モルディブ

モルディブ旅行記2018① 2泊3日でかかった費用を全て公開!

今回はアジア屈指の大人気リゾート「モルディブ」旅行記です。

※2021-2022年度版「最新!モルディブ行きのおすすめ飛行ルート」もご紹介しています。これからモルディブ行きを検討中の方は是非参考にしてください。

2018年1月の後半、2泊3日の弾丸旅行でモルディブに行ってきました!

憧れの水上ヴィラ、エメラルドグリーンの海、どこまでも続く白砂のビーチ

妄想が膨らみ続けるモルディブ旅行

いざ旅行計画を立て始めてみると・・あれ?

ツアーのパンフレットに書いてある金額を見ると思った以上に高くてびっくり!!!

そんな経験があなたにもあるのではないでしょうか?

今回は旅行期間が短かったのでツアーには参加せず、すべて個人手配でモルディブ旅行を組み立ててみましたので、かかった費用をすべて公開していきます。



「スポンサーリンク」

 




モルディブ旅行に役立つ基本情報は?

1島1リゾートのモルディブでは、各リゾートごとにそれぞれ独自のルールをもって運営されています。

こちらでは、まずは一般的なモルディブ観光の基本方法をご案内していきます。

パスポートの残存期限は確認しましたか?

シンガポール、ハワイのブログでもご紹介しましたが、パスポートの有効期限内であることはもちろん、それとは別に、海外の国に入国の際には「パスポートの残存期限」の確認が必要になります。

国によって違いますので必ず毎回確認してくださいね!

モルディブ入国に必要なパスポートの残存期限は最低6か月です!

モルディブの様に、乗り継ぎ便で向かう旅行の際の注意点。

中継地点の国で乗り継ぐだけでなく一時入国したり、宿泊する場合には、その国の残存期限も調べる必要がありますのでご注意ください。

 

 日本との時差は?

4時間です(例えば日本が正午12時の時、モルディブは午前8時)

 

モルディブ旅行で必要な通貨は?

モルディブの通貨はモルディブ・ルフィア(1ルフィア=約7.108円、2019年2月調べ)ですが、モルディブ・リゾートに観光で行く場合にはUS$を利用するのが一般的です。

リゾート、ホテルでの支払いは原則的にUS$であり、水上飛行機利用などでマーレに一泊する場合や、観光で訪れる近隣の島などでも基本的にはUS$が使えます。

その①

日本円からUS$の両替は出航前に日本国内で済ませておくことをお勧めします。

モルディブではレートが悪く、また現金不足で両替できないなんてこともまれに起こるそうですのでお気をつけて!

 

その②

マレの街や、観光で訪れる地元の島などでは、支払いはUS$でもおつりはモルディブ・ルフィアで返ってきます。

モルディブ・ルフィアは、一般的にはルフィアからUS$への両替はしてくれないので、お土産や商店で使い切るか記念に持ち帰るしかありません。

マレや地元の島の観光予定がある場合は、あまりお釣りが多くならないよう、US$も1ドル札、5ドル札など細かいお札を少し準備しておくのも方法かもしれませんね。

 

現地での公用語は?リゾートでは?

公用語はディベヒ語(Dhivehi)です。

リゾートやマレなど観光客が訪れる場所は英語でのやり取りが一般的です。

 

マレの空港からリゾートへの移動手段は?

モルディブ・リゾートは一般的にマーレ国際空港からスピードボート、国内線飛行機、水上飛行機のいずれかを利用してリゾートまで移動します。

スピードボートを利用 南・北マーレ環礁

近いところでは15分~20分程度、遠くても50~60分でリゾートに到着でき、また、夜間移動を引き受けてくれるリゾートもあるので、基本的にマーレ国際空港に到着した日にリゾートまで行けるメリットがあります。

 

水上飛行機、国内線飛行機を利用 上記以外の岩礁

水上飛行機は特に有視界飛行の為、夜間の移動をしませんので、一般的に夕方前後にマーレ到着予定のフライト利用の際には、空港周辺のホテルで1泊し、翌朝早朝から各リゾートに向けて出発します。

水上飛行機で行くエリアよりもさらに以北、以南の環礁への移動は基本的に国内線飛行機を利用します。

tabinosukeポイント♪

水上飛行機、国内線飛行機ともにフライトスケジュールは前日に発表されます。

個人手配でのモルディブ旅行の場合には、一般的にマレ国際空港~リゾートまでの移動手段は、宿泊先のリゾートから指示を受けて行動します。

飛行機のマーレ到着時間を伝えると、その日のうちにリゾートに移動できるのか?あるいは、マレのホテルで一泊し翌朝に飛行機で移動するかのスケジュールを伝えられます。

もしマレのホテルで一泊する必要がある場合には、メインの宿泊リゾートの他に、マレでの宿泊施設の予約も必要になりますので忘れずに確認しておきましょう。



「スポンサーリンク」




モルディブの気候、ベストシーズンってあるの?

モルディブは高温多湿の熱帯性気候で一年を通して平均気温は27度くらいです。

季節は乾季(11月~4月)と雨季(5月~10月)に分かれます。

乾季(11月~4月) 

乾季の入りである11月、12月まだ降水量が多いですが、1月に入りだんだんと安定して晴れの日が多くなり4月上旬まで過ごしやすい天候が続きます。

 

雨季(5月~10月)

南西からのモンスーンの影響を受け、だんだんと降水量が増えていきます。特徴としては曇りの日が多く、一日に数回スコールが降りやすくなる。

 

ベストシーズン

モルディブ観光のベストシーズンは1月末~4月上旬ころと言われています。

参考までに

私が訪れたのは1月20日から2泊3日でしたが、3日間とも曇り中心の天気でした。雨は一度もなく、日中は時折、青空が広がることがありました。

 

日本からモルディブへの行き方は?

日本からは直行便がないので主な乗り継ぎルートをご紹介します。

  • その1 日本~シンガポール~コロンボ(スリランカ)~マレ
  • その2 成田~コロンボ(スリランカ)~マレ(スリランカ航空)
  • その3 日本~シンガポール~マレ(シンガポール航空)
  • その4 日本~ドバイ~マレ(エミレーツ航空)
  • その5 日本~香港~マレ(キャセイパシフィック航空)
  • その6 日本~マレーシア~マレ(マレーシア航空)
  • その7 日本~アブダビ~マレ(エディハド航空)

※2021年9月現在、多くの路線が欠航、減便、再開を繰り返しています。これから予約される方はこまめにチェックしていただくことをお勧めします。

他にも行き方や、違う航空会社を利用する行き方があるかと思いますので参考までに!

私は上記【その1】のコロンボ経由でマレに入りました。

2021-2022年度版 モルディブまでのおすすめルート

2021年8月~9月にかけて、私もモルディブ行きの飛行機を色々検索し、2022年にモルディブに行きたいと計画中です。

こちらでは私が次回モルディブ行きの為に予約した、おすすめルートをシェアさせていただきます。

1.シンガポール航空で東京~シンガポール~マレまでの航空券を通しで購入する。
このルートでだいたい日本円で12万円~13万円くらいです。

もし「ANA,JALなどのマイルが貯まっているので特典航空券を利用したい」と言う方には次の2番のルートがお勧めです。

2.東京~シンガポールまでANA,JALの特典航空券(諸税など15050円)、シンガポール~マレはシンガポール航空を利用(だいたい6万円~)。このルートだと乗り継ぎの待ち時間が長い場合がありますが、飛行機代の予算を少し抑えることが出来ます。

シンガポール航空は満足度世界ナンバーワンと言われるほど、飛行機としてはもちろん申し分ありません。もう一つお勧めの理由は、シンガポール航空ではマレの空港にお昼すぎに到着する便があるので、目的地のリゾートに当日の明るいうちに着くことが出来ます。

これから航空券をとる予定の方は参考になさってください。

 

旅行日程/飛行ルートと航空運賃

1月18日のフライト

00:30発 羽田空港  ANA NH843便でシンガポールへ

6:55到着 チャンギ国際空港 シンガポールで一泊

※なお、今回はモルディブ旅行にかかる費用の紹介ですので、シンガポール1泊にかかった費用は一切含まないで計算します。

1月19日のフライト

09:45初 チャンギ国際空港 スリランカ航空UL0307便でコロンボへ

11:05着 コロンボ空港 乗り継ぎで約2時間半待機

13:25発 コロンボ空港 スリランカ航空UL0115便でマレへ

14:20着 マレ・ヴェラナ国際空港に到着

 

1月21日~22日のフライト

21:50発(1/21)マレ・ヴェラナ国際空港発 SCOOT TR589便でシンガポールへ

2021年9月現在、この路線ではSCOOT航空の便は運行していません。検索をかけるとすべてシンガポール航空のHPに転送されますのでご注意ください。

6:00着(1/22) チャンギ国際空港着

10:50発(1/22) チャンギ国際空港発 ANA NH842便で羽田空港へ

18:25着(1/22) 羽田空港着

今回の旅行でかかった航空運賃はこちら!

 

◇往路

羽田~シンガポール(ANA)

特典航空券利用3万マイル(往復で)0円

特典航空券 TAX 8,640円 

シンガポール(コロンボ経由)~マレ(スリランカ航空)

片道運賃 約28,500円(SGD334.00)

 

◇復路

マレ~シンガポール(SCOOT航空)

片道運賃 約21,226円(USD182)

シンガポール~羽田空港(ANA)詳細は往路に記載

 

※レートはすべてAMEXカードの請求時の換算です。

 

今回の宿泊先は? 宿泊料金の明細は?

マレの空港~水上ボートでいざリゾートへ。

今回の宿泊先 TAJ EXOTICA RESORT & SPA MALDIVES

宿泊料金の内訳(すべて2泊分の合計金額です)

デラックス・ラグーンヴィラ プール付き(朝食込み) 154,982円

トランスファー料金(水上ボート往復代金) 10,815円×2人分=21,630円

税金(12%) 18,598円

サービス料(11%) 17,358円

環境税(1泊1名につき658円) 2,634円(二人分)

宿泊料金合計:231,042円($1961.2)予約時にカード払い

オンシーズンの水上ヴィラでこの価格は超格安です!!

 

リゾート滞在中に施設で利用した金額 $537.16(63,280円)

施設ではプールサイドでの飲食2回、2泊2回の夕飯、1回のバータイム、1回の昼食

タージエキゾティカ リゾート&スパの宿泊記は第二章と第三章でたっぷりご紹介していますのでこちらも併せてご覧ください。

モルディブ旅行記2018② タージエキゾティカ宿泊記 身も心も癒された三日間こちらの記事は、2泊3日の弾丸モルディブ旅行に行った宿泊記の第2話になります。 南国リゾートを十分に満喫し、帰国したら東京は大雪と...
モルディブ旅行記2018➂タージエキゾティカ 絶景と美味しい食事いよいよモルディブ旅行記の最終章です。 第一章ではモルディブ旅行でかかった費用を全公開しています。 https://tabi...

 

モルディブ旅行で「かかったすべての費用」を大公開

いよいよすべての費用を計算していきますね。今回は2人で行きましたので、部屋代などはすべて半分に割った金額を「1人分」として計上していきます

①宿泊料金(事前精算) 115,521円

②滞在中に使った費用(チェックアウト精算) 31,640円

➂航空運賃 58,366円

④羽田空港駐車場 8,400円

合計 213,927円

なお、一緒に行った友人は、ANAの分は一般航空券(エコノミークラスの早割)で購入していますので上記の213,927円に+72,000円ー8,400円(駐車場代は私個人の出費でしたのでこちらは差し引きました)=277,527円かかりました。

tabinosukeポイント♪ 予算編

今回の旅行の手配をしていて気づいたことを書き残しておきます

今回はANAの特典航空券を利用して羽田~シンガポール間を3万マイルで手配で利用しましたが、プラス8000マイルで、羽田からマレまで特典航空券を利用できます。

2021年9月現在、感染症の影響により、ANAで「東京~マレ間」の特典航空券を一括して購入する事はできなくなっています。もしシンガポールまではANAの特典航空券を利用するならば、シンガポールからマレまでは他社航空券を別途購入する必要があります。

シンガポール経由のルートでは、シンガポールからマレは「世界で最も素晴らしい航空会社2018」でNo.1に輝いたシンガポール航空を利用することができます!!

私たちの今回の目的が「水上ヴィラ、コテージに泊まりたい」あと、「プール付きの部屋に泊まりたい」でした。

水上はどこのリゾートも1番おすすめの部屋ですので金額も必然的に高くなります。リゾートによってはプールがついているかいないかでだいぶ金額が変わったり、砂浜沿いの部屋は水上に比べると比較的リーズナブルなお部屋が用意されているリゾートが多いようです。

今回は1月中盤と言うことでここから4月上旬まではモルディブ旅行のベストシーズンにあたるため、お部屋の料金も最も高くなってくるシーズンです。

少し時期をずらし、雨季であれば同じホテル、同じ部屋であっても宿泊料金もだいぶお安くなる場合があります。

今回は海外ホテル予約サイトのBooking.comを利用しました。最安値保証のプライスマッチ機能は非常に優秀で、今回私たちはプライスマッチにより2泊で9万円以上の返金がありました

これだけの金額のプライスマッチは珍しいですが、予定日の1か月前を切ったところでモルディブ・リゾートが全体的にガクッと値段を下げる日があり、たまたまのラッキーに遭遇することができました。

Booking.comでタージエキゾティカ・リゾート&スパの予約ページの詳細を見てみる

「モルディブ旅行記2018① 2泊3日でかかった費用を全て公開!」 まとめ

いかがでしたか?

2泊3日で合計213,927円。

高いと感じた方、安いと感じた方、それぞれいらっしゃると思います。

個人的には、宿泊日数はいったん置いといて、モルディブに213,927円で行けたこと、さらに水上ヴィラ、プール付きの部屋に泊まえれたこと、美味しい食事ときれいな海に囲まれ身も心も癒された2泊3日、お金には代えられない最高の時間を過ごすことができて大満足でした。

今回自己手配にした理由は、旅行期間が2、3泊しかとれなかったため、そもそもツアーでは最低でも4泊、5泊からなので、参加できるツアーがないことから始まりました。

モルディブはとにかくたくさんのリゾートがありますので、まずはいったん全体に目を通してから、次に具体的な自分の条件、予算、を絞って探してみることをお勧めします。

モルディブ旅行記2018② タージエキゾティカ宿泊記 身も心も癒された三日間こちらの記事は、2泊3日の弾丸モルディブ旅行に行った宿泊記の第2話になります。 南国リゾートを十分に満喫し、帰国したら東京は大雪と...
モルディブ旅行記2018➂タージエキゾティカ 絶景と美味しい食事いよいよモルディブ旅行記の最終章です。 第一章ではモルディブ旅行でかかった費用を全公開しています。 https://tabi...


「スポンサーリンク」