MENU
SFC修行

SFC修行2022|ボーナスポイントキャンペーン徹底考察!

話題沸騰!2022年4月25日搭乗分から対象となる「ANAボーナスプレミアムポイント・キャンペーン」について考察していきます。

修行中の方、防衛中の方は皆さんすでにご覧になっているかと思われます。

キャンペーン内容は簡単に触れ、後半では「+1000ポイント」についての人気ルート、考察をしていきたいと思います。

  1. キャンペーンのメリットは?
  2. どんな人におすすめ?
  3. お得なフライトコースを徹底考察

このキャンペーン、これからSFC修行をスタートする方にもかなりの追い風となりますので、是非参考になさってください。

※5月5日夜に調べた最新のおすすめコースをアップしました。これからコースをお探しの方は参考になさってください↓↓

SFC修行2022|ボーナスポイントキャンペーン徹底考察!SFC修行2022が激変!ANAから発表のあったPPボーナスキャンペーンを徹底検証。日本全国大半のルートが一気に優良コースに激変。PP単価を気にして一部のコースに偏っていた方に朗報!時間をかけずに一気に終わらせたい&でも単価は10円前後に抑えたい!そんなわがままもプレミアムクラスで叶います!...

 

こちらの記事は期間中は何か新たな発見があればどんどん上書き更新していきますので、気になる方は時々チェックしてみてください。



「スポンサーリンク」




Contents

2022年ANA「ボーナス・プレミアムポイント・キャンペーン」概要

まずはキャンペーンの内容を見ていきましょう。

とてもシンプルですが、期間中、国内線に1区間搭乗する毎に1,000プレミアムポイントがボーナスとしてもらえる!と言うものです。

対象搭乗期間:2022年4月25日(月)~2022年7月31日(日)まで

繰り返しますが、キャンペーン対象の搭乗は4月25日(月)のフライトからですのでお間違いないように

対象の路線:ANAグループ運航の国内全路線
提携航空会社が運航するコードシェア便は、ANA(NH)便名で予約・搭乗した場合のみ対象。

対象運賃:マイル積算率75%以上の運賃

マイル積算率はこちらを参考にしてください↓

ANAの国内線航空券は13の運賃種別に分類されています。

その表の左端に「マイル積算率」が表記されています。

上の図で今回「マイル積算率75%以上の運賃」に該当するのは運賃1~運賃7までです。

運賃8はマイル積算率50%なので対象外。

代表的なものですと、タイムセールなどで販売されている「スーパーバリュー・セール」と表記されている運賃です。

運賃種別について詳しくはANA公式サイトをご参照ください。

また、積算マイルの付与やボーナスポイントの積算される時期など、更に細かくお知りになりたい方はANAキャンペーンサイトをご確認ください。

 

PP「プラス1000ポイント」徹底考察

それでは「プラス1000ボーナスポイント」がどれだけの破壊力なのか見ていきましょう。

尚、今回も勝手ながら、自分のホームである「羽田発着」を中心に話しをすすめさせていただきます。

キャンペーン中限定「羽田発着・獲得PP一覧表」

まずは1000PPを加算した獲得ポイントの一覧表をご覧ください。

対象は運賃2(プレミアム28など)と運賃7(SV55や75など)

羽田発着・北海道エリア行き

まずは北海道エリア。

いきなりですが、なんとすべての路線が、修行の定番「羽田~那覇」の1476ポイント以上と言ううれしい異常事態発生です!

 

羽田発着・東北エリア行き

続いては東北エリアです。

全路線プラス1000ポイントは昨年の2倍キャンペーンより破壊力があるのではないでしょうか?

 

羽田発着・関東近県、北陸エリア

続いて関東近県、北陸エリアです。

グルメ人気の北陸エリアのポイントもグンっと上がりましたね。

特にこの通常200、300台のプレミアムポイントのエリアは約4倍に跳ね上がりますのでかなり嬉しい!

 

羽田発着・関西エリア

こちらも羽田からは近距離過ぎて修行では敬遠されがちな関西エリア。

 

羽田発着・中国、四国方面エリア

続いて中国、四国エリア。

 

羽田発着・九州エリア行き

続いて九州地方。

観光地として人気の福岡もいいポイント数まで上がってますね。

 

羽田発着・沖縄エリア行き

最後が沖縄エリア。

どんな時でもやっぱり最強です。

詳細は単価の方でたっぷりと!

こちらの獲得ポイント一覧表は早見表としてお役立ていただければ幸いです。

 

キャンペーン中限定「羽田発着プレミアムクラス・PP単価」一覧表

やっぱり気になるのは運賃とのバランス「PP単価」ですね。

特に意味はなく2022年6月19日(日)の運賃表から参考運賃をピックアップしました。

条件は時間的に往復して当日中に帰ってこれる事。

まずは「プレミアムクラス」での往復を想定して料金を検索しました。

尚、プレミアムクラスでは「スーパーバリュープレミアム28」か「プレミアム株主優待」のどちらかの料金から採用しています。基本的には28で探しましたが、28より株主優待の方が3000円くらいお安い場合にはプレミアム株主優待の料金を載せています。

※プレミアム株主優待の場合には、表示料金の他に別途「株主優待券の購入」が必要となります。

羽田発着・北海道エリア行き

まずは北海道エリア。

色がついている所は、当日中に折り返しはできるものの滞在はごくわずかで「タッチして帰ってくる便ならありました」と言うエリアです。

 

羽田発着・東北エリア行き

続いて東北エリア。

遂にプレミアムクラスで10円をきってきましたね。

 

羽田発着・関東近県、北陸エリア

続いては関東近県・北陸エリア。

北陸では富山が10円をきってきました。

小松、能登は単価的には無理してプレミアムクラスはどうかな?と言う印象。

八丈島の8.1円はちょっと驚きました。

 

羽田発着・関西エリア

続いて関西エリア。

10円は超えています。

かなり単価が下がりましたね。

 

羽田発着・中国、四国方面エリア

中国、四国エリアです。

こちら10円をきっているエリアがけっこうあります。

しかも、しっかりと当日に往復してくることも可能な様でしたので楽しそうですね。

 

羽田発着・九州エリア行き

さて、九州エリアです。

大分と鹿児島はタッチで折り返しの便しかこの日は探せませんでした。

気になる方は色々な日程で検索してみてください。

 

羽田発着・沖縄エリア行き

そして沖縄エリア!

羽田~石垣コース

まず、羽田~石垣のお得な料金のプレミアムクラスは、キャンペーン期間中は空席が殆どありませんでした。これから探す方は、このコースのお得な料金のプレミアムクラスはちょっと厳しいと思います。

羽田~宮古コース

羽田~宮古はだいぶ少なくなっていますが、2022年4月21日の時点ではまだちらほらとお得な料金で空席がありました。ただ、当日中の往復でお得な料金を拾うのはちょっと難しいかもしれません。

羽田~那覇コース

さて、プレミアムクラスではやはり定番の羽田~那覇コースでしたら、まだ日によって空きがありましたので是非チェックしてみてください。



「スポンサーリンク」




キャンペーン中限定「羽田発着SV(運賃7)PP単価」一覧表

続きましては運賃7、修行の際の定番となる「スーパーバリュー運賃」の55や75のPP単価をチェックしていきます。

羽田発着・北海道エリア行き

まずは北海道エリア。

私が修行の時は真冬の雪の影響と併せ、やっぽありPP単価が悪いので北海道コースは避けていました。

しかし!

来ましたね!

札幌、女満別、旭川、釧路、函館と6円台がずらり!!

シンプルに毎週でも行きたい!

 

羽田発着・東北エリア行き

続いては東北エリア

こちらも全て7円台!

お好きな方は是非。

 

羽田発着・関東近県、北陸エリア

続いては関東近県・北陸エリア

小松の5.7円は光りますね!!!

この単価なら、修行でもちょっと行って、お寿司食べて帰ってくる!グルメツアーも大ありですよね。

 

羽田発着・関西エリア

続いて関西エリアです。

ここがとっても魅力的なエリアとなりました。

修行でも十分行きたくなる6円台前後、5円台まで出てきました!

 

羽田発着・中国、四国方面エリア

続いて中国、四国方面エリア

いいですね!個人的には7円台以下だとすぐ目についてきます。

行ったことない場所に冒険気分で行くにも嬉しいPP単価が勢ぞろいです。

 

羽田発着・九州エリア行き

続いてきました。

グルメ激戦区の九州エリア!

観光では足が向くも、修行ではPP単価が高く見送りがちでしたが、なんと福岡で5.9円が飛び出してます!

そして!私も修行でお世話になった沖縄エリアに次ぐ低単価エリア「鹿児島」。

遂に3.6円!

私の調べた中で最安値がこちらでした!

これは外せませんね!

 

羽田発着・沖縄エリア行き

そして最後は沖縄エリア。

宮古、石垣はプレミアムクラスは少なくなってきましたが、普通席はまだあります。6月になると運賃が上がってくるエリアだけに、プレミアムポイントも増えるのはとても助かりますね。

そして!

やっぱり羽田~那覇は素晴らしい。

特にこの時期になると帰りの便の料金がだいぶあがってきてしまいますが、プラス1000円のおかげで5.7円と優秀!

目標設定金額にもよりますが、この単価なら、キャンペーン期間中だけでも色々な場所に単発で往復してもPP単価10円以下で抑えられそうですね。

かなり魅力的です。

 

目的別おすすめコース検証

上の一覧表をご覧の通り、羽田発着大半のコースがPP単価10円以内と言うスペシャルな状態となっていますので、基本的には自分の予算に併せていきたいところに行くと良いかと思います。

これまでの様にPP単価が悪いから敬遠していたコースも「ちょっとお遊びで行ってみよう!」なんて言う事ができちゃうのが今回のキャンペーンのすごい所ですよね。

いくつか私なりに目的別のコースを作ってみました。

多分皆様もっと深く考察されている方も多いと思いますので参考までにご覧いただければ幸いです。

時間最優先「4日で5万ポイント獲得」コース

こちらは時間をかけたくない。

お金はそんなに気にしないがPP単価10円前後で収めたい。

そんな人にはやっぱり一気にプレミアム・クラス往復で決着をつけるのがおすすめでしょうか?

先ほども触れましたがすでに羽田~石垣ルートは殆ど残っていない。

羽田~宮古ルートもだんだん空きがなくなっている。

そこでここでは「羽田~那覇のプレミアムクラスで1日2往復する」プランはいかがでしょうか?

参考までに羽田~那覇のプレミアムクラス往復=7,720ポイント獲得。

これを一日2回戦すると・・15,440ポイント獲得可能。

これを3日飛べば15,440×3日=46,320ポイント

最短4日間でプラチナステータスの5万ポイント獲得可能です。

 

いろんな場所に行ってみたいコース

何といっても今回一番のおすすめプランはこちらです。

私の修行の際もPP単価を気にして、どうしても南国フライトに偏っていたのは否めません。

今回のボーナスポイントによって、日本全国、様々なエリアが10円以下~3円台まで、などなど驚くほどの低単価ルートになっています。

キャンペーンの期間は4月25日~7月31日とけっこうたっぷりありますので、もし私がルートを組むなら、毎週行きたい場所に順番に訪れ、名物や美味しいものを食べるグルメツアーがしたいですね。

あと、出雲大社や高千穂神社をはじめ、何か所かいつか行きたいと思っていた神社や名所があるので日帰りプランで行けるルートを順番に組んで行ってみたいです。

 

堅実!王道繰り返しコース

色々魅力的なエリアがありますが、ストイックに王道コースでよりPP単価を抑えられる様にルートを組むならば、やはりこのコースにたどり着きました。

日によって料金も違うと思いますのであくまでも一つの例としてご覧ください。

搭乗日:2022年6月19日(日)

運賃合計:42560円/獲得PP8754ポイント

PP単価=4.86円

ポイントは羽田~鹿児島が上記の時間だけがこの低単価を実現できました。

次の飛行機になるとグンと値段が上がります。

羽田~那覇は定番の15時台の安いフライト。

ただ、戻りのフライトがさすがに高くなってきています。それでもボーナスポイントのおかげでPP単価6.95ですのでキャンペーン期間限定の低単価ですね。

 

欲張りコース

こちらは全てSVの運賃7とバリュートランジット28の運賃6をミックスして組んでみました。

何が欲張りかと言うと、色々な願いをいっぺんに叶える!わがままコースです。

欲張りその①:一日で1万ポイント以上獲得する

欲張りその②:日本中いろんな所を回りたい

欲張りその③:PP単価は7円台にしたい

マスがピンク色の部分はバリュートランジット28です。

石垣~那覇は単発で航空券をとります。

運賃の合計87,440円/獲得PP=11,888ポイント

PP単価=7.35円

今回は日曜日しか動けない方用にコースを考えていましたが、千歳~羽田が日曜日だけは同じ時間帯でも運賃が5000円以上高くなるためこの金額となりました。

最後の千歳~羽田が平日だと12,540円との事で、もし平日で動けるなら単価6.8円台まで下がります。

※ご注意ください

この場合、もしどこかで遅延や運休があった場合はすべての計画が無効となってしまう可能性があります。

今の時期は雪の心配や台風の心配の少ない時期なのでトラブルがない限りはなんとかなりそうな気もします。

バリュートランジットと普通席をうまくミックスできるともっといい組み合わせができるかもしれませんね!

私も色々考えてみます。

 

まだ間に合う!5月5日調べのおすすめコース

5月5日に調べた最新の情報です。

おすすめコースはかなり埋まってきていましたね。

他にもまだまだあると思いますが、私が見て目についたコースを参考までに。

どれも残りわずかな便が多かったです。

※こちらで表示のPP単価は全て「往復の合計運賃に対するPP単価」です。

 

6月5日(日)バリュートランジット28で羽田~宮古タッチ~羽田

日曜、祝日しか動けない方には残りわずかでしたがこんなコースイメージです。

・6:15羽田発~8:55那覇着~10:30宮古着~11:05宮古発のバリュートランジット28ルート。獲得PP/8282、飛行機代40200円PP単価4.85円

・宮古からの羽田戻りが15:40ですので、そこから16:25発の羽田~那覇便で往復。スーパーバリュー28で運賃は24320円/獲得PPは4952PP単価4.91円

 

6月6日(月)、7日(火)バリュートランジット28で羽田~宮古

平日でも動けるよ!って人にはここに4円台のお得なフライトが残っていました(わずかです)

・6月6日(月)10:40羽田発~13:25那覇着~15:30宮古着。帰りは19:00宮古発の便で往復ともバリュートランジット28を利用した1日1往復コースです。料金は37,300円/獲得PPは8282PP単価は4.5円

・6月7日(火)14:00羽田発~16:45那覇着~18:20宮古着⇒19:00宮古発。往復ともバリュートランジット28で行く宮古タッチ1日1往復コース。運賃34300円/獲得PP8282PP単価4.14円

 

6月12日(日)羽田~那覇2往復

羽田~那覇2往復ルートはまだまだ残っていますが、7月にむけて金額があがってきていましたのでご自身の動ける日にちでこまめにチェックしてみてください。

・6:15羽田発~8:55那覇着~10:00那覇発~12:25羽田着/26320円/PP単価5.31円

・14:25羽田発~17:15那覇着~20:40那覇発~23:00羽田着/24320円/PP単価4.91円

 

6月13日(月)平日動けるなら少し安くなります。

羽田~那覇に限らずどうしても土曜、日曜、祝日は安い時間が探しずらい傾向ですね。もし平日動けるようでしたら羽田~那覇の往復で最安20920円/PP単価4.2円が拾えましたので曜日をずらしながら探してみてください。

 

お宝コース!残りわずか。6月26日(日)

こちらは一日で12,388PP稼いで単価も安いコースです。

  1. 羽田~伊丹(7:30着)9310円/1420PP/PP単価6.55
  2. 伊丹~羽田~富山(8:00発~11:15着)12,880円/2884PP/PP単価4.4円/VT28
  3. 富山~羽田~那覇(11:55発~16:45着)16,080円/4140PP/PP単価3.8円/VT28
  4. 那覇~鹿児島~羽田(18:00発~22:20着)25,710円/3944PP/PP単価6.5円/VT28

1日の合計:運賃63,980円、獲得PP12388=TotalのPP単価5.164円

こちらは大人気完売続出の富山絡みのバリュートランジットコース。

特に③の赤文字で書いてあるコースの、あの時間だけが16080円で単価3.8円をたたき出せる超お宝コースに日曜日の空きがありましたのでご報告です。

このコースだけを拾うと以下の日程をのぞき、7月31日まで完売されていました。

  • 7月12日(火)16,080円で残7
  • 7月13日(水)16,080円で残4
  • 7月20日(水)17,480円で残2
  • 7月25日(月)17,680円で残1

もし修行にからめたい方は参考になさってください。

※近くの小松~那覇にも16080円コースがあるのですが、出発が10:15と言う事で伊丹、羽田のバリュートランジットからの乗りこみでは時間が間に合いません。

 

お宝コースが拾えなかったときの代替えコース

上記のお宝コースが拾えなくてもそんなに悲観的なものはありません。

那覇にはいかずに「そのまま伊丹にUターンする」下のルートでも、単価5円台で回れますので参考になさってください↓↓

  1. 羽田~伊丹(7:30着)9310円/1420PP/PP単価6.55円
  2. 伊丹~羽田~富山(8:00発~11:15着)12,880円/2884PP/PP単価4.4円/VT28
  3. 富山~羽田~伊丹(11:55発~15:05着)12,880円/2884PP/PP単価4.4円/VT28
  4. 伊丹~羽田(16:00発~17:15着)11,610円/1420PP/PP単価8.1円

一日の合計:運賃46,680円/獲得PP8606PP単価5.42円

 

 

6月26日(日)羽田~鹿児島の朝一便

お勧めの羽田~鹿児島便も全体的に高くなってきましたね~。

こちら6:45羽田発~8:35鹿児島着~11:40鹿児島発~13:20羽田着で運賃20,140円/PP単価5.29円

羽田~鹿児島便の最安3.6円に比べると見劣りしますが、それでも5円台ですのでお勧めです。

ただ、私がよく利用していた戻ってからの羽田~那覇1往復がちょっと値段が上がっていて、往路は9610円も復路が21810円でPP単価6.3円と、ボーナスキャンペーンにしてはちょっと割高?

 

7月の日曜日 羽田~那覇・午後の部

7月の日曜日で沖縄をみてみると

  1. 午前:35,320円/PP単価7.13円
  2. 午後:29,320円/PP単価5.9円

往復でPP単価6.5円くらいで見込めば普段より少しお得、夏が近い時期の料金としては十分修行に使えるレベルですね。

7月の24日以降になると、上記からさらに少しずつ値段のベースがあがっていました。いよいよ夏休みモードに入る時期ですね。

 

残り2000PP前後で少しでも安い運賃で終わらせたいコース

大前提はPP単価が重要ですが、48000PPとか49000PPとかで「あとワンフライト」っていう時に「とにかく運賃を安く終わらせたい」

そんな場面がある方も多いのではないでしょうか?

今ならどのコースでも+1000ポイント×往復で2000ポイントは獲得できますので、運賃の合計が安ければ尚いい・・・そんな時を想定してみました。

※こちらもすべて往復での数字です。

  1. 6月18日(祝)羽田~伊丹/運賃19,620円/獲得PP2,840/PP単価6.9円
  2. 7月24日(日)羽田~小松/運賃18,540円/獲得PP2632/PP単価7.04円
  3. 7月24日(日)羽田~秋田/運賃18,740円/獲得PP2836/PP単価6.60円

 

キャンペーン中ならでではの「スペシャル価格」とまでは行きませんが、普段の修行単価に比べたらまだまだ十分にお得なコースが拾えましたので、参考にしていただければ幸いです。

尚、残り1席などはすぐに埋まってしまう可能性がありますので、上記のプランはあくまでも5月5日の夜に見た時にデータを元にしています。

 

「SFC修行2022|ANAプレミアムポイントボーナスキャンペーン」まとめ

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

すでに発表があってから3日目と言う事で羽田~石垣コースなど人気のお得ルートは売り切れていますが、それでも、他にも魅力的なコースが山盛りです。

キャンペーンを上手に利用すればより楽しい修行になりそうですね

この先もなんか面白そうなルートがあれば更新していきます。

※今からのスタートでも十分に、お得な単価でSFCチャレンジ可能です。これを気に「SFC修行やってみたい」と思った方、まずはこちらをご覧ください。

SFC修行・2022年に初チャレンジ。SFC修行とは?2022年SFC修行をスタートします。SFCって何?フライトスケジュールのたて方、予算は?何日かかるの?はじめてならではの色々な疑問と向き合いながらリアルな声をお届けしていきます。これからSFC修行を始める方、SFCにご興味ある方、ANAの飛行機が好きな方、上級会員に興味ある方にお届けします。...

 

※SFC修行を始める決意が決まったら早速フライト・スケジュールを考えていきます。スケジュールの組み方や予算のたて方、修行の心構えなどをまとめて解説していますのでこちらも要チェックです!

SFC修行2022【実践編】費用は?目標設定と計画のたて方SFC修行2022.いよいよ実践編に突入。年明け1月から幸先のよいスタートをきれる様、様々な角度から考察し、フライト計画(航空券の予約)を繰り返していきます。あまり単価効率にとらわれず、予算内で多くの楽しみを盛り込みながら進めていきます。...

 

※SFC獲得後に必要となる「ANA SFCカード」について解説。ゲダツした後はANAカードをSFCカードに切り替えることで翌年移行ANAプレミアムサービスを受けられます。どうゆうこと?と思った方はまずはこちらをチェック!

SFC修行2022【準備編】ANAカードのおすすめは?SFC修行2022年の準備編を連載でお届けしています。第三話のこちらではSFCに欠かせないANAカードの選別をしていきます。SFCに繋がるANAカードとは?今は作っても意味のないカードもあるの?初心者として素朴な疑問を一つ一つ解決しながら自分にあった一枚を探していきます。...

 

※修行中って何してる?人それぞれですが、私の2022年初フライトの様子をブログにまとめていますので参考になさってください。

SFC修行2022日誌①|初フライト!今日の成果と1日の行動記録いよいよ2022年のSFC修行がスタートしました。 SFC修行2022のフライト計画など事前準備の様子はこちらにまとめています。 ...

 

それでは週末フライトへいってらっしゃい♪

楽しい空の旅をお過ごしください。



「スポンサーリンク」