで売っていますので活用すると荷物がかさばらず便利です。

着慣れたパジャマやおやすみグッズ持参で旅行中もぐっすり

ホテルにはバスローブくらいしかないので、寝るとき様の服装を準備していくとよいでしょう。

虫よけ、かゆみ止め、腹痛の薬など

特に正露丸などは現地の水や食事が合わないとお腹をくだしてしまうので持参すると安心です。

雨具は旅の必需品

シンガポールに限らず折り畳み傘やカッパを荷物に携帯しておくと助かることが多々ありましたので、荷物に余裕がありましたら是非おひとつ。

お水の常識 日本は特別だと思いましょう

シンガポールに限りませんが、海外においてお水は買うのが当たり前と思ってお出かけください。シンガポールでは、ホテルによってお部屋にペットボトルが用意されています。五つ星のホテルでも、レストランなどでサーブされるお水はちょっと飲みずらい場合が多いですので、メニューにあるミネラルウォーターを注文する、また、お水の項目がないお店では自分で持ち歩いてるペットボトルの水を飲む習慣をつけるとよいでしょう。

シンガポール旅行記 2018 持ち物リスト、必需品  まとめ

まとめますね!

  • パスポート残存期限の確認は終わりましたか?
  • 海外旅行にはクレカまたはデビッドカードが一枚あるとすごく便利です
  • スマホの充電はUSBが主流に
  • 海外旅行に多くいく人は「変換プラグ」を一つ自前で持っていると便利です。
  • 両替は慣れるまではあまりマニアックなところを狙わずに、空港の両替所をおすすめします。(ただし金額が大きい場合はレート最優先ですね)
  • 薬、雨具は旅行の必需品

世間には情報があまりにもたくさんありすぎるので、こちらのページでは必要最低限の厳選した内容でお届けしました。

とにかくシンガポールには何でも売ってます。

最近では、準備のために色々買いそろえることをやめて、できるだけ身軽にして出発するように心がけています。

お気をつけていってらっしゃい!

尚、シンガポールの天気&服装についてはこちらでご紹介しています

シンガポール旅行 天気&月別の平均気温,現地で適した服装はコレ!シンガポールへの旅行が決まって、まず最初に気になることってなんでしょうか? 「来月シンガポールに行くけど天候は?服装は?」 ...

 



「スポンサーリンク」