Marriott Bonvoy AMEX

マリオットボンヴォイ・アメックス!新ルール徹底解説。特典どうなる?

SPGアメックス終了!マリオットボンヴォイ・アメックス・プレミアム・カードに完全移行することが正式に発表されました。

全面移行にあたり、切替内容、切り替え時期、注意点、新カードの特典内容など、徹底解説していきます。

お待たせしました!マリオットボンヴォイ・アメックスカードを作ろうか迷っている方!新カードのポテンシャルと特典内容を徹底検証。見ていただければ「マリオットボンヴォイ・アメックス・プレミアムの事がだいたい解る」内容の解説記事が出来上がりました。

こちらの記事と併せて参考になさってください。

マリオットボンヴォイ・アメックス豪華特典とポテンシャル完全ガイド2022年2月24日に新しく登場したマリオットボンヴォイ®・アメリカン・エキスプレス®・カードを徹底検証! と言う事で、豪華特典や...

 

すでにカードの事はご理解いただいた上で「すぐに紹介リンクから申込みをしたい」とご検討中の方は下のボタンからお進みいただけます。

紹介リンクはこちら

申請の際はハンドルネームで結構です/カードお申込みの際の個人情報はアメックスの管理となりますので、紹介者側の人間の目に触れる事は一切ありません。
それでは本編をお楽しみください。



「スポンサーリンク」




「マリオットボンヴォイ・アメックスカード」情報

早速はじめて行きます。

まずはどのようなカードが新しく発表されたのかを見ていきましょう。

マリオットボンヴォイ・アメックス・カードの種類は?

今回は年会費の違う2枚のカードが発表されました。

1.マリオットボンヴォイ®・アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード

(長いので以降、短縮してマリオット・アメックス・プレミアムと表記していきます)

年会費:49,500円

 

2.マリオットボンヴォイ®・アメリカン・エキスプレス®・カード

(こちらはマリオット・アメックス一般と表記する場合あり)

年会費:23,100円

プレミアムの方は黒色が濃くちょっとカッコ良さそうですね。

 

SPGカード所有者必見!まずは何する?

ここが大きなポイントとなります!

現在SPGアメックスの所有者がどのようになるのかをチェックしていきましょう。

現在SPGアメックスカードの所有者は、自動的にマリオット・アメックス・プレミアムカードに切り替えとなります。

今回のSPGアメックス終了により3つの選択肢があります

  1. マリオット・アメックス・プレミアムに自動移行
  2. マリオット・アメックス一般カードにダウングレード
  3. 解約

こちらから何もアクションを起こさなければ、自動的にプレミアムに移行されます。

プレミアムに自動的に移行すると言う事は、次回の年会費更新の際には34100円ではなくて49,500円が引き落とされることになります。(移行措置、切替時期のタイミングは下で説明しています)

券面の切り替えは、現SPGカードに記載されている有効期限が切れる際に、新しい「マリオット・アメックス・プレミアムカード」が送られてきます。

 

もし条件次第ではダウングレードや解約をご検討の場合には、こちらからその旨を申告して、しかるべき手続きをとる必要があります。

 

ダウングレードを選択する場合のワンポイント

次回更新の際にダウングレードをご検討中の方には、参考にしていただけたら幸いです。

特にまだ一度も更新したことがない、34100円と聞いていたから入会したのに、昨年末に入会したばかりといった、34,100円で無料宿泊特典の恩恵を一度も味わっていない方で、退会、またはダウングレードを考えている方がいらっしゃいましたら参考いしてください。

もしダウングレードされるようでしたら、いったん49,500円の年会費更新をしてしまうのも一つの方法です。

年会費引き落とし後だいたい2か月前後くらいで、無料宿泊特典50000ポイント分と宿泊実績15泊分を獲得していただけます。

特典分がマリオットの自分のアカウントに反映された後に、アメックスにダウングレードの申請をする。

ダウングレードにより新年会費23100円が発生し、先に更新で払った49,500円は、月割り分(約2、3か月分)を差し引いて戻ってきます(カード利用分から相殺されるのかな?)。

いずれにしてもその方法だと、

49500円÷12×3か月分=12375円

49,500円-12,375円=37,125円

大雑把な計算ですが、更新の3か月後にダウングレードの申請をした場合37,125円くらいが預け分の年会費差額分として戻ってきます。

これなら実質12,375円+23,100円=35,475円と、だいたい当初の目的の34,100円に近い金額で無料宿泊特典をゲット。

一度は、ほぼ見込み通りの金額で一回はSPGのメリットを体感していただけるのかな・・とも考えました。

 

SPGカードからの切り替え時期は?

ここでいう「切り替え」とは、サービス内容が自動的に新ルールに切り替わる(システム上)と言う事です。

2022年2月24日です。

カード券面はSPGのままですが、利用する際には「マリオット・アメックス・プレミアムカード」として認識されるわけですね。

同時に、現SPGカード所有者の有効期限が満了した人から順に、切替カードとして新しいカードが送られてくるようになります。

私の場合はカードの更新は2025年6月ですので、新しいカードを手に出来るのはまだまだ先ですね。

 

 

カードの券面を早々に変えたい場合は?

「AMEXのデスクにお電話いただければ券面切り替えの再発行手続きをいたします」との事。

手続き後、約1週間くらいで新しい券面のカードをお送りする予定になっているそうです。

更新時以外にカードを再発行する場合カード番号が変わってしまいます。

その点問題ないかを再度ご確認の上でお申込みください。

 

新年会費の適用はいつから?

特にこれから3月、4月と年会費更新を目前に控えている方は「急に値上げされても・・」と、気になる方も多いですよね。

移行措置として、2022年5月11日以降締め分の請求から、新年会費が適用されます。

「以降締め分」についてはAMEXのデスクの方にかなり詳しくお伺いしたのですが、私にはうまく文章でお伝えすることができません。

すみません。

5月が年会費更新月の方は、アメックスのデスクに問い合わせしていただき、ご自身の次回年会費は、どちらの金額で引き落とされるのかをご確認いただく事をお勧めします。

ここでもう一つ注意点があります。

ホームページには明確に記載がありますが、念の為。

移行措置により、年会費が2022年5月10日以前の締め日のかたは、従来の34100円の更新年会費が引き落とされるのはご理解いただけたかと思います。

この場合、継続特典の宿泊実績は従来のSPG分の5泊分が付与されます。

5月10日以前の締め日の方は、年会費34,100円で更新し、更新特典として付与される宿泊実績は従来通りの5泊となります。

新ルールの15泊が付与されるのは5月11日以降締めの更新の方々からです。

来年度上位ステータスを目指している方には、5泊と15泊はかなり影響のある数字ではないでしょうか。

 

マリオットボンヴォイ・アメックスカードの新ルール解説

まず初めに新しいカードの比較表を見ながら解説に入っていきます。

まずは新カード2種の比較です。

パソコンでご覧の方はこちら↓↓SPGカードも比較表にのせてあります。

上の比較表を元にひとつひとつ解説していきます。

年会費と家族カード

まずは注目の年会費。

SPGカードから自動移行されるマリオットボンヴォイ・アメックス・プレミアムカードの年会費は49,500円。

SPGアメックスの34100円と比べるとプラス15,400円高くなります

 

マリオット・アメックス一般カードは年会費23,100円。

ダウングレードするにはポテンシャルが今一つ、その割には少し年会費が割高と言う何とも微妙な値段設定と感じました・・・

 

家族カードはどちらも1枚目は無料

この点はSPGの17,050円と比べメリットの一つと言えそうですね。

 

ポイント還元について

ポイントがどんどん貯まる!が売り文句だったSPGアメックスのポイント還元率。

新カードではどうなったでしょう。

  1. SPGから自動移行するマリオットボンヴォイ・アメックス・プレミアムカードは、SPGアメックスと同率の100円=3ポイント、マリオット系列利用で100円=6ポイント。
  2. マリオットボンヴォイ・アメックス一般カードは100円=2ポイント、マリオット系列利用で100円=4ポイントとなりました。

ポイント還元率については、自動移行先がこれまでと同率だったと言うことでひとまず現状維持・・・良かったと考えていいのかな・・

 

無料宿泊特典はどうなる?

SPG最大のメリットとも言われていた無料宿泊特典!

ここに大きなルール変更が生まれてしましました。

これまでSPGでは、年会費を払って更新するだけで特典として「50,000ポイント分の無料宿泊特典」が付与されました。

新カードでは年会費を払って更新するだけでは特典は付与されません。

前年度150万円を利用して更新する事で、無料宿泊特典が付与されます。

条件を達成した場合に

  1. プレミアムカードは50,000ポイント分の無料宿泊特典付与
  2. 一般カードは35,000ポイント分の無料宿泊特典付与

ここで思い出すのが、3月から導入予定とされているトップオフ制度。

無料宿泊ポイントに手持ちのポイントを15000ポイントまで加算して利用できるというもの。

これを利用することにより、一般カードでも従来のSPGと同様の50,000ポイント分の無料宿泊を利用することが可能にはなります。

ココでいう「前年度」はプログラムの年度です。

更新日からの1年間でのカード利用実績の事です。

ここで重要なポイントが一点!

ここからは解説文がずらずらと長くなりますのでご容赦ください。

疑問点をかいつまんでご覧いただければ幸いです。

2023年2月23日までの更新については、利用実績の有無に関わらず50,000ポイント分の無料宿泊特典が付与されます。

※2022年2月15日更新:この部分↑↑の例えが解りずらいとのご指摘をいただきました。この「ポイント」と書かれた緑色枠内はマリオットボンヴォイ・アメックス・プレミアムの場合です。

一般カードの場合は2023年2月23日までの更新については、利用実績の有無に関わらず35,000ポイント分の無料宿泊特典が付与されます。

新ルールの「150万円利用条件」については、マリオットボンヴォイ・アメックスカードに切り替わってからの初年度更新(2022年2月24日~2023年2月23日)の際には適用されないと言う事ですので、ひとまずはその点は良かった。と思います。

ただし、年会費は5月11日〆以降更新の人は34100円だったところ→49,500円を今年から支払う必要があるわけですね。・・・この点は嬉しくない切替と言えますね。

昨年末のキャンペーンで新入会された方、5月11日以降の締めで初めての更新料を支払う予定の方にとっては「34100円で5000 50000ポイント分の無料宿泊特典をお得にゲットできる」つもりで入会しているかと思います。

新カードの特典のメリット・デメリットは抜きにして「まずは一度34100円で5万ポイント分の無料宿泊特典の恩恵を受けたかった」が正直な思いであることをお察しします。

この点に何か優遇措置などがないのかAMEXの方にお伺いしてみましたが「特に代替え措置は用意しておりません」との回答でした。

2022年2月15日更新:AMEXデスク、マリオットデスクとも電話が全然つながらなくなってきましたね。両社ともにかなり情報が錯綜している点、また、まだ情報が解禁されたばかりでデスクの方も不明確な点など多々あるとのお話しでした。同じ事の繰り返しとなりますが、皆様ご自身の次回更新日がいつになるのか、更新金額の確認、更新特典の確認、また、もし解約をお考えの場合には「いつまでに解約を申し出ないと次の年会費が引き落とされてしまうのか?」などなど、正確な日程をアメックスデスクにご確認いただくことをお勧めします。

 

カード更新特典

SPGアメックスでは5泊分の宿泊実績が付与されました。

新しいカードでは

  1. マリオットボンヴォイ・アメックス・プレミアムでは15泊の宿泊実績が付与されます。
  2. マリオットボンヴォイ・アメックス一般カードでは5泊の宿泊実績が付与されます。

これはかなり大きな嬉しい改善点ですね!

 

ステータス付与と新ステータス特典

新しいカードでは2種類のステータス付与方法が発表されました。

1つ目のステータス付与特典

従来のSPGではカードを取得することで自動的に「マリオット・ゴールド・エリート資格」が付与されました。

新しいカードでは?

  1. マリオットボンヴォイ・アメックス・プレミアムは「ゴールド・エリート資格」が自動付与されます。
  2. マリオットボンヴォイ・アメックス・一般カードでは「シルバー・エリート資格」が自動付与されます。

SPGから自動移行されるプレミアムカードは現行維持。

一般カードのシルバー・エリート資格についてはこれまで殆どお勧めする機会がありませんでした。

 

2つ目のステータス付与特典

さて、今回の注目は、この2つ目のステータス特典です。

1年間のカード利用実績により一つ上のステータスが付与されます。

  1. マリオットボンヴォイ・アメックス・プレミアムでは年間400万円のカード利用実績で、プラチナステータスを付与。
  2. マリオットボンヴォイ・アメックス・一般カードでは年間100万円以上のカード利用実績でゴールドステータスを付与。

ある程度のカード利用額を集められる人にとっては、400万円でプレチナステータスが獲得できるのは、新しい選択肢としてかなりお得ではないでしょうか!?

 

ステータスが付与されるタイミング

1月1日~12月31日(アメックスに伝票到着分)の間に、条件金額に到達した時点から約1か月以内に上位ステータスが付与されます(マリオットのアカウントに反映されてきます)

ところで暦年の途中(例えば8月から付与)に付与されたプラチナが、7月末で1年間の期限が来たとした場合に、8月以降はゴールドにダウングレードされちゃうの?と言う疑問について、多数ご質問いただいておりました。

回答遅くなりましたが、マリオットデスクの方に確認とれましたので参考になさってください。

 

400万円達成後に付与されたプラチナステータスの1年後、暦年の途中でもダウングレードされちゃうの?

この件については2022年2月22日更新:新しい回答をいただきましたのでシェアさせていただきます。

↓↓

プレミアムカードにおいて、400万円利用後1か月以内くらいにプラチナステイタスが付与され、その期限は付与後1年間(12か月間)と言う点までは前回までにご理解いただけたかと思います。

この点について、本日マリオットデスクの方より、正式な回答をいただきました。

もしまだご不明の方がいらっしゃいましたら参考になさってください。


基本的にマリオットでは年間を通してエリートステータスを楽しんでいただく規定となっています。

ここでいう「マリオットの年間」は2月1日~1月末までです。

例えば2022年8月に400万円を達成し、プラチナステータス付与が2022年9月1日から始まったとします。

アメックスからの特典付与期日は2023年8月末までですね。

ここでアメックス側からの特典期限は満了します。

続いて、視点をマリオットに切り替えます。

マリオットとしては「年間を通して」となりますので、2月1日からはじまった新年度の途中のステータスは翌年1月末まで継続されることになります。

 
この点については従来のマリオットの規定に変更はありませんので暦年の途中でアメックス特典のプラチナ付与期限が来たとしても、そのステータスは翌年の1月末までお楽しみいただけます。
 

と言う事で、上記の例だと2024年1月末まではプラチナステータスが継続されるそうです。

そしてもう一つ!

もし2023年の「プラチナステータス中」にまた400万円を達成した場合は・・・

今のプラチナステータスの期限となる2024年1月末まで楽しんでいただいた後で、改めて2024年2月1日~2025年1月31日までのプラチナステータスが付与されます。

との事で、ゴールドから400万達成してプラチナに切り替わる年だけは、時期によっては12か月以上プラチナステータスを楽しむ事ができるわけですね。

それ以降、継続して毎年400万円達成していく場合には、毎年2月1日~1月31日の1年間のお楽しみとなります。

最後は文章で書くともはやぐちゃぐちゃですね(汗)

解りずらい点があれば、ご自身でアメックス、マリオット、両デスクにご確認ください。


また、以下の点もご注意を!

↓↓

2022年度だけは、2月24日~12月までの間の利用実績が条件の金額に達成した場合にステータスアップの対象となります。

もし「大きな買い物や旅行予約などの予定があるが、そんなに急がなくてもいい」そんな利用予定がおありの方は、決済を2月24日以降にすると、2022年度分のマリオット・カードの利用実績に加算することが出来ますね。

一般カードにおきましては年間100万円と言うことで、12か月で割ると、月々85,000円くらいの利用があれば目標に到達できる計算になりますが・・・

 

手荷物無料宅配サービスの改善点

こちらは海外旅行から帰ってきた際に荷物を1つ宅配サービスが無料で受けられるものです。

今はこんなご時世でなかなか利用する機会がありませんが、海外旅行復活の際にはありがたいサービスです。

今回のポイントは、従来、成田、中部、関空の3空港のみのサービスでしたが、新たに羽田空港が加わりました。

ただし、羽田空港で利用できるのはマリオットボンヴォイ・アメックス・プレミアム・カード所有者のみ

一般カードでは従来の成田、中部、関空のみですので、ここはプレミアム・カードならではのメリットと言ってよいでしょう。

 

その他の新しい特典

その他、ちょっと気になる特典をリストアップしていきます。

ホテルクレジット付与特典

リッツ・カールトンまたはセントレジスに2連泊以上の宿泊で100ドル分のホテルクレジットが付与されるという特典だそうです。

概要をみてみると、指定の宿泊プランを予約する、チェックアウト時に自動精算などいくつかの取り決めがあるようですね。

まだ利用したことがないので、もし利用することがあればもう少し細かくご紹介させていただきます。

 

スマートホン・プロテクション

今回新しく登場したのが、こちらのスマートホン・プロテクションサービスです。

これはマリオットボンヴォイ・アメックス・プレミアム・カード限定で付帯されているサービスです。

※携帯料金の支払いを、該当カードで3か月以上支払い実績が利用条件となるそうです。



「スポンサーリンク」




保険について

こちらはまだ深く読み込んでいないので、ざっと表にまとめてみました。

左がプレミアム・カード、右が一般カードです。

※ラウンジサービスは統一と書いてしまいましたが、SPGと同じ様にプレミアムも一般も利用できます。

※マリオットボンヴォイ・アメックス・プレミアムカードの保険はほぼSPGアメックスと同じです。

ほぼ、と言ったのは、SPGアメックスの海外旅行傷害保険は以下の通りでした。

  1. 5000万円まで自動付帯
  2. 利用付帯で1億円

しかし今回、最高額の1億円は変わりませんが、自動付帯の5,000万円の項目がなくなってしまいました。

(AMEXホームページより引用)
2022年8⽉1⽇(⽉)より、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードに付帯する「海外旅⾏傷害保険」は、旅⾏代⾦をカード決済いただくことが必要となります。

SPGアメックスカードは、数あるゴールドカードの中でも数少ない自動付帯の海外旅行傷害保険のついたカードとして、とてもお勧めしていました。

SPGアメックスの旅行保険!海外で最大の補償を受ける為の方法SPGアメックスカードに付帯されている海外旅行保険には2つの補償金額が用意されているのをご存じでしたか?海外でPCR検査を受けて、その後の事を考えたことはありますか?この記事ではMAXの補償金額を受け取る方法、保険の詳しい内容をわかりやすくご紹介してます。...

これは個人的にかなり残念なポイントとなってしまいました。


↓2022年2月14日更新情報↓

海外旅行傷害保険いついてアメックス保険の窓口に確認した内容を共有します。

SPGアメックスカード、2月24日以降の切り替え、新規発行されるマリオットボンヴォイ・アメックス・プレミアムカードの保険について。

2022年7月31日までは自動付帯で5,000万円、利用付帯で最高1億円となります。

2022年8月1日以降は自動付帯枠は無くなり、利用付帯で最高1億円となる予定ですが、この切り替わりについては、時期が近づいてきたら改めて詳細がアメックスからアナウンスされるかと思います。

現段階は「調整中」です。

↑ここまで↑


と言う事で、2022年7月31日までの海外旅行の場合は従来のSPGアメックス・ルール通りの保険補償となるそうです。

尚、利用付帯について各カードによってルールが微妙に違います。

こちらの保険では「自宅~空港までのタクシー移動」は保険対象の利用にはなりませんのでご注意ください(JCBはタクシーも対象との事)。

保険のルールについてはお間違いが無いよう、必ずご自身でお調べいただくか、アメックスのデスクに直接ご確認ください。

以上で本日のご紹介はいったん終わります。

新しいカードについてはアメックスの公式サイトでも詳しくご紹介していますので是非チェックして見てください。

 

まとめ

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

かなり駆け足でご紹介してきました。

解りずらい点、表に見づらい点がありましたらお許しください。

それにしても今回の移行措置は入会した時期によってもかなり影響が違ってきますので、まさに賛否両論ですね。

まずは速報と言う事で参考にしていただければ幸いです。

利用金額によるステータスアップはとても魅力的ですが、年会費の値上げ、無料宿泊特典に条件がつく、など、従来のSPGカードの魅力としてお勧めしていた根本の部分に変更がでてしまったのは厳しいと感じました。

さて、どのカードでどんなホテルライフを描いて行こうか・・・

引き続き更新情報、修正点などありましたら随時更新していきます。